ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

やけどを跡にしない為に!!正しい処置とスキンケア

やけどを跡にしない為に!!正しい処置とスキンケア

ほんの一瞬のちょっとしたことで、やけ どをしてしまったということはありませんか?例えば、料理をしていて熱くなっていた 調理器具にうっかり触れてしまった!熱湯がこぼれた!電気暖房器具に近づきす ぎてしまった!髪のセット中にコテが当たってしまった!などなど。

つまり日常の 様々な瞬間に危険な一瞬が隠れていることになりますね。そしてその一瞬が取り返 しのつかないことになってしまうと、気持ちがずーんと重くなってしまいます。

うっかりやけどしてしまった部分が、体の目立つ部分かそうでないかに関わりなく、こ のまま跡が残ってしまったらどうしようと心配じゃないですか? でも大丈夫です。

その 直後にする処置とその後のケア次第で、跡を残さないようにすることができます。で はきれいに治すためにどう対処したら良いか、早速いくつかの方法を見てみることに しましょう。



 

やけどを跡にしない為に!!
正しい処置とスキンケア

 

とにかく流水で冷やす


何といってもこれが基本です。すぐに冷やしましょう。痛みが軽くなるまで、水を出し 続け、15~30分間が目安です。もし患部を圧迫しているもの。

例えば腕時計、ネッ クレスやアクセサリー類は血行を悪くする恐れがあるので、すぐに外しましょう。この 初めの水で冷やす段階次第で、その後のやけどの跡がきれいに消えるかが左右さ れてくるといってもオーバーではないでしょう。

とはいっても強い水圧で患部を圧迫してしまうのも避けましょう。清潔なハンカチやタ オル、またもし患部が広範囲な場合はシーツなどで覆った上から水をかけるようにし ましょう。

 

氷で冷やす


やけどはある程度の時間がたってからひどさが分かることもあるので、氷や保冷剤 (蓄冷材)を使いよく冷やすようにしましょう。しかしそれらを直接患部に当てるので はなく、清潔なタオルやなどに包んでからにします。

患部に衣服がはりついてしまっ ているような場合は、無理やりはがしてしまうと一層傷口を悪化させてしまいます。そ れでその上から水でまた氷で冷やすことです。

長時間冷やしすぎることで低体温症になってしまうこともあるので、注意します。特に 小さい子供や高齢者の場合は、冷やしながらもよく様子を観察することを忘れない ようにしましょう。

 

湿潤療法 


あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これは傷を乾かさずに潤わせた状態を 保って治療する方法のことです。傷口からの体液には、回復のために必要な成分が 含まれているので、ぴったりラップで覆って体液を保った方が早く治ると考えられて います。

また白色ワセリンを適量塗布することも、これと併用してよく用いられるてい ます。ワセリンには誰もが本来備えている自然治癒力を最大限引き出す効能があり 、副作用のない治療法といわれています。

また、お風呂に入る際は傷の所は石鹸をよーく泡だてて、泡をその上で転がすよう に優しく洗います。水圧が強いシャワーも直接当てずに、周りからそっと流すように しましょう。

ラップがずれてしまわないようにテープで留めたり、部位によっては包帯で 固定をします。

 

紫外線カット


跡が濃くなるのを防ぐためには、紫外線を浴び過ぎないように予防することがとても 大切です。ほんの少し庭に出てるだけだからと思ったとしても、帽子をかぶったり、 日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。

外出時は日傘をさしたり、しっかりした編み 目の生地の服を羽織ったり、手袋を使ったりして、肌を直接出すような衣服は控えた 方がよいでしょう。

 


最近はテレビのCМで有名な医薬品も複数ありますし、薬局には様々な種類の薬 が並んでいます。薬剤師さんに自分の症状を相談した上で処方してもらいましょう。

代表的な薬としては、ヒルドロイドソフト、ヘパリン類似物質です。薬の成分によって はやけどしてしまってからかなり期間が経っていたとしても、効き目がありやけど跡を 目立たなくしてくれるものがあるそうです。

また何といっても一番確実なのは、病院を受診して専門的に診ていただくことです。 自分の判断で 「大した傷でもなさそうだし。様子を見て大丈夫。。」と安易に考えて しまうのは危険です。

 

ビタミンCを意識して採る


皮膚の再生を助けるのはビタミンCです。またコラーゲンを生成し、色素沈着色素沈 着を和らげることができます。加えて細胞の一部が消滅してしまった状態からでも生 き残った部分の細胞を増殖させて回復していく、という驚くような役割があります。

皮膚に直接摂取できるタイプとして、配合されたローションを使うことがおススメです。根気強くこれを使い続けることで、手術が必要とさえ言われた傷をきれいに治 すことができたという報告があります。またビタミンCを含む食品を積極的に採りましょう。

赤、黄色のピーマンやいちご、ア セロラ、レモン、キウイなどの果物や、緑黄色野菜にも含まれています。熱で調理す ると逃げてしまうので、生のまま手軽に食べられる果物や、サプリメントも上手に組み 合わせていくことができるでしょう。

 

はちみつ


はちみつは美味しい食べ物というだけでなく、実は自然が生み出す素晴らしいお薬 でもあるんです。なぜならはちみつはビタミンB群や、沢山のミネラルや抗酸化物の 宝庫なんです。

それで何世紀もの間はちみつは、切り傷、やけど、皮膚潰瘍などの 治療に幅広く使われてきました。実際ある国では定評のある傷薬として市販されて います。

はちみつを患部に塗ると、炎症が抑えられ、新しい組織の生成が促されます。 それで、やけどの傷跡部分を水でよく洗って清潔にし、はちみつを適量縫ってみま しょう。

研究によるとこれを使った場合、回復が早く、痛みが少なく、跡が残りにくいこ とが証明されています。

 

いかがでしたか?

私達は誰もがいつどんな瞬間でやけどをしてしまうかわかりませ んし、いざその時になったら慌ててしまってパニックになってしまうことも考えられま す。

跡を残してしまわないためにも、ここでご紹介したいくつかの方法を頭に留めて おいて頂いて、落ち着いて対処できるようにしておきたいですね。

 

まとめ

やけどを跡にしない為に!!正しい処置とスキンケア

・ とにかく流水で冷やす
・ 氷で冷やす
・ 湿潤療法
・ 紫外線カット
・ 薬
・ ビタミンCを意識して採る
・ はちみつ