ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

喉に違和感を感じたら!様々な原因と改善方法

喉に違和感を感じたら!様々な原因と改善方法冬場の外気や夏場のエアコンをつけた室内は乾燥しているので、ウィルスが飛び交わせてしまい、喉の痛みや喉の違和感などを原因になることも少なくありません。

では、喉の違和感はどんな原因の病気と改善法があると思いますか?

仕事の休みの日など、外で遊んで帰ってきてなぜか喉に違和感を感じ、ふかく気にとめずに過ごしていたら2、3日たって症状悪化させてしまったり、連休明けの出勤の朝に絶不調、仕事場に電話するのもツライ・・・なんて経験ありませんか?

この喉の違和感は、なにが原因でどうすれば改善できるかご存知ですか?

休みの日に何もせず過ごすのもつまらないはず気分転換に行動してストレス解消のはずが、遊びすぎたわけでもないのに体調をくずしてしまい職場での立場や居場所を悪くさせるのもおもしろくありません。

喉の違和感の原因と改善法(治療法)を知って早めの対処で悪化をふせぎましょう!!



 

喉に違和感を感じたら!
様々な原因と改善方法

 

接触感染予防=マスク・手洗い


ウィルスや菌などの感染経路としては、飛沫感染、接触感染が多く、手で押す扉やドアノブに付着した菌を手で触ってしまい、手に菌をつけたまま目や鼻などの顔を触ることにより感染し、喉の違和感につながります。

そんな時は、まずは最初に出来る接触予防としてマスクや手洗いをして予防してください。

 

ウィルス=対症療法


「風邪症候群」
風邪症候群は鼻、咽頭、喉など 上気道がウイルスに感染し、鼻水、鼻閉、咽頭痛、せきや発熱などを呈します。

【治療法】
ウィルス感染がほとんどのため対症療法が主になる。安静に臥床し水分の摂取を十分におこなう。咽頭痛、発熱などに対し非ステロイド系消炎鎮痛剤を投与する。二次感染予防に抗菌薬の投与を行うこともある。

 

菌=イソジン


「急性扁桃炎」
扁桃炎は通常、口蓋扁桃に起こる炎症を言う。扁桃腺とは気動、消化管の入口部に位置する リンパ装置で、口蓋扁桃 、咽頭扁桃、舌根扁桃からなる。

【治療法】
抗菌薬の内服とともに、発熱 咽頭通に対し 消炎鎮痛薬の投与を行う。イソジン ガーグル のうがいも有効である。

 

二次感染予防=加湿器


「急性気管支炎」
急性気管支炎は主に風邪症候群に引き続き生ずる気管や気管支の炎症を言いう。

【治療法】
急性気管支炎は風邪の延長線上にあるため、薬物療法の前に、まず行うべき事は安静、休養である。十分な睡眠をとって治すのが基本である。たとえ食欲がなくても 水分は十分に取ってもらう。加湿器の使用は湿度の確保に適している。

 

悪化=栄養、喀痰排出


「肺炎」
肺炎は肺実質を主体とした炎症をいう。原因は、マイコプラズマ、クラミジア 、ウイルス、真菌、原虫、寄生虫など様々な病原体である。

【治療法】
化学療法(抗菌剤または抗生物質)が治療の原則である。そのほか 栄養状態の改善、喀痰排出などをこころみる。

 

手術・放射線治療


「バセドウ病」
バセドウ病は甲状腺機能亢進症起こす代表的疾患であり、甲状腺浮腫、眼球突出、頻脈の3つを主徴候とする。男女比は1:4と女性に多く好発年齢は20から50歳である。

【治療法】
薬物療法は長期間投薬を続けなければならない。手術療法は ただちに機能を正常化するが、再発、機能低下もあり瘢痕を残す。放射線療法は効果もあるが 副作用もある。

 

ホルモン療法


「橋本病」
橋本病は慢性的な甲状腺の炎症で自己免疫疾患である。確定診断は、組織学的所見による。女性に圧倒的に多く、男性の15から20倍とされており好発年齢は20から50歳である。中國の甲状腺機能低下症の原因としては一番多い疾患である。

【治療法】
甲状腺腫が大きくて圧迫症状などが存在する場合は 甲状腺ホルモンの補充療法を行う。

 

いかがでしょうか?

喉に違和感を感じた時の様々な原因と改善方法(治療法)をあげてみましたが、喉が痛いときは少し不安になりますが、いざ違和感を感じたとき原因がわからず不安が募ってしまいます。

今回紹介した方法は医療機関で実際の治療法で、日常の生活に支障が起こる前に早期発見に役立てていただき日常の予防を意識していただけると幸いです。

喉の違和感に関しては、さまざまな原因がありますので体調に不安を感じる場合は、お近くの病院で相談することをおすすめします。

 

まとめ

喉に違和感を感じたら!様々な原因と改善方法

・ 接触感染予防=マスク・手洗い
・ ウィルス=対症療法
・ 菌=イソジン
・ 二次感染予防=加湿器
・ 悪化=栄養、喀痰排出
・ 手術・放射線治療
・ ホルモン療法