ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因とは

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因とは

気付いたら手の甲に赤い斑点ができていた、何気なく手の甲を見たら赤い斑点ができていて驚いてしまったという方はいませんか。

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができている、何か悪い病気かも知れないと心配になっている方もいるでしょう。また、右手の甲だけ、左手の甲だけに赤い斑点ができている、原因を考えても全くわからないという方もいるでしょう。

手の甲は目立つ箇所であるので恥ずかしい、早急に治したいと焦っている方もいるでしょう。そんな方々のために、手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因をご紹介します。

ここでは5つの原因をご紹介しますので参考にしてください。長い時間放置しそのままにしておくと、症状の悪化や痕が残るということもあり得ますので、できるだけ早く対処することをお勧めします。



 

手の甲に痛みは無いけど
赤い斑点ができる原因とは

 

手湿疹が原因かもしれません


手湿疹という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。手湿疹は主婦湿疹とも呼ばれており、家事をする女性や水仕事をする人に多いと言われています。

皮膚表面にある「角層間脂質」という油分が少なくなることが原因です。皮膚を保護している油分が減少すると皮膚のバリア機能低下につながり、外部からの刺激に皮膚が影響を受けやすくなります。

結果、赤い斑点などの湿疹が生じ、症状がひどいと強い痒みや水ぶくれが生じることもあります。対処法としては、水仕事の後はきれいに手を洗い、清潔なハンカチやタオルで十分に水分をふき取ります。

そしてハンドクリームなどを丁寧に塗り、手の隅々にまで油分を補うことが必要です。

 

かぶれが原因かもしれません


かぶれは接触性湿疹と呼ばれ、洗剤や金属、ゴム製品、植物などに接触したところに湿疹が生じます。衣類で締め付けられて赤い斑点ができる、赤ちゃんに多いオムツかぶれ、これらも接触性湿疹です。

香りが強い洗剤で手を洗い、洗剤残りが原因かもしれません、また腕時計やブレスレットの金属が手の甲に触れているかもしれません。

ゴム手袋や衣類、植物に触れたなど考えられることはありませんか。もし手の甲に赤い斑点ができてしまったら、まずは原因が何かを追求しその原因を取り除くことが重要です。

症状がひどいと強い痒みが生じることもありますが、搔き壊したり、必要以上に患部に触れると症状の悪化につながります。第一の対策として、手をきれいに洗い、しっかりと水分をふき取る、清潔に保ち、掻き壊さない、必要以上に患部に触れないことが大切です。

また症状があまりにもひどい場合は、早めに医療機関を受診されることをお勧めします。

 

乾燥が原因かもしれません


空気の乾燥する冬の時期に多い皮脂欠乏症湿疹は、乾燥が原因です。皮膚の油分が減少し乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、少しの刺激でも赤い斑点や痒みが生じることがあります。

エアコンやヒーターの長時間の利用や多数回の手洗いなどにより、乾燥が生じます。また家事におけるお湯の使用、長時間のお風呂なども乾燥の原因です。

手が乾燥していると感じたら、手を清潔にしハンドクリームなどの油分を十分に補い、こまめにケアすることが大切です。

 

日焼けが原因かもしれません


手の甲は日光が当たりやすく日焼けしやすい箇所です。夏だけに限らず1年を通して日焼けには十分な注意が必要で、紫外線を浴びることにより手のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下した皮膚にさらに紫外線が当たると、赤い斑点ができたり痒みが生じたり、症状の悪化につながります。手の甲に紫外線が当たるとヒリヒリする、痛いなど感じたら、また少しでもおかしいと感じたら、日焼けを疑って下さい。

季節は関係なく、日焼け対策を行うことにより手の甲の赤い斑点が消えるかもしれません。

 

ストレスが原因かもしれません


ストレスは体の様々なところに負の連鎖として現れます。もちろん手の甲も例外ではありません。ストレスがたまると免疫力が低下し、皮膚のバリア機能も低下してしまいます。

そのため外部からの小さな刺激にも反応してしまい、赤い斑点やヒリヒリ、痒みなどが生じるのです。無理のない程度の軽い運動をする、良質な睡眠を十分にとる、バランスのいい食事で栄養をとる、毎日湯船につかり一日の疲れをとるなど、日々の生活を見直すことが大切です。

そして体全体の健康を考え、かつストレスが溜まらないような生活を送るよう工夫することが重要です。

 

以上、手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因をお伝えしましたが、いかがでしたか。

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因をおわかり頂けたでしょうか。原因は人ぞれぞれですが、今回の記事を参考に思い当たる原因を考え追求してください。

そしてその原因を早急に取り除くことが大切です。日常の生活を少し見直すだけで、赤い斑点が消える可能性は大です。長時間放っておいたり、掻き壊して症状が悪化したりすると治癒に時間がかかるだけでなく、痕が残り消えなくなることもあり得ます。

また、あまりにも症状が長引いていたり、痒みがひどいという場合は、我慢せずに早めに医療機関を受診することをお勧めします。早め早めに対処することが最も大切です。

 

まとめ

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因とは

・ 手湿疹が原因かもしれません
・ かぶれが原因かもしれません
・ 乾燥が原因かもしれません
・ 日焼けが原因かもしれません
・ ストレスが原因かもしれません