ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ニキビの洗顔術を看護士がレクチャー!必ず試すべき洗い方

ニキビの洗顔術を看護士がレクチャー!必ず試すべき洗い方

ニキビは思春期の時期しか出来ないものと思い込み、大人になってからニキビが出来てビックリした方もいるのではないでしょうか。意外にもニキビは大人になっても出来て、なかなか治らずに悩んでいる人はとても多くいます。

思春期も大人のニキビも同じように直し方を間違うと、ニキビの跡を残し肌を傷めてしまう事に・・・

顔にニキビが出来て炎症を起すと化粧をしてもニキビが目立ってしまい、人目が気になってしまいますよね。特に赤くなったニキビはどうする事も出来ずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

出来るならニキビは跡を残さずに綺麗に治したいですよね。そのために正しい洗顔方法でニキビを治す事が大事になります。それでは、ニキビが出来たらどの様にして洗顔したらいいのか私がこれまでに学んできた事を説明します。



 

ニキビの洗顔術を看護士がレクチャー!
必ず試すべき洗い方

 

使ってはいけない化粧落としがある


女性は毎日化粧をするのでまずは化粧を落とさなければなりません。ですが、化粧落としの洗顔料もどれでもいいわけではありません。

特にその中でもコットン式の化粧落としは使用しない様にしてください。コットンで化粧を落とそうとすることでニキビを傷つけてかえってニキビを悪化させる原因になるのです。

ニキビを傷つけずに化粧を落とすためにはコットンは使用せずに必ず掌で優しく化粧を落とすようにしてください。

 

洗顔料の使い方が大事


ニキビが出来る皮膚は断面が荒く、その隙間に汚れが溜まりニキビができ、膿を持った状態になりやすくなっています。

その状態の時に洗顔料をそのまま皮膚につけて洗いながら泡立てると、汚れがきちんと取れないだけでなく古い角質を残し新たなニキビを作る原因にもなってしまいます。

そうならない為にも、皮膚の隅々まで泡をいきわたらせるためにも洗顔料はキメの細かくなるまで泡立ててから洗顔する必要があります。

 

特にニキビのところは優しく洗う


ニキビが出来ている部分は皮膚が柔らかく、少しの刺激で炎症が酷くなってしまいます。ですので、汚れはきちんと落としてニキビを刺激しすぎないようにしなければなりません。

そのためには顔全体を掌で優しく洗うようにし、特にニキビの部分は優しく洗うようにしてください。汚れが気になるからといって、絶対に指を立ててごしごしと洗うような事はしない様にしてください。

強くにびきの部分をこするとかえって皮膚を守るために必要な角質まで奪ってしまい、ニキビを守り、早くに治す事が困難になるので注意してください。

 

洗顔時間は短時間にする


ニキビが出来る原因の一つに肌の乾燥があります。肌の乾燥が進むと角質のきめが粗くなり、毛穴が広がる事で広がった毛穴に汚れが溜まり炎症を起こしてにきびを起こします。

その炎症を抑え、汚れを落とすために洗顔に時間をかける事は大きな間違いです。洗顔に時間をかける事で皮膚の汚れは落ちますが、その分肌に必要な角質まで落としてしまい、乾燥が進む原因にもなってしまいます。

必要な角質を残しつつ肌に要らない汚れを落とすようにしてニキビを早く治すためには洗顔は一分以内にする様にしてください。

 

洗顔後の水分はタオルで優しく押さえる様にふき取る


きちんと柔軟剤を使用したタオルでもニキビが出来るような状態の皮膚では水分を拭き取っただけでも強い刺激になってニキビを悪化させる原因になっている事もあります。

また、きめの粗いタオルで水分を拭き取るとせっかく肌をきれいにしてもニキビをつぶしてしまう原因にもなるのです。顔についた水分を全部ふき取るくらいにごしごしふき取らないようにし、少し水分が残るくらいの方がいいです。

また、なるべくなら何度も使用したタオルを使用するよりも毎回洗い立てのタオルを使用した方がニキビに菌がつかない為にも良い方法です。

 

一日に二回以上洗顔しない様にする


ニキビを清潔に保ち、早くに治すためには顔に汚れが長時間ついたままにしておかない様に何回も洗顔した方がいいように思い込んでいる人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

汚れを落とそうと一日に何回も洗顔をする事でかえって肌やニキビを守るのに必要な角質までも洗顔で奪ってしまい、ニキビを悪化させる原因になるのです。

また、何回も洗顔をする事でニキビをつぶしてしまい跡を残す原因にもなるのです。そうならない為にも肌を守る角質を残してきれいに洗顔をする様にするためにも洗顔は一日に二回以上は行わない様にしてください。

 

大人ニキビはニキビ専用の洗顔料でなくても良い


思春期ニキビにはニキビ専用の洗顔料で洗顔する事がニキビを治すにも効果的なので良いのですが、大人ニキビではニキビ専用の洗顔料で洗顔をしても効果が無い場合もあります。

大人ニキビは思春期ニキビの時に使用していた洗顔料を使用してもほとんどの人は効果がありません。それはニキビが出来る原因が違うからです。

また大人ニキビが出来る時期というのは肌の変わり目とも言われていますので、肌質から洗顔料を見直して変えた方がいいです。自分で肌の状態を判断できない場合は専門家などに相談をしてから自分に合った洗顔料で洗顔する事をおすすめします。

 

いかがでしたか?

今回、この記事を読んで意外にもこんな簡単な方法でニキビが改善するのかと思った人もいるのではないでしょうか。ですが、今までの洗顔方法を少し変えるだけでニキビを改善する事は可能なのです。

また、この洗顔方法を続ける事でニキビを予防するだけでなく肌質を改善する事も出来ます。いつまでも綺麗できめの細かい肌で健康的な毎日を送りたいですよね。

毎日のニキビで悩まされている人にはお勧めの洗顔方法です。是非試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ニキビの洗顔術を看護士がレクチャー!必ず試すべき洗い方

・ 化粧落としはコットン式のは使用しない様にする
・ 洗顔料はキメが細かくなるまで泡立ててから洗顔する
・ 特にニキビのところは優しく洗う
・ 洗顔時間は短時間にする
・ 洗顔後の水分はタオルで優しく押さえる様にふき取る
・ 一日に二回以上洗顔しない様にする
・ 大人ニキビはニキビ専用の洗顔料でなくても良い