ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

手湿疹の治し方で最も有効な5つの方法

手湿疹の治し方で最も有効な5つの方法

「あなたの手はきれいですか?」そう聞かれてイエス!と言える人もいれば、ノーと言わざるを得ない人もいるでしょう。さぁ、ノーと言ったあなた!手のカサカサやひび割れ、かゆみといった症状が起きていませんか?

きちんと手のケアをしているのにいつまでたっても治らないとお悩みではありませんか?単なる手荒れと思い込んでいたそれ、もしかしたら単なる手荒れではなく、手荒れは手荒れでも「手湿疹」かもしれません。

もし手湿疹だとすれば、ケアの仕方も変わってきます。以下に手湿疹とは何か、治し方はどんな方法があるのかを紹介していきます。



 

手湿疹の治し方で最も有効な5つの方法

 

手湿疹とは


手湿疹は別名「主婦湿疹」とも呼ばれる重度の手荒れを指します。その名の通り、普段から水や薬剤に触れたりする機会が多い主婦や美容師などが発症しやすい病気です。

症状は手荒れと共通しており、ひび割れやあかぎれ、水疱やかゆみが症状として現れます。違うのは一般的な手荒れとは異なり、治りづらく耐えがたいかゆみが生じること、一般的な手荒れは空気が乾燥する冬にひどくなるのに対して手湿疹は季節を問わないところです。

水仕事を繰り返し行うことで手の皮脂が洗い流されてしまい、手のバリアとなっていた皮脂がなくなったことでまっさらな手が様々な刺激にさらされて傷ついてしまうのです。

そのため手以外に症状が出ないのも特徴の一つです。

 

①ゴム手袋を着用する


手湿疹の治療としてまず始めにできること、それがゴム手袋を着用する。そもそも手湿疹ができるのは直接手に水や薬剤がついてバリアとなる皮脂が流されてしまうからなので、ゴム手袋をすることで流されてしまうのを防ぐわけです。

しかし、手湿疹が悪化しているとゴム手袋すらも刺激となりかゆみをひどくさせる場合があります。そういう場合は綿か木綿の手袋をしてからゴム手袋を使用すると皮膚が保護され、刺激を防ぐことができます。

 

②お湯の温度に注意


油汚れをきれいに落とすのにはお湯が一番ですが、お湯は汚れだけでなく手の皮脂を落とし過ぎることがあります。熱いお湯を避け、水やぬるま湯を使うようにしましょう。

温度としては体温より少し低い35度以下が目安です。手湿疹ができている間はお風呂も高い温度に長湯するのは避けた方がよいでしょう。

 

③低刺激の物に取り替える


私たちが日頃よく使う台所用洗剤は汚れを落とすだけでなく皮脂すらも根こそぎ落としてしまう威力がある強い洗剤です。バリアを失った手でそんな洗剤を使えば手荒れ一直線です。

今や洗剤と言っても様々な種類の洗剤が出ています。その中には低刺激とうたった洗剤もあります。それを選ぶようにしましょう。洗剤に限ったことではありません。

化粧水や乳液、ハンドソープやシャンプーなど手が触れるものは低刺激、敏感肌用の商品を選んで使うようにした方が弱っている手に優しい環境となります。

 

④保湿をしっかりする


どんなに気を遣ってもいつの間にか手から皮脂は奪われていきます。ボロボロになる手をどうしたらよいでしょうか?このまま黙っているしかない?・・・いいえ、そんなことはありません。奪われていくのなら補充すれば良いのです。

水分、皮脂を逃さないように保湿剤を塗るようにしましょう。例えば、寝る前。手洗いして清潔な手に保湿剤を丁寧に塗っていきます。手の甲から手のひらへ、五本の指それぞれにもしっかりと保湿剤を塗りこめましょう。

しっかり余すことなく塗ったら、綿か木綿の手袋をはめておくと寝ている間に保湿剤が染み込んでいってさらさらの手になります。

しかし、手湿疹がひどいと頼みの綱であるハンドクリームさえも刺激となってしまうことがあります。そこで新たな力となるのがワセリンです。

ワセリンは医者でも処方されることが多い保湿剤です。ワセリンのいいところは傷口から出血していても使えるので、荒れたところだけでなく傷口にも塗りこんで手袋をはめるとよいでしょう。

ただ、日頃の生活に手袋をし続けるのは難しいと思いますので、寝る前にだけでもやると効果は充分あります。

 

⑤専門医にかかる


あれこれ手段を講じてみてうーん、いまいち・・・とか、何かますますひどくなってきている気がする・・・と感じた時は、専門医にかかりましょう。

独自でやって駄目なら頼るのは専門医です。皮膚科ではステロイド軟こうなどが治療のメインとして用いられます。ステロイドと聞くと副作用が気になる方もいらっしゃるとは思いますが、医師の出す用法容量を守って使う分には問題はありません。

ただし、体質的にステロイド剤に反応しやすい人はあらかじめその旨を医師に相談しておきましょう。もし使えないとしてもまた別の薬がありますので心配はいりません。

とはいえ、ステロイド剤は合う人には劇的な治療効果が得られるので、できれば治療に取り入れたいものです。

 

以上、手湿疹の治し方で最も有効な5つの方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

身体のパーツの中で1番の働き者である手にかゆみや痛みがあったらとても辛いでしょうし不自由なことにストレスもたまっていきます。

そのうえ手は基本的にどんな状態にあっても使わなければいけないパーツです。それならば常に好調な状態をキープしておきたいものです。

そのために必要なのはマメな手のケアです。自分の手ですから手が強い気質、あるいは弱い気質だと把握はしているはずです。強くても弱くてもケアをしておくに越したことはありません。

今回紹介して方法を全部やる必要はありません。自分の合った方法、できる方法をトライして手湿疹を治していきましょう。

 

まとめ

手湿疹の治し方で最も有効な5つの方法

・ 手湿疹とは
・ ①ゴム手袋を着用する
・ ②お湯の温度に注意
・ ③低刺激の物に取り替える
・ ④保湿をしっかりする
・ ⑤専門医にかかる