ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

吐き気するほどのストレスを感じた時のオススメ7つの解消法

吐き気するほどのストレスを感じた時のオススメ7つの解消法
「ストレスは最大の健康問題だ」 この、ある医師の言葉には誰もが共感するのではないでしょうか?現代ストレスを感じてない人などいないはずです。

いつも強いストレスが続くと体がくつろげなくなり、体に様々な問題サインが現れてきます。食欲がなくなったり、だるさ、痛み、吐き気などなど。本当に辛いですよね。特に吐き気に関しては別名「ストレス心因性嘔気」ともいわれ、日々の過剰なストレスが加わると、胃からの強力な圧力で胃の中のものを逆流しようとします。

しかも、実際に吐くというよりは、吐き気が続くことの方が多いとも言われています。いつどこで急に吐き気が襲ってくるのか?と考えると不安になってしまい、余計心配やストレスが増えてしまいます。

では、そんな時にどのような効果的なストレス発散法があるのでしょうか?これから7つご紹介します。



 

吐き気するほどのストレスを感じた時のオススメ7つの解消法

 

気持ちを書いてみよう


日記を書くことに加えて今は、ブログやメール、ツィッター多くの方法で自分のことを発信できる時代です。これらをストレス発散の方法にもすることができます。

なぜなら、自分の本当の気持ちを文字にして書きあわらすことで、自分を取り巻く環境や、問題やストレスの原因などを客観的にみる助けになるからです。感情的な痛手やストレスを発散する有用な手段です。飾らず、ありのままの自分を表現してみましょう。

 

泣くことをこらえない


訳もなくただただ涙があふれてきてしまうこともあります。でもそれを無理してこらえなくてよいのです。泣き終わった後は不思議と心が軽くなっている自分に気づきませんか?

ある専門家は「泣くことが感情のはけ口になり、いつも涙を抑えると健康が損なわれることがある」と述べています。いくつかの調査では、女性の85%がまた男性の73%が、泣いた後は気分が良くなったという結果も出ているようです。ですから一人でいるときだけでなく、人前でも泣くことを特別恥ずかしいことと思う必要はありません。

リラックス効果と深い関係のある副交感神経が活性化されるからです。涙と一緒にモヤモヤやストレスも外に流してしまいましょう。

 

声を出してみよう


大声を出して「叫ぶ」機会って 生活にどれくらいあるでしょうか?できれば怒鳴ったりキレたりはしたくないところですが、これらはストレスに対してどんな効果があるのでしょうか?

大声を出すことで、呼吸が活発になり、体内の酸素の供給量が増えます。ということは脳に届く酸素量も増えるということです。そうするとストレスを受けていた脳にエネルギーを補給することができます。

痛みや苦しみ様々な感情をつかさどって指令を出しているのは脳ですから、心にもエネルギーを補充できることになり、ストレスが発散されていきます。一人になれる空間、例えばお風呂の中、車を運転している最中、自然の中を散歩しながら、また今はカラオケボックスなどもありますね。

いまの気持ちを大きな声に出してみたり、お気に入りの歌を熱唱したり、気持ちもスッキリできそうです。深くゆっくり息を吸って、体の中の巡りも整えましょう。

 

しっかりと睡眠をとろう


毎日忙しいし、やらなければいけない事も山のようにあるし、あれこれ考えだすとちっとも眠れない、なんてことよくありませんか?でも、そういうときこそ良く眠ることが大切なんです。

なぜなら、必要な睡眠を取らずにいると睡眠中に体内で作られる病原菌と闘うT細胞が減り、免疫体の働きが下がってしまうからです。それで「生活の1/3の約8時間を睡眠に充てるように。」と勧めるお医者さんもいるようです。

良い睡眠をとるよう意識することで、持っている能力を最大限発揮して、作業効率を上げて、ミスを減らしていくことにつながるからです。そうするとストレスを軽減できます。体を脳をしっかり休めてあげると、昨晩のモヤモヤがうそのように 翌日はスッキリしていて、ストレスに対して違った見方ができている自分に気が付くかもしれませんね。

 

信頼できる友人に話そう


自分の気持ちを誰かに聞いてもらえて、ただそれだけでなんだかほっとしたという経験はありませんか?話すことが好きかそうでないかに関わらず、話すことは身近なストレス発散方法になります。

親しい友人なら既にあなたが最近元気をなくしていることに気付いているかもしれません。きっと親身になって、最近の出来事、ストレスの原因について、また他愛のない愚痴でも聞いてくれることでしょう。包み隠さずに話してみましょう。

一人きりで悩んでいても、のしかかるストレスやプレッシャーが大きくなるだけかもしれません。「大変だったね」という友のかけてくれる一言でも、本当に救われるものです。

 

体を動かそう


モヤモヤ、イライラの感情を発散させるには、アクティブな活動がおススメです。全く違うことに打ち込んでいると、気持ちがすっきりしてきます。

例えば、運動。ストレッチなどの軽めのものから、ウォーキング、ジョギング、その他のスポーツ。爽やかな汗をかいてリフレッシュできるでしょう。また室内でできるお手軽なものでは掃除です。無心に一生懸命やっているうちに、文字通りにも精神的にもピカピカに生まれ変わっていくでしょう。

また、自然の持つ癒しの力も大きいです。思い切って外に出て、新鮮な空気をいっぱい吸って散歩するだけでも気持ちが明るくなります。

 

思いっきり笑おう


ストレスを感じて気持ちが塞いでいるときにとても笑う気になんてなれない!と思うでしょうか?確かにそうかもしれませんね。全く真逆の精神状態なのですから。

でも、これ一番ストレス発散になるんです。笑いと健康との深い関連は誰もが認めるところです。お医者さんの話によると、笑うと肺に吸い込まれる空気の量が3倍アップし、血行が良くなります。笑うしぐさ、つまり微笑むだけでも脳下垂体というところに電気的刺激が生じ「エンドルフィン」つまりいい気分にさせる脳内化学物質を生み出します。

笑いは副作用のないお薬のようなものです。体の不調を打ち消そうとして何かの薬を飲む前に、まず笑いましょう!家族や友人と明るい話題の会話をしましょう。また楽しい映画や番組も上手に活用しましょう。

 

いかがでしたか?

ストレスを全く抱えないということは難しいことかもしれませんが、コントロールしていくことはできます。自分の体力や気力といったエネルギーは大切な資産です。支出してばかりではいつかは破産してしまいます。

ストレスを感じたら上手に発散して、自分という大切な銀行にいつも貯蓄をしましょう。

 

まとめ

吐き気するほどのストレスを感じた時のオススメ7つの解消法

・ 気持ちを書いてみよう
・ 泣くことをこらえない
・ 声を出してみよう
・ しっかりと睡眠をとろう
・ 信頼できる友人に話そう
・ 体を動かそう
・ 思いっきり笑おう