ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

【かゆい・痛い】しもやけの対策と正しい治し方

【かゆい・痛い】しもやけの対策と正しい治し方

ひと昔前の冬の皮膚トラブルといえばしもやけを連想する人は多いのではないでしょうか?同時に「しもやけは過去の人のもので現代の私達には関係ない」と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし現代においても冬場の室内外の気温差など、しもやけを起こす原因は存在し、対策していないと知らないうちにしもやけになっている可能性があります。

今回はしもやけの対策と正しい治し方を紹介します。



 

【かゆい・痛い】しもやけの対策と
正しい治し方

 

身体を冷やさない、手足をぬれたままにしない


まずは身体を冷やさないことが、しもやけの対策として大切です。身体が冷えは体内の血液の流れが悪くなる原因となります。手や足などの血液の流れが悪くなっている部分に触れる外温が下がっている状態だと、その部分が炎症やうっ血を起こします。

これがしもやけです。手や足だけを冷やさないようにするのではなく、血液の流れが良くなるように全身を冷やさないという意識が大切です。衣類に気をつけるのはもちろんですが、足浴や半身浴などを生活の中に取り入れて身体の冷えを改善する方法もしもやけの対策としては有効です。

手足がぬれたままだとその部分が冷えてしもやけの原因となりますので、洗いものなどの水仕事をするときなどは、水仕事をし終えた後はすぐにきちんと手を拭いたり、ゴム手袋を着用したりして直接ぬれるのを回避するなどの工夫をすると、しもやけの対策として有効です。

 

身体を締めつける衣類などはつけない


手や足は血液の流れが悪くなりがちな場所です。その場所を締めつけるような衣類などは、血液の流れをますます悪くする要因となります。窮屈な靴や靴下、細身で窮屈なタイツなどは避けた方がよいでしょう。

手袋は細身のものよりは、毛糸などでフワッとしているようなタイプのものが冷えを改善し血液の流れを良くするので、しもやけの対策としてはお勧めです。

プロポーションを良く見せるような補正下着も身体をしめつけ血液の流れを悪くさせる要因となるので、しもやけの対策という点からは避けたほうがよいでしょう。

 

血液の流れが良くなるような食生活をする


しもやけの対策として、身体を冷やさないようにすることは前述しましたが、身体を冷やさないためには外から温めるだけではなく身体の中から冷やさず温めることが大切です。身体の中から冷やさず温め血液の流れを良くするためには食生活も大切になってきます。

ビタミンEには血管を拡げ血液の流れを良くするので、しもやけの対策には有効です。ほうれん草、カボチャ、ナッツ類、うなぎなどにビタミンEは多く含まれています。またビタミンEの吸収を高める作用としてはβカロチンやビタミンCの摂取が有効です。

にら、にんじん、わけぎなどはβカロチンを多く含んでいます。パセリ、ブロッコリー、みかんや柚子などの柑橘類はビタミンCを多く含んでいます。

その他、しょうが、とうがらしなども身体を温め血液の流れが良くなる効果が期待できますので、食生活の中に取り入れるとよいでしょう。

 

血液の流れが良くなるマッサージをする


身体が冷えていると感じたら、血液の流れが良くなるマッサージを取り入れるのも、しもやけの対策としては有効です。ただし、しもやけを起こしている場所を直接マッサージすることは避けるようにします。

しもやけを起こしている場所を直接マッサージしてしまうと、かえってしもやけを悪化させたり、しもやけを起こしている場所に傷がついたりしてそこが化膿してしまう場合などもあるからです。マッサージは手や足の先(心臓から遠いところ)から心臓に向かって行っていきます。

また手先や足先だけではなく、そこから心臓にむかって腕やふくらはぎなどの筋肉量の多い場所もマッサージするようにして、身体全体の血液の流れが良くなるような意識でマッサージします。

揉むというより、手先や足先から心臓の方向に向かって撫でるように行うとよいでしょう。身体が温まっている入浴中や入浴後などに行うとより効果的です。

 

しもやけの正しい治し方


先にしもやけの治し方でやってはいけないことを紹介しておきます。自己判断でしもやけのところに針を刺したりして溜まった血液を抜くことはやっていけない治し方です。患部に雑菌が入り化膿してしまう危険性が高くなります。

しもやけの治し方としては、まず市販の塗り薬を試してみるようにします。成分としてはワセリンやビタミンEが含まれているハンドクリームなどを選ぶようにします。わからなければドラッグストアや薬局で聞けば教えてもらえます。

塗り薬と同時に市販の飲み薬の内服もしもやけを治す方法として効果が期待できます。やはりドラッグストアや薬局で聞くのが良いと思われますが「しもやけの飲み薬」と伝えてもピンと伝わらないときは「末梢血行障害を治す薬」と伝えてみることをお勧めします。

市販の塗り薬と飲み薬を用いてもしもやけが治らない場合は、病院受診をするようにします。診療科目は皮膚科を選ぶようにします。

 

いかがでしたか?

今回お伝えした、しもやけの対策と正しい治し方を実践すると、しもやけを回避できたり、しもやけになった場合も正しく治すことができます。

この記事が、しもやけの対策に悩んだり不安になっている皆さまのお役に立てることを願っています。

 

まとめ

【かゆい・痛い】しもやけの対策と正しい治し方

・ 身体を冷やさない、手足をぬれたままにしない
・ 身体を締めつける衣類などはつけない
・ 血液の流れが良くなるような食生活をする
・ 血液の流れが良くなるマッサージをする
・ しもやけの正しい治し方