ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

右の脇腹が痛いと感じたらすぐに確認するべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

右の脇腹が痛いと感じたらすぐに確認するべき5つの事

学生の頃、部活や体育の授業などで持久走をしているときに脇腹が痛くなった経験のある人は多いと思います。あれってどっちの脇腹だったかな?右側?左側?ほとんどの場合が右脇腹が痛くなるのだそうです。

それも含めて右の脇腹が痛くなったときの原因として考えられるのは、以下の5つであることが多いとのこと。

1.胃腸障害
2.胆のうに関わる病気
3.肝臓に関わる病気
4.虫垂炎
5.便秘

これら5つの原因をそれぞれについて少し詳しく調べてみましたのでご覧ください。



 

右の脇腹が痛いと感じたら
すぐに確認するべき5つの事

 

胃腸障害


食事をした後に急に運動をすると生じるあの脇腹の痛みは、軽い胃腸障害の症状だと言われています。

人の身体の中央にある食道から右側にある胃に食べ物が落ちて消化していく過程で、特にランニングなどの身体に上下動がある運動を行った場合には、未消化の食べ物や胃酸が胃の底部に集まって障害を起こすことがあり、それが原因で脇腹が痛くなるのだそうです。

それ以外にも、胃や十二指腸が何らかの原因で炎症を起こしたり潰瘍ができたときにも右脇腹上部に痛みを感じます。また胃ガンが原因の場合にも同様の痛みを感じることがあるそうです。

一時的に収まる軽い痛みならそれほど問題はないと思いますが、痛みが激しいものであったり、長く続くようであれば我慢せずに受診することをおすすめします。

 

胆のうに関わる病気


胆のうには肝臓で作られた胆汁が送られてくる胆道というものがつながっており、ここに結石ができる病気を一般的には胆石症と呼び右脇腹に強い痛みが出ます。原因は色々考えられますが、胆石症の多くの患者が頻繁に脂肪分の多い食事を摂っている方や糖尿病の方なのだそうです。

さらには右の脇腹に痛みが生じたときに、この胆のうや胆道にガンが見つかることもあるので注意が必要です。痛みだけでなく、黄疸などの目に見える症状が出て来たら、一刻も早く病院にいきましょう。

短期間で収まる軽い痛みではなく、激しい痛みや長く続く痛みがあるときにはすぐに受診をして医師に相談しましょう。

 

肝臓に関わる病気


肝臓は沈黙の臓器と言われているように自覚症状が現れにくく、痛みを感じるときにはすでに肝硬変を発症している場合が多く、その部位は元の機能を回復することはありません。

そして、肝硬変になってしまった部位は肝臓ガンを発症する可能性が高くなるので、飲酒を控え疲労を伴う強い運動を控えるなど、日常生活を見直す必要があります。右脇腹の痛みが肝臓に関わる痛みであるならば、あなたの命に関わる病気である可能性もあるので、ためらうことなく医師に相談しましょう。

そして、そうならないために毎年欠かさず健康診断を受け、血液検査でわかる肝臓にかかわる数値の変化をチェックしておきましょう。

 

虫垂炎


虫垂は結腸の下端にある盲腸からちょっと飛び出した部分のことです。この虫垂が炎症を起こすことを虫垂炎と呼び、これを放置していると炎症を起こした部分が壊死して腸に穴が空き腹膜炎になる場合もあります。

虫垂炎が悪化した場合には腹部の激しい痛みや発熱、嘔吐を伴うことが多いのだそうです。みぞおち辺りから痛みが広がっていき、右下腹部の激しい痛みを感じたら病院で手術をうける覚悟が必要でしょう。

悪化させないように早めの対処が必要です。

 

便秘


便秘もひどくなると腸に不調をきたし、特に上行結腸という部分にガスが溜まったりしてそこに痛みを生じることがあります。ただ、便秘の場合にはご自身の身体のことですから、何日出ていないかはすぐに分かることなので早めに対応することで解決できるはずです。

普段から偏りのない食生活を心がけて腸内環境を整える努力をしていれば、便秘から解放されることは周知の事実です。極端な例ではありますが、便秘が原因で腸閉塞を起こし命を落とした方の報告もあるようです。たかが便秘と侮ってはいけませんよ。

 

以上、右の脇腹が痛いと感じたらすぐに確認するべき5つの事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

右脇腹の痛みと言っても様々な原因があり、それぞれに深刻な病である可能性が隠れていることがわかりました。こちらでは触れませんでしたが、筋肉痛などのように軽い痛みで数日で消えてしまうものから、激しい痛みを伴ったり痛みが長く続いたりする重篤な病気まで様々な可能性があります。

痛みがあるということは、どこかが不調を起こしているということなので、これくらいの痛みなら我慢できるからなどと軽視すること無く痛みの原因が内臓疾患によるものであった場合には、早めに医師に相談することをおすすめします。

私は大丈夫!と思っている人ほど発見されたときには重篤な状況になっていることが多いと言われています。一年に一回の健康診断と早めの受診を心がけてください。

 

まとめ

右の脇腹が痛いと感じたらすぐに確認するべき5つの事

・ 胃腸障害
・ 胆のうに関わる病気
・ 肝臓に関わる病気
・ 虫垂炎
・ 便秘