ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

辛い咳が長引く夜に、ぐっすり眠れる5つの改善方法

辛い咳が長引く夜に、ぐっすり眠れる5つの改善方法

風邪をひくと咳がひどくて眠れない・・・横になり体が温まったら咳がなかなか止まらなくなる、夜中も自分の咳で目が覚めてしまう・・・など、長引く辛い咳の経験ないですか?

咳をする度に体力も消耗していき食欲もなくなり、ヘトヘトに疲れちゃいますよね。咳止めを飲んでみても、何をしても咳が止まらなく、それが何日も続くと精神的にも参ってしまいます。

では、咳が長引き眠れない時は、一体どうしたらいいのでしょうか?その辛い咳の原因と対処法を今からご説明いたします。



 

辛い咳が長引く夜に、
ぐっすり眠れる5つの改善方法

 

水分を多く摂りましょう


痰が出た後に咳が落ち着いた経験はありませんか?咳は、痰と一緒に菌を体の外に出そうとする為に出ます。なので、痰が出にくいと菌を出そうとして咳が出続けるのです。

気管支や喉が乾燥して水分が不足していると痰が出にくい状態なので、まずは水分を多く摂りましょう。また、部屋が乾燥してると喉や気管支も乾燥してしまうので部屋も加湿する事が非常に大切です。

口を開けて寝てしまったり、埃が咳の原因になるのでマスクをして喉を潤してあげましょう。また、呼吸法を鼻呼吸に意識してかえていくようするといいでしょう。

加湿器がない場合は洗濯物を部屋に干したり、濡れタオルを干すだけで何もしないよりかは幾分かマシになります。

部屋や布団の埃、ダニはアレルゲンとなり咳を酷くする原因になりますし、部屋にカビが生えていると肺炎の原因になるので、部屋の掃除を小まめにしてアレルゲンを減らしていくのが大切です。

 

喉を刺激しない


冷たい飲み物や食べ物、逆に熱すぎる物も喉を刺激して咳が出る原因になります。温かいぐらいの飲み物がちょうどいい温度です。また、ハチミツは咳止めの効果があるので、温かいお湯に溶かして飲んでみましょう。

 

飲み過ぎ食べすぎは咳の原因


横になると咳が出てくるのは、胃液が逆流し、気管支を刺激して咳がでるといいます。飲み過ぎや食べすぎると、消化するために多くの胃酸を必要とします。

また、寝る前の飲食も胃酸が出ている状態なので咳を誘発することになります。消化を活発にする働きは、副交感神経の働きです。副交感神経が働くと気管支も収縮します。

合わせて咳が出やすい状態になってしまいます。寝る2時間前には、何も食べないようにして副交感神経が活発になりすぎないようにしましょう。

 

マスクをして横向きに


昼間は交感神経が働いていて、気管や気道が広がるので咳があまり出ません。しかし、夜になると体を休めようと副交感神経が活発になります。

副交感神経は逆の働きをするので、気道や気管が狭くなり敏感になります。また、仰向けになると、鼻水が喉に流れ込み刺激となって咳がでやすくなります。

また、口を開いて寝てると乾燥するので、咳が出る原因になります。寝るときはマスクを外す人が多いとおもいます。実はマスクをして寝た方が、乾燥を防ぎます。横向きで寝れば、鼻水が喉に流れ込むのも防げるので咳が出にくくなります。

ひどいときは、40度くらいの角度に上半身を起こすと、気管支も広がるので呼吸も楽になります。背中に枕やクッションを当てて身体を起こしましょう。

また、腕の肘の関節の近くに「尺沢」というツボがあります。このツボを刺激すると気管支が広がり咳が鎮まる効果があるようです。一度試してみてください。

 

長引く咳、激しい咳は・・・


今までに挙げた事を全部やっても咳が出て眠れない場合は、その他病気の可能性があります。咳が吐きそうになるまで出る、息が苦しくなるなどの症状があれば、アレルギー性気管支炎や喘息の可能性があります。

この場合は通常の咳止めは効果がありません。抗アレルギー剤、気管支拡張剤などの投与が必要になります。

他にも、百日咳でもその名の通り咳が長く続きます。また、熱が出ない肺炎の場合もあります。普通の内科では、咳止めだけ強いのを出して終わりとうケースが多いようです。

アレルギー科または呼吸器内科の受診をお勧めします。咳の原因を特定して、薬をだしてもらうと咳も落ち着いてきます。

 

以上、辛い咳が長引く夜に、ぐっすり眠れる5つの改善方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

私も経験ありますが、咳が出て眠れない夜はとても長く感じます。あまりにも辛いのでアレルギー科のある病院を受診したら、喘息の軽い症状と診断されました。

吸入と抗アレルギー剤、抗炎症剤と咳止めを処方され内服しだしたら、咳も落ち着き、通院を続けていると咳がでるのが同じ時期というのも分かってきました。

信頼できる医師のいる病院でしたら、同じ病院に通い続けるほうが対策もとりやすくなってきます。咳の辛さは本人しか分からないものがありますので辛いときは、早めに受診しましょう。

 

まとめ

辛い咳が長引く夜に、ぐっすり眠れる5つの改善方法

・ 水分を多く摂りましょう
・ 喉を刺激しない
・ 飲み過ぎ食べすぎは咳の原因
・ マスクをして横向きに
・ 長引く咳、激しい咳は・・・