ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

手湿疹の治し方 絶対やってはいけない5つのこと

手湿疹の治し方 絶対やってはいけない5つのこと

なかなか治りにくい厄介な手湿疹は季節関係なく症状が現れ、ちょっとした動作や家事すらも刺激となり時として強い痒みを伴います。

水を触る事の多い主婦、理美容師、調理師に多く見られる手湿疹ですが、水を触るなと言うのは無理な話ですよね。そんな手湿疹の治し方は皮膚科で処方される薬と同時進行で日常のちょっとした工夫により改善されます。

もしかしたらふだん何気なくしている行動が手湿疹を悪化させているかもしれません。是非この機会に見直してみましょう。



 

手湿疹の治し方
絶対やってはいけない5つのこと

 

症状と原因


別名「主婦湿疹」と言われる手湿疹は、ひび割れ、皸、水疱、かゆみの症状があり一度発症するとなかなか治らないだけではなく、時として強い痒みを感じる上に季節関係なく症状が出ます。

家事をする主婦や理美容師、調理師のような水や洗剤を何度も使う人に多く見られ、原因としては
・水や洗剤の刺激で手肌の皮脂が落ちてしまう
・手肌が乾燥している
・手肌のバリア機能が低下している
・水や洗剤その他の刺激による赤みや痒み、湿疹が考えられます。

皮脂は天然潤い保護膜なのですが、この皮脂が落ちてしまうと潤いはどんどん蒸発してしまいバリア機能が低下してしまいます。

その為ちょっとした刺激すらも手肌にはダメージ大!洗濯物を畳む事も、書類やチラシ、新聞を触る事も、パソコンのキーボードを触る事も刺激となってしまうのです。

 

5つのうっかりNG行為


手湿疹を発症している時にやってはいけないNG行為があります。

まず1つ目はお湯で食器類を洗う。2つ目、洗浄力の強い洗剤を直接触る。3つ目、水仕事の後に保湿ケアをしない。4つ目、多量のシャンプーで頻繁に髪を洗う。5つ目、炊事洗濯で長い時間水や洗剤を触っている。

手湿疹に水や洗剤は避けるべき物ですが毎日の炊事洗濯は避けては通れません。ですが、この炊事洗濯で洗剤を使う量と時間が多くありませんか?

例えば、揚げ物など食器洗いに時間がかかる調理をした時はお皿や調理器具の洗い物には洗剤を多めに使ったり、時間がかかったりします。

これだけでも手肌にダメージを与えてしまいます。事前に洗剤を少し入れたお湯に食器を漬けて汚れを浮かせてたり、汚れを拭き取ってから洗うと時間短縮と使う洗剤を減らす事が出来ます。

また汚れが落ちやすいからと少し熱めのお湯で食器を洗ったり、水仕事が終わりタオルで手を拭いて終わっていませんか?

発症する前は何もダメージを受けなかった手肌もお湯や水、洗剤の刺激で手肌の皮脂が流れ落ちて肌バリア機能が低下してしまうと、手肌を守る潤いがなくなってしまい水や洗剤の刺激をダイレクトに受けてしまいます。

何だか最近指先が痒い・ガサガサしてきたと感じたら直に保湿ケアを行いましょう。痒みを感じる場合はこれぐらい大丈夫と思わず、皮膚科での診察を受けるようにしましょう。

 

乾燥型?湿潤型?


手湿疹には「乾燥型」と「湿潤型」に分けられます。乾燥型の場合、皮膚の潤いがなくなってしまう事で皮膚が硬くなっています。

その為掻きむしったりすると流血してしまう事があります。乾燥型はこまめに保湿ケアをする事が重要です。湿潤型は乾燥型と違って、水ぶくれの症状が現れます。

湿潤型の場合はステロイドで一気に治療する事が重要ですが、子育て中のママはステロイドを塗った手で赤ちゃんに触れる事は躊躇ってしまいますよね。

そんな時はステロイドを塗った後コットン素材の手袋をはめると薬が赤ちゃんに付く事もなく、しっかり患部に留まる事も出来るのでお役立ちです。

 

手肌の保護


手湿疹は適切な薬を使用すればわずか1週間程で改善されますが、その後のケアを怠れば何度も発症してしまいます。水や洗剤を使う時は木綿の手袋をはめてからゴム手袋をはめるようにします。

ゴム手袋だけでも良いのですが人によってはゴム素材にアレルギー反応が出る事があるので木綿の手袋をはめておけば安心です。

ただ、どうしても水が浸透してくる事はあるので完全防水とはいきません。そしてお湯ではなく少し冷たいかな?と感じる程度のぬるめの水温35℃以下で食器を洗うようにしましょう。

この時可能であればスポンジは柄のついたタイプにすると手袋をはめ忘れても直接洗剤が手肌に触れる事がないので刺激を避けられます。

最近の食器洗い機はコンパクトで価格も良心的な物が増えてきたので購入を検討するのも良いですね。食器洗い機があれば手湿疹も改善しますし、家事も短縮する事が出来るだけでなく、旦那さんも抵抗なく手伝って貰う事ができますよね。

衣料用洗剤で粉タイプを使っている場合、専用スプーンを使いますがこの専用スプーンに付いている洗剤も手肌には刺激となってしまうので、スプーンを箱の中に一緒に入れないようにするか、液体、ジェルタイプに変えるだけでも刺激はなくなります。

また、シャンプーですが天然成分のタイプ、いわゆるオーガニックでノンシリコンは少々値段が高いですが洗髪は毎日の事なので手肌のケアの為にも見直してみてはいかがでしょうか。

 

食生活との関係


同じ様に家事や水、洗剤を多く使うのに手湿疹が出来る人と出来ない人がいますよね。それはケアをしているかどうかだけではなく、食生活も深く関係してきます。

・カレーや揚げ物など油物が多い食事、洋食、外食が多い
・パン中心
・甘い物が好き
・卵を1日1~2個以上食べる
・お餅や煎餅が好きで頻繁に食べる
・野菜が少ない
・タンパク質が少ない
・おかずが多く高タンパク質

といった栄養バランスの偏った食生活をしていると手湿疹になりやすい体質になります。炭水化物はご飯のみとし、菓子パンはおやつとして食べる

・タンパク質は毎食50g
・甘い物、油物、外食は週1回に
・卵は3日に1回
・マヨネーズを止めてノンオイルドレッシングに変更する

といった食事改善も手湿疹を早めに治すまたは予防するのに効果的です。また野菜は赤黄緑の3色をバランスよく摂るのは経済的に大変なのでスーパーで売られているサラダ用のミックスされた野菜を利用すると便利です。

食事改善は出来る事からゆっくり始めるとストレスなく続けられますので、まずは献立の見直しから始めてみましょう。

 

以上、手湿疹の治し方 絶対やってはいけない5つのことをお伝えしましたが、いかがでしょうか。

私自身手湿疹とは無縁な生活をしていましたが出産を機に専業主婦になり家事をする時間が増えた頃に手湿疹が現れるようになりました。

赤ちゃんがいるのでステロイドは使いたくないので、ひたすら保湿と食洗器の活用、衣料洗剤の見直しをしたので当初よりは症状が落ち着いてきましたが、手肌の乾燥はケアを怠ればあっという間にカサカサからガサガサに悪化してしまいます。

ハンドクリームはワセリンもしくはシアバターがおススメですが、シアバター配合よりはシアバターだけの物が効果が高いように感じています。

手湿疹をきっかけに生活を見直すと手肌から身体全体が健康的になれますよ。

 

まとめ

手湿疹の治し方 絶対やってはいけない5つのこと

・ 症状と原因
・ 5つのうっかりNG行為
・ 乾燥型?湿潤型?
・ 手肌の保護
・ 食生活との関係