ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

咳が長引く時にすぐに試して欲しい4つの事

が長引く時にすぐに試して欲しい4つの事

風邪でも引いたかな!咳が止まらない?長引くな?市販薬の風邪薬を飲んでも治らない咳の経験はありませんか?長引く咳には色々な意味があります。もしかしたら重篤な病気のサインかもしれないといいます! 無視すると重い病気が潜んでいる可能性もあります。

咳が止まらない、長引くと言えばすぐに思いだすのが肺炎かもしれませんが、もっと重い病気もあります。咳の次に熱はでていませんか?咳は、体が大変だと言っていることです。重篤になる前に、いろいろと照らし合わせてみましょう。



 

咳が長引く時に
すぐに試して欲しい4つの事

 

咳が出る意味!どんな意味があるの?


咳は口から入り気道に入ってしまった異物を外に出そうとする反応です。気道は、空気以外が入ってはいけない通り道で、例えばごはんなどが気道に入った場合は咳で、ご飯(異物)を咳で外へ排出します。

気道の次にある臓器は、『肺』です。もし、異物が気道をそのまま進んでいくと肺の中の肺腺(はいせん)にたどりつき、肺腺は空気を送り込む官の臓器です。詰まれば息ができなくなります。

人間の臓器は、そんなことがないように口から入った物は食道へ!口からはいった空気は、気道へと別れるように二つの道筋が別れるように便がついています。蓋みたいなものです。食事をしている時こんなことありませんか?喉の違和感や喉がヒリヒリするような感じ。喉の痛み。だれしもこんな症状なら風邪をひたのでは?と思いますよね。

熱が下がったのに、咳が止まらない時!どんなことをすればいいでしょうか?咳がとまらない?すぐにしてほしいのは、マスクです。マスクは、外部から菌が入らないための防御です。それだけでなく、喉や鼻の加湿効果もあると言われます。

インフルエンザなどの菌に感染している唾液をマスクなどで防御し周りに広めない効果があります。逆に、マスクもしないでいる方が、激しい咳き込みやくしゃみが激しいのなら近寄らない方がいいです。

くしゃみや咳などで感染力がある菌が咳やくしゃみがまきちらし壁や手すり、様々な場所に付着してます。 それにご自身がひどいくしゃみで風邪の菌に感染した唾液をまわりにまき散らかさない効果もあります。

もし、周りにこんな方々いて風邪をひいたらその時に飛沫感染した疑いがあるといいます。当たり前ですが、菌は目には見えませんからそこに菌がある!?なんて言われてもわかりません。また、菌にふれるた手は癖で口に手が行くと言われています。

まさかと思い私は実験してみました。意識して口に手をやらない!とがんばりました、だけど友人から「ほらみろ、手が口にいっている」と突っ込まれました。ちょっとしたことでした。鼻のまわりが、むずむずしている時でした。

菌を撒き散らし感染させる行為を、飛沫感染と言います。うつされた!?仕返ししてやる!なんて思わないで、菌を巻き散らさないように咳が出るようであれば、マスクをつけることはエチケットです。

 

咳を甘くみないで!


咳が出ている期間はどのくらいですか?1週間? 2週間? もし3週間も続いているなら医師への受診が必要です。感冒様症状(くしゃみ、発熱、鼻づまりなど風邪の症状)、咳が軽い症状。周囲に同様の疾患の方がいますか?

これらの方が近くにいて症状があるならあなたの咳は感染した可能性が出ています。咳が強い場合は、咳止めの薬を服薬し止まらなければそのまま内科医へ行くかの選択になります。市販薬で対応するならまず薬剤師と相談するようにしてください。

医師でも咳の症状は、わからないことがあります。最初は、咳喘息と診断しレントゲン写真で判断されても治まらず、高熱の症状がでたので患者は病院の救急外来にかけこみ感染症の肺炎と診断されたケースもあります。もちろん入院です。4カ月入院し完治されたと言うケースがあります。

 

痰がでているなら!


あなたは、たばこを吸いますか?職業環境や日常的に、ほこりの中にいることがありますか?日頃、ひんぱんに痰がでる方は喫煙者の方々などに現れることがありますね。考えられる病気が、慢性閉塞性肺疾患という病気が発症する可能性があります。特に多いいのがたばこで発症するケースです。

症状が進むと日頃の生活の中で痰や咳、息切れという症状が慢性的になります。痰を伴う症状は、他にも喘息、気管支拡張症、副鼻腔気管支症候群、慢性の鼻炎などが症状としてあります。症状が、進んでいるとすれば、結核、肺がんなどの重度の病気に肺が感染している可能性があります。

もし、咳が8週間以上続くなら呼吸器内科を受診することをおすすめします。

咳と言えばCOPDという病気を聞いたことありませんか?Chronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)の略です。この病気は、主にたばこを吸う喫煙者が起こす病気ですが、最近は受動喫煙というたばこを吸わない方が喫煙者のそばにいる事でこの病気になったりすることがあります。

咳や痰がでて息苦しいという症状がでます。たばこの吸い過ぎで起きる病気と思われがちですが、この病気はまだまだわからないところがあると言われています。たばこ以外にも大気汚染や遺伝などにより症状がでることもあります。

咳がでるからとなぜ出るかを考える上でご自身の日常を考えて見てもらう事が重要です。

 

暖かい物を飲んでください。


簡単な対象法ですが、喉あめや喉の薬などが市販されていますが、一番は暖かい飲み物も喉の症状を和らげることが一時的にできます。どんな物がいいのかご紹介します。

ホットココア
カカオの苦み成分であるテオブロミンは、血流をよくし冷え性対策にも優れています。
しょうが湯
抗菌作用があります。暖かいしょうが湯の成分で体はあたたまります。血流を良くして冷え性対策が白血球を増やしている免疫力を高める効果が沢山あります。
緑茶
ご存じの通り緑茶はカテキン作用で、消毒の効果があります。

 

以上、咳が長引く時にすぐに試して欲しい4つの事を紹介しましたが、いかがでしたか。

咳は、甘くみないでください。実は今回の記事で私も一時期咳が止まらずにいました。確かに暖かい物や飴などやりましたが治まらず、医師の診察を受けました。医者もわからないなら、わからないと言えば良いのですが、見得で色々な病名を付けてきます。

病名が、感染源がある肺炎でした。4か月も入院で、苦しい検査で嫌な思いです。咳だけしかでないから大丈夫!高齢のご家族がいるかたは気つけて下さい。高齢者の場合は即肺炎で、事によれば死に至ることもあるので、注意して生活されることをお願いします。

 

まとめ

咳が長引く時にすぐに試して欲しい4つの事

・ 咳が出る意味!どんな意味があるの?
・ 咳を甘くみないで!
・ 痰がでているなら!
・ 暖かい物を飲んでください。