ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

意外と知らないうつ病に悩まされた芸能人とその後

意外と知らないうつ病に悩まされた芸能人とその後

うつ病をご存知ですか。うつ病とは脳のエネルギーが欠乏した状態で、それにより気分や意欲の低下が起こり心理的・身体的な症状に影響を与える病気です。

私たちには自然に治癒する力を備えており、日常で憂鬱なことがあってもその治癒力で何とか解決し元の元気な状態に戻ることができています。

しかし、脳のエネルギーが欠乏すると、元の元気な状態になかなか戻れない、またはどんどんひどく悪化する、日常の生活に支障をきたすなどという状態になります。

症状の現れ方は、他人とのコミュニケーションに支障が生じるのはわずかという具合から、他人とは全くコミュニケーションがとれないという具合まで様々です。

その他、手足の震え、息苦しい、動悸などを訴える方もいます。うつ病発症の原因は様々ですが、仕事に対する不安、プレッシャー、ストレス、重圧や人間関係などが主な原因として挙げられます。

これは一般人だけではなく、芸能人も例外ではありません。実際うつ病の症状に悩み苦しんだ芸能人が多いことが分かっています。ここではうつ病に悩み苦しんだ芸能人をご紹介していきます。

皆さんうつ病を克服して、今では元気に仕事復帰をされています。

公表することにどんなにか悩み苦しんだか、それを思うと胸が痛みます。しかし、それを無駄にしないように一人でも多くの人がうつ病を克服し、元の元気な生活に戻ってもらえるよう、あえてここでご紹介していきます。



 

意外と知らない
うつ病に悩まされた芸能人とその後

 

武田鉄也さん


芸能界で常に第一線で活躍されている武田鉄也さんは、20年近くうつ病で悩み苦しんだそうです。1991年の「101回目のプロポーズ」頃の42歳から約20年の闘病とのことです。

うつ病は休息をとることも推奨されていますが、多忙な武田さんはそのような事はできず、また家族やスタッフ、メンバーなどにも病気のことを明かさなかったようです。

現在では症状も軽くなり、以前とは違った立場で物事を見、芸能界で変わらず活躍されています。

 

岡村隆史さん


ナインティーナインの岡村隆史さんは、2010年にうつ病を発症したとのことです。一時芸能界から姿を消し休養していたことは記憶に新しいですよね。第一線で活躍されている方が休養を選択したということは、本当に辛い症状だったのでしょう。

何日も眠れないという不眠に悩まされたり、ファンからの求めに対しサインが書けない、ラジオでハガキを読み上げられないなどというような状態だったようです。

周りの人から見てもおかしいと感じる状態だったようで、相方の矢部さんの勧めで休養を選択されたと言われています。その後、約5か月の休養を経て芸能界に復活され、現在も第一線で活躍されています。

 

ユースケ・サンタマリアさん


タレント、俳優などどれも第一線で活躍され、テレビなどにも多く出演されていたユースケ・サンタマリアさんは、32歳から40歳の8年間、うつ病で苦しんだとのことです。

仕事が面白くないと思いはじめ、後に嘔吐や倦怠感などに苦しんだそうです。症状回復のきっかけは、周りの意見に振り回されなくなったこと、振り回されている自分を客観的に見ることができるようになり考え方が変わったことだそうです。

不安なことがあっても前向きに捉えることが大切と教えてくれています。

 

レディー・ガガさん


レディー・ガガさんは世界中から注目されている超有名人で、カリスマ性があり独特のファッションや言動で世界を圧巻しています。しかし、コンサートのステージ上でうつ病の治療薬を服用していることを自ら告白されました。

周りからは羨ましがられたり、強い人間と思われることが多いと考えますが、実はうつ病に苦しんでいたのですね。

うつ病を克服したきっかけを作ったのが、ジャズ界のトニー・ベネットさんと言われています。トニー・ベネットさんとのコラボをきっかけに人間は支えあいながら生きている、一人ではないと感じたそうです。

 

アンジェリーナ・ジョリーさん


アンジェリーナ・ジョリーさんは、生後すぐに母親が俳優である父親と離婚し、その後母子家庭で育ったということです。大きくなるにつれていじめにあうようになり、たばこやドラッグにも手を出したそうです。

うつ病も発症し、自殺行為もあったとされています。その後、孤児を2人引き取り、ご主人のブラッドピットさんとの間に3人のお子さんを儲けました。

今では6人のお子さんのお母さんです。難民救済活動にも積極的に参加されており、本当にたくましく生きておられますよね。

 

いかがでしたか?

うつ病はどんな人でもかかる可能性がある病気です。一般人、芸能人関係なく、脳のエネルギーが欠乏すると誰でもが苦しむのがうつ病なのです。

ただしプレッシャー、人間関係、ストレスなどの大きさ、置かれた環境により、うつ病になりやすいなりづらいということはあるかもしれません。芸能人の皆さんはそのような環境面で見ると、うつ病になりやすい環境に置かれていると言えるのでしょう。

有名人であるが故に、うつ病を公表することに悩み苦しんだことと思われます。しかし、皆さんうつ病を何とか乗り越え、今では第一線でご活躍されています。

万が一あなたがうつ病になっても克服する力は持っています。ご紹介した方々からの勇気ある体験と病気を克服したという事実を知っているのですから。

 

まとめ

意外と知らないうつ病に悩まされた芸能人とその後

・ 武田鉄也さん
・ 岡村隆史さん
・ ユースケ・サンタマリアさん
・ レディー・ガガさん
・ アンジェリーナ・ジョリーさん