ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

インフルエンザで頭痛などの症状が出る前に行うべき予防法

インフルエンザで頭痛などの症状が出る前に行うべき予防法

風邪は急性の気道や口腔内の炎症により起こります。インフルエンザはインフルエンザウイルスにより感染を起こす病気で風邪よりも症状が重く、高齢者や子供では重症化しやすく症状が長く続くのが特徴です。

近年はインフルエンザが流行しやすく短期間で感染が広がります。インフルエンザに罹ったことがある人はお分かりだとは思いますがインフルエンザにかかると一旦出た頭痛や発熱は収まることはなく、一週間はインフルエンザの症状に苦しめられた経験がある人もいる事でしょう。

インフルエンザは脳や心臓にウイルスが入り込むと命も危険な状態になる可能性もあるのです。

仕事や家事で忙しい人はインフルエンザにかかりたくはないですし、子供がいる家庭では子供にも感染しない様に今の時期は注意して生活してはいるでしょうが、本当に自分の考えている方法だけでインフルエンザによる症状は落ち着くのだろうか。インフルエンザにかからない為にはどうしたらいいのだろうか。と疑問に感じている人も多いことと思います。

インフルエンザにかかった時やインフルエンザを予防したい人に試して欲しいインフルエンザで頭痛などの症状が出る前に行うべき予防法をお教えします。



 

インフルエンザで頭痛などの
症状が出る前に行うべき予防法

 

安静にし、水分と栄養を摂るようにする


この時期は誰がかかっていてもおかしくないくらいに流行する時期です。毎日電車などで通勤する人は常にインフルエンザに感染する危険がある事を考慮して予防に努める必要があります。

ですので少しでも体がだるい、寒気や関節痛があると思ったら熱が無くても無理はせずに安静にし、十分な栄養と水分を補給に努めて体力を下げない工夫が必要です。

インフルエンザにかかり熱が出ても8時間以上たたなければ大抵のインフルエンザテストは陽性にはなりません。インフルエンザに罹ったかも、頭痛がするかも、と考えてすぐに病院に受診してもインフルエンザの診断は出来ないケースもあるのです。

インフルエンザを起さない為にも栄養と休息で健康管理をしておくことも大切です。

 

室内の湿度を高めにする


室内の乾燥が酷いとインフルエンザのウイルスも繁殖しやすく、口腔内や気道が乾燥する事で頭痛などの症状を悪化させます。水分補給で乾燥を防ごうとしても室内の乾燥が酷ければ乾燥を予防するのも限界があります。

室内は常に一定の状態で湿度を保つようにする必要がインフルエンザを予防する為にも頭痛などの症状を悪化させない為にも大切な事です。

 

帰宅したら手洗いうがいをする


インフルエンザは咳やくしゃみから感染しますがインフルエンザにかかっている人と同じものをふれただけでも感染します。たとえばドアノブや電車などの吊革です。

インフルエンザに触れた手はウイルスが付着し、そのままの状態でいると体内にインフルエンザが侵入しやすくなります。また一度口の中に入ったウイルスは口腔内にとどまります。

口腔内のインフルエンザをうがいで早めに出す事でインフルエンザの感染を予防できるのです。帰宅後は手洗いうがいを必ずやるようにし、インフルエンザで頭痛などが起きない様に予防することが大切です。

 

医師が処方した痛みどめを内服する


普段は内服しても何も問題が無い解熱剤や鎮痛剤もインフルエンザの時に内服するとインフルエンザによる頭痛や関節痛の症状を悪化する危険があります。

頭痛によってはあえて痛みどめを内服しない方が症状が早くに軽減する場合もあります。頭痛や関節痛などの症状を医師に確認したうえで、医師に相談をする事が必要です。

また、痛みがあるからと頻回に痛みどめを内服するのも頭痛には逆効果になりますので内服頻度も確認のうえで内服する事が頭痛などの症状を悪化させない為には大切な事です。

 

ワクチンを接種する


インフルエンザの予防接種は10月くらいから開始します。インフルエンザワクチンを打ってもすぐにインフルエンザにかかりずらい体になるわけでもありません。ワクチンを打ってから効果が出るには一か月がかかると言われています。

今年のように流行が早い時期ではインフルエンザワクチンの接種の時期が遅かったが為にインフルエンザにかかり頭痛などの症状が強く出た、という人もいたようです。ワクチンを打ったからと言ってインフルエンザにかからないというわけでもありません。

ですがワクチンを受けない人に比べると熱もさほど上がらずに頭痛などの症状も軽くて済みます。インフルエンザの症状が悪化し苦しむことを考えたらワクチンを打っておいた方が症状の悪化を予防する為には良いでしょう。

 

早めにインフルエンザ薬の内服を


インフルエンザの症状が出てから6時間以上たっても落ち着かない場合は病院に受診し、早めにインフルエンザ薬を内服する事が頭痛などの症状を悪化させない為には大切です。

インフルエンザ薬もタミフルの他に特効性があり、一回で済む吸入薬もあるのでお勧めです。また、タミフルなどは症状が軽快したからと言って途中で内服を辞めてしまうとインフルエンザを再発症しやすいので症状が落ち着いたと思っても必ずきちんと内服し、飲み切るようにするのも頭痛などの症状を悪化させない為には大切な事です。

 

必要以上の外出は控え、外出時はマスクをする


インフルエンザの予防法で一番いいのは流行時期は外出を控える事です。ですが仕事をしている人はそうはいきません。そういう人は人ごみを歩く時だけでもマスクをするようにしてください。

マスクはウイルスの侵入を予防するだけでなく口腔内の乾燥を防ぎ雑菌やウイルスの繁殖を防いでくれるのです。少し高くてもきちんとウイルスをバリアしてくれるマスクの方がよりインフルエンザによる頭痛などを予防してくれるのでお勧めです。

 

いかがでしたでしょうか?

インフルエンザは普通の風邪よりも肺炎やインフルエンザ脳症による脳のダメージや障害を残しやすく、一生その後遺症が残る人もいる大変怖い感染症です。

毎年同じような型が感染しているようでウイルスの種類は同じようでも毎年違う型として感染が広がるのもインフルエンザの特徴です。ですので去年インフルエンザに罹ったからと言って今年はかからないというわけではないのです。

インフルエンザは毎年感染し発症する可能性があるのです。しかも流行時期もその年によって違いますので気づいたら一気に流行していることもあるのです。

毎年感染する危険がある事を踏まえて早めにインフルエンザの予防をし、頭痛などの症状を悪化させない体つくりが大事になるのです。今までインフルエンザに罹ったことが無い人も毎年インフルエンザにかかる人も今回の方法でインフルエンザを予防する生活をしてみる事をお勧めします。

 

まとめ

インフルエンザで頭痛などの症状が出る前に行うべき予防法

・ 安静にし、水分と栄養を摂るようにする
・ 室内の湿度を高めにする
・ 帰宅したら手洗いうがいをする
・ 医師が処方した痛みどめを内服する
・ ワクチンを接種する
・ 早めにインフルエンザ薬の内服を
・ 必要以上の外出は控え、外出時はマスクをする