ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

冬場になると、手足の指先が赤く腫れあがりジンジンして痛痒くなるイヤーなしもやけ。ここ最近は、地球温暖化のせいか冬場の大雪などで冷え込みが厳しい年も増えました。そんな”しもやけ”ですが、しもやけは別名(凍瘡)ともいいます。では、なぜ”しもやけ”になると赤く腫れあがりジンジン痛痒くなるのでしょうか?

それは、温度が下がることで、からだの熱を逃さないように末端の血管が収縮します。これだけでは、冷えの状態で手足が冷たくなり体温を上げようと”震え”が生じます。血管が収縮した状態から炬燵のように暖かいところにいくと、今度は体熱を逃そうと血管が広がります。

血管が広がる際、動脈は広がりやすく、静脈は広がりにくいため、一気に流れ出した血液が静脈で渋滞をお越し、うっ血になります。そうすると、たまった血液から血漿成分があふれ出し手足をパンパンに腫れあがらせ血管が広がったことにより周りの神経を刺激し痛みや掻痒感を感じるようになります。そんな”しもやけ”になってしまった時には、どんなお薬がよいのでしょう?

今回は、”しもやけ”に効くお薬TOP5を紹介したいと思います。



 

しもやけに良く効くと評判の
お薬TOP5

 

紫雲膏


紫雲膏は、やけどの時に塗る薬として知ってる方もおおかと思います。紫雲膏は、漢方で使われる軟膏でシコン・トウキ・ミツロウ・ごま油・豚油が含有されており火傷・しもやけなどの皮膚病に効果があるとされている。色は赤紫色をしているので見た目は独特でグロテスクな感じもします。

シコンに含まれるシコニンといい成分に肉芽形成・抗炎症・抗菌・保湿作用があります。重いやけどや、化膿している傷口、ただれのひどい場合は使用できません。

 

ヘパリペア


ロート製薬が開発した製品で、皮膚の乾燥に抜群によいお薬です。このへパリペアには、名前から連想されるように、ヘパリン類似物質とビタミンAを含みます。ヘパリン類似物質は、保湿だけでなく血行促進も効能があり、さらに女性にはうれしい傷跡を残さないようにする物質です。

そのため、用途も様々です。ビタミンAは、欠乏すると夜盲症や皮膚炎をおこします。そのため、皮膚の乾燥や”しもやけ”にも効果を示します。

 

メンターム軟膏


滋賀に本社がある近江兄弟社のメンターム。傷やかみそり負け、皮膚のヒビワレやかゆみなど、お肌の万能常備薬として、常備されてる方も多いでしょう。さてメンタームは、皮膚の保護作用だけでなく、カンフルやメントール、ユーカリ油の局所刺激作用で、しもやけやかゆみの症状を軽減します。

へパンリン類似物質に比べると作用は落ちますが、常備薬として傷や虫刺されなどにも効能があるので、一つ持っておくと便利です。

 

ザーネクリーム


日焼け後のクリームとして有名ですが、肌荒れや皮膚の乾燥・しもやけ・あかぎれ・ニキビを防ぐなど様々な効能があります。ザーネクリームの有効成分は、天然型ビタミンE、グリチルリチン酸二カリウムです。ビタミンEは、抗酸化作用と血行促進作用・ホルモンバランスや自律神経安定作用があります。

その中でも天然型のビタミンEは抗酸化力が強いです。グリチルリチン酸ニカリウムは、抗炎症作用をもち多くの医薬品に含まれています。

 

サロンパスA貼付剤


サロンパスといえば、湿布。腰や、膝が痛い。肩こり・腰痛に貼るもの!その通りです。しかし、サロンパスの効能をよく見ると、”しもやけ”もちゃんと書かれています。なぜ、サロンパスなのに”しもやけ”に効くのかというと、血行促進するビタミンEや炎症や痛みを抑えるサリチル酸メチルが配合されているからです。

また、サロンパスAには、血行改善・消炎・鎮痛・鎮痒の効果があるカンフルが含まれているからです。貼付剤なので、クリームなどに比べると長時間効き目が続きます。湿布かぶれがなければ、サロンパスを貼っておくといいでしょう。サロンパスの中でも、dl-カンフルが配合されていないものもありますので配合されているサロンパスAがお勧めです。

枚数もたくさん入っているので、お財布にも優しく肩こりにも使えるので常備するにはよいでしょう。

 

いかがでしたか?

近年、温暖化の影響か暖冬の年もありますが、どか雪が降るような急激に冷える日も増えてきました。そのためカラダの調子を整えるのが難しくなり、様々な不調を訴える方が増えていらっしゃいます。カラダのバランスを整えるのは日々の生活習慣も大切です。

運動をすることで、血行改善・メタボ予防など自分でできる体調管理はしていかなければ、カラダの不調は増えていくばかりです。冬場の、しもやけもその一つです。運動して血管を強くするよう食事も気を付けなければなりません。それでも、なってしまったものは仕方ありません。

気を付けていてもなることもあります。そういう時は、我慢しないでお薬を使って苦痛からカラダを開放してあげましょう。現在は、いいお薬もたくさん出ています。無理をすると身体に負担が増え、悪化するだけでなく日常生活に支障をきたすこともあります。症状が悪化したり、変だなと思った時は、できるだけ早くお医者さんにかかってください。

 

まとめ

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

・ 紫雲膏
・ ヘパリペア
・ メンターム軟膏
・ ザーネクリーム
・ サロンパスA貼付剤