ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

咳が長引く時に試してほしいおススメ対処法

咳が長引く時に試してほしいおススメ対処法

咳が出始めてすぐ止まるかと思ったらなかなか止まらず、苦しい思いをしたことはありませんか?長引く咳は意識して止められるものではないので、厄介なものです。

しかし、「咳をする」という行為は私達の身体にとって大切な行動です。とはいえ、長引く咳はそれはまたそれで身体に負担がかかります。こういった時、どのような対応をしていくべきなのか、説明していきます。



 

咳が長引く時に試してほしい
おススメ対処法

 

咳が出る意味


咳は気道に異物が入ろうとした、または入ってしまった時に異物を外に出そうとして起こる反応です。例えば、ご飯等を誤嚥した時、ゴホゴホとムセますよね。

咳をすることで気道に入った異物を押し戻し、正常に戻そうとする訳です。もし、咳をしなかったら、気道に異物がどんどん入り込んで悪さを始めます。

すると身体は不調をきたし、病気にかかってしまうのです。最悪なケースだと死に至ることもあるので、たかが咳と甘くみてはいけません。では、長引く辛い咳を抑える方法はどんなものがあるのでしょうか。

 

加湿器を使用する


咳は空気が乾燥していたり、喉が炎症を起こす、つまり風邪をひいていると出やすくなります。加湿器を置いて湿度を上げ、空気を湿らせるとよいでしょう。

特に夜から明け方にかけて咳が酷くなりがちです。これは自律神経の中の副交感神経が優位となり、リラックス状態になることで気道を狭めてしまうからで、空気を吸っただけで咳が出ることがあります。

乾燥していると更に酷くなるので、60~80%程度の湿度を保ちましょう。「家に加湿器なんてないよ!」という人はマスクをつけるだけでもそれなりの保湿力は期待でき、つけるつけないとでは大きく違ってきます。

 

食生活に「アレ」を取り入れる


切った玉葱を枕元に置いておくと、咳が止まりやすいという不思議な話があります。玉葱に含まれる「硫化アリル」が自律神経に作用し、咳が落ち着くんだとか。

また、大根は咳を止める効果があると言われています。大根には殺菌作用や抗炎症作用があるので、咳や喉の痛みを和らげてくれるのです。逆に摂ってはいけないのが唐辛子やアルコールです。

刺激性のあるこれらの食べ物は喉から水分を奪ってしまい、咳が頻発する要因になります。

 

はちみつを摂る


古くからある民間療法として代表的な食べ物は、はちみつを摂るというものがあります。はちみつに含まれる「フラボノイド」という成分に炎症を鎮め、殺菌する効果があるのです。

そのままでも悪くはありませんが、お湯で割ったり、レモネードなどにしたりして飲むと飲みやすいです。前項で挙げた大根と組み合わせてはちみつ大根にしても食べやすいのでおススメです。

 

それでも咳が止まらない場合は?


一般的に風邪やインフルエンザなどの感染症の咳は長くても2~3週間すれば自然に治まるものです。それが3~4週間続いたら、風邪ではない別の病気を疑いましょう。

喘鳴を伴わない空咳が1カ月続いたら、咳喘息の疑いがあります。女性に多いこの病気は夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが主な特徴です。

咳喘息は風邪ではないので、風邪薬や抗生物質、咳止めはほとんど効果がありません。治療には気管支拡張剤という気管支を拡げて空気の通りを良くする薬を用いたり、吸入・経口タイプのステロイド剤を用います。

症状が治まってくると勝手に自己判断で止めてしまう人がいますが、それは厳禁です。症状が良くなっても再発する恐れが高いため、数ヶ月は続けなければなりません。

咳喘息は喘息の前段階とも言われている病気で放置すると喘息に移行してしまう場合が高いので適切な治療を受け続けなければならないのです。

そのため、日常生活で気をつけなければならないのが、禁煙、禁酒、こまめな掃除です。タバコの煙は気管支にダイレクトにきて咳を増やし、咳喘息の悪化を招きます。

本人が禁煙するのはもちろんのこと、周囲の人の配慮も大切です。アルコールも良くはありません。お酒を飲むとできる「アセトアルデヒド」という物質が気道を狭めて咳を誘発させるからです。

日本人は特にこの物質を分解できる人が少ないため、できるだけ控えた方が賢明です。そして、咳喘息の人にとってハウスダスト、カビ、生き物の毛、花粉などのアレルギー源はできるだけ排除する必要があります。

定期的に布団を干したり、部屋の中を掃除したりしてアレルギーの素となる物を室内に持ち込ませないようにしましょう。

 

いかがだったでしょうか?

「これならやれそう」と思ったものがあればぜひやってみてください。それで咳が止まったのならほっと一安心です。そのまま続けてみてください。

しかし、どれを試しても効かないという場合は、違う病気が隠れている可能性があります。上記に述べた咳喘息やもしかしたら肺炎、肺がんが原因かもしれないので、早急に医者に行くようにしてください。

自分の健康は自分で守らなければなりません。長引く咳に違和感を少しでも感じたら病院へ行くことが大切なのです。

 

まとめ

咳が長引く時に試してほしいおススメ対処法

・ 咳が出る意味
・ 加湿器を使用する
・ 食生活に「アレ」を取り入れる
・ はちみつを摂る
・ それでも咳が止まらない場合は?