ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

だるいと感じた腕は危険信号!知っておきたい怖い病気

by ヘルスケアファクトリー

だるいと感じた腕は危険信号!知っておきたい怖い病気

最近は、仕事でパソコンを使用したりプライベートでもスマートフォンを使用する機会が増えてきていると思います。スマートフォンは、殆ど毎日と言っていいくらい操作する事が多いのではないでしょうか。

そんな時、腕がだるく感じたり腕に違和感を覚えた事はあるのではないでしょうか?長時間、パソコンに向かっているデスクワークをしている方、スマートフォンに夢中の方は、操作中に腕が疲れてしまって腕にだるさが蓄積しています。

ですから、疲れのせいで腕がだるく感じているんだと思っていませんか。ただ単に、疲労だったらいいのですが病気だったりしたら怖いですよね。

そこで、腕のだるさの原因やだるくならないような方法対策をまとめてみていきたいと思います。



 

だるいと感じた腕は危険信号!
知っておきたい怖い病気

 

腕がだるくなる時の生活習慣


腕がだるくなるとい症状も、何かしらの予兆だったり原因が潜んでいたりします。その腕がしびれる前に、どういう生活をしていたのかを個人でチェックしていく必要があります。

例えば、長時間パソコンを操作しているのであれば、パソコンの操作自体も腕に負担はかけているのでしょうが、パソコンを操作する時の姿勢ですよね。姿勢が悪いと血流も低下してしまい、重い頭を支えるために、身体のパーツが疲労してしまいます。

その姿勢の悪さが腕のだるさにリンクしている可能性もあるのです。このように、腕がしびれるような原因があるのかどうかを振り返る事が第一に重要です。

 

原因は頸肩腕症候群!?


まずは腕がだるく感じる原因を自分なりにチェックしようと上記で述べました。それに加えて、加齢によるものだと感じていませんか?確かに加齢によって筋肉量が低下したり、関節のあちこちの潤滑が悪くなる事でだるい症状などの発端になるケースもあります。

しかし、高齢に関わらず、若い世代の人にもだるい症状を感じる人がいるのです。生活の中で原因となりうるものを探してもらって、正しい病名がつくまでの病名として頸肩腕症候群があります。

頸肩腕症候群の症状
原因としては、首が重く感じたり、肩から背中にかけて痛みがあったり、指先などが冷たかったり手先に痛みが走ったりする症状を感じる。

原因としては、首・肩周りの筋肉の凝りなどが引き金となって腕から手先までの症状として現れるのです。

結局は、パソコンなどのデスクワークが増えて、長時間同じような姿勢でいる事が多く、その結果、重い頭を支えるための首、肩周りに負担が増えて神経が圧迫される事で症状が現れるのです。

そのような状態が続いたりしてしまうと、頚椎などにも負担をかけているということですから、他の病気にもなりうるので注意が必要です。

 

腕のだるさを解消する方法対策〜運動・ストレッチ編〜


日常生活の中から、頸肩腕症候群になりうる行動を少なくしていく事が理想ですが、なかなかそうはいきませんよね。デスクワークをしている人にとっては、デスクワークから離れればある程度の症状は改善できるでしょうが、仕事になりませんよね。

また、腕にだるさがあるからと言って、痛み止めや薬などで解消する方法は根本的な治療ではありません。元を断つには、腕のだるさの引き金となっている、首・肩のストレッチや全身を運動することが大切です。

特に、デスクワークの人は、肩が凝りやすくなっているので、休憩時間など空いている時間などでやって欲しいですが、ラジオ体操程度の運動で十分予防改善は可能だと思います。

ある程度、運動・ストレッチをする事で、筋肉が解れるし、血流が改善されるので、だるさも治まるのではないでしょうか。

 

腕のだるさを解消する方法対策〜食事で血流UP編〜


運動の他に大切な事は、食事です。生きていく上で重要な食事ですが、効率よく身体にいい食事を心がけたいものですが、忙しい現代人にとっては、難しい問題でもあります。

ではどういう食事を摂取していくべきなのかを考えてみましょう。運動ところで述べましたが、筋肉の血流がよくなったりすれば、だるさも軽減させる効果があります。運動だけではなく、食事でも血流が改善できる食事を心がけたらいいでしょう。

例えば、現在、生活習慣病などの持病を持っている人は特に生活習慣を見直していく事が相乗的に大切ですが、血流を悪くする原因を断つ為にも、食事改善は必要です。

血流をよくする食べ物としては、ニンニク、黒酢、生姜を始め抗酸化力の強い食べ物を積極的に摂るようにしましょう。血液内を綺麗にする。綺麗に保つ事で、血流が改善され、腕のしびれ、だるさなどの症状も解消できるのです。

 

ストレスを溜めない


現代はストレス社会と言われていますが、何かしらの要因でストレスを感じてしまいがちです。そのストレスをうまく発散できずに溜め込んでいる人が多く見受けられます。

ストレスがたまると、自律神経などのバランスが乱れてしまい、血流低下などを招いてしまうのです。結果として、血流が悪くなり、上記で述べたような原理で首周り、肩周りに負担を生じてしまい腕のだるさの引き金、きっかけになってしまいます。

なるべくストレスを溜めないように日頃からコントロールしていきましょう。

 

以上、だるいと感じた腕は危険信号!知っておきたい怖い病気をお伝えしましたが、いかがでしたか。

腕がだるく感じてしまう原因は、最近では、デスクワークの急増で腕の血流が悪くなったり、姿勢の悪さで首、肩周りに負担が生じてしまい、腕がだるくなったりします。

頸肩腕症候群という名称で言われていますが、首、肩周辺の血流が悪くなる事によって生じてしまうのです。

悪化して、他の病気にならない為にも、ストレスをためないようにし、肩、首の周辺のストレッチをして血流を促すようにすることが大切です。

 

まとめ

だるいと感じた腕は危険信号!知っておきたい怖い病気

・ 腕がだるくなる時の生活習慣
・ 原因は頸肩腕症候群!?
・ 腕のだるさを解消する方法対策〜運動・ストレッチ編〜
・ 腕のだるさを解消する方法対策〜食事で血流UP編〜
・ ストレスを溜めない