ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

毎朝、寝起きの腰痛に悩む方に試して欲しい7つの事

毎朝、寝起きの腰痛に悩む方に試して欲しい7つの事

前日に無理な運動をしたわけでもなく、いつも通りの生活をしているにも関わらず、寝起きに腰痛で目が覚めるような経験をしたことはありませんか?

また、毎朝の腰痛に悩まされ、整形外科に受診をしても何も腰椎に異常がなく、どうしたらいいのかわからずに毎日苦しい思いをいているのではないでしょうか。

朝に腰痛があると通勤前の準備や家事など生活に支障が出るので、休む暇の無い人には大変な毎日になってしまいます。ですが、それは毎日の寝る環境が寝起きの腰痛の原因になっている可能性があるのです。

では、どのようにしたら毎日の寝起きの腰痛を改善する事が出来るのでしょうか。今回はそれを説明します。



 

毎朝、寝起きの腰痛に
悩む方に試して欲しい7つの事

 

寝る前に腰にシップを貼る


毎日の家事や育児、同じ状態でのデスクワークなどで腰の筋肉疲労がたまり、夜も腰の筋肉が緊張した状態で寝ている為に、毎朝、寝起きの腰痛で悩まされている可能性があります。

就寝前に腰にシップを貼ってから寝る事で腰に筋肉疲労を改善させる事で寝起きの腰痛を改善する事が出来ます。

 

夕食は就寝の三時間前には食べ終わる


仕事が毎日遅かったり、食生活の乱れから、夕食を食べたらすぐに布団に入ってしまうような生活を繰り返していたり、夕食の時間が遅い人はそれだけ内臓に負担がかかります。

そうすると、寝ている間に腰回り筋肉の緊張が増えてしまうことにより、筋肉疲労を起こしやすくなり、これが寝起きにおこる腰痛の原因になっています。

そうならない為にも早めに夕食を取るようにして、就寝の三時間前には夕食を食べ終わるようにすることで寝起きの腰痛を改善する事が出来ます。

 

自分に合った寝具に変える


寝具が自分の体に合わないと寝ている状態でも腰に負担がかかり、寝起きの腰痛が酷くなる事があります。また、そういう人は腰の痛みで毎日目が覚める状態になっていることも多いです。

そうならない為にも自分に合った寝具選びが大切です。寝具を選ぶときには必ず寝具に寝た状態で寝がえりをしてスムーズに寝返りが出来るかどうかを確かめてから購入する様にしてください。

 

腰に負担をかからない様に寝具を整える


寝具が合わないけどすぐには新しい寝具を購入できない人もいますよね。そういう人は自分の家にあるバスタオルをうまく利用して腰の負担を減らす工夫をすると良いでしょう。

まずは、バスタオルを縦に半分に折り、寝具の腰が当たる部分に横に寝返りしても腰が当たるようにひいてください。そして寝てみて、寝返りをして楽に寝返りが出来るかどうか確かめてみてください。

スムーズに寝返りが出来ないようであれば、もう一枚バスタオルを同じように寝具の上にひいてみてください。そうする事で腰の負担が減り、寝起きの腰痛を改善する事が出来ます。

 

体を冷やし過ぎないようにする


暑いからといってクーラーをつけすぎた状態でいるとかえって自分が気づかないうちに寝ている間に体が冷えて腰の緊張が悪化し、寝起きの腰痛が悪化する原因にもなるのです。

暑い日でもその都度クーラーの温度を調節して体を冷やしすぎないように工夫する事も大切です。また、寒い日はしっかりと入浴して体を温めてから就寝する事も寝起きの腰痛を改善する為には良い方法です。

 

適度な運動とストレッチ


運動不足な人は体が硬くなり、かえって筋肉が緊張しやすい状態になり筋肉疲労が蓄積しやすい状態になります。

また、下半身の運動不足でかえって足がむくみ血のめぐりが滞る事で体がまずます硬く全身、特に肩や腰がこった状態が慢性化します。そうなると寝ながらも体を疲れさせ、寝起きの腰痛を起す事にもなるのです。

毎日の適度な運動やストレッチで体のコリを和らげ、体の柔軟性を高めることで寝起きの腰痛を改善する事が出来ます。下半身のむくみが酷い人は着圧式の靴下を着用して寝る様にするだけで血流が改善し、骨盤や腰の血のめぐりを改善するのにお勧めです。

 

寝る前にカフェインを摂取しない


寝る前にカフェインを飲むとかえって体が緊張し、リラックスするどころか筋肉の緊張を高めて良い睡眠を阻害する原因になることもあります。寝る前はカフェインが入っていないココアやホットミルクで体をリラックスさせることが大切です。

そうすることで体の力が自然に抜けてリラックスし緊張を和らげてくれる事が出来ます。体がリラックス出来る事で体の柔軟性が出来、スムーズに寝返りし乍ら寝る事が出来る事で疲労を改善する事が出来るだけでなく、寝起きの腰痛を改善する事が出来ます。

 

 

いかがでしたか?

寝起きの腰痛の原因として筋肉の疲労が大きな原因になりますが、それを放っておくと寝起きだけでなく日中も腰痛が改善しない状態が続くこともあります。

また、骨盤のゆがみや背骨のゆがみの原因にもなり日常生活に支障をきたすことにもなります。きれいでまっすぐな背骨を保つためにも日頃から体の疲れを取る工夫が大事になるのです。

そうする事で寝起きの腰痛を改善する事にもなるのです。寝起きの腰痛で悩まされれている人はすぐにでも改善して快適な生活を送りたいですよね。そういう人にはどれをお勧めの方法です。是非試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

毎朝、寝起きの腰痛に悩む方に試して欲しい7つの事

・ 寝る前に腰にシップを貼る
・ 夕食は就寝の三時間前には食べ終わる
・ 自分に合った寝具に変える
・ 腰に負担をかからない様に寝具を整える
・ 体を冷やし過ぎないようにする
・ 適度な運動とストレッチ
・ 寝る前にカフェインを摂取しない