ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ニキビの芯が残った時に綺麗に取り除く方法

ニキビの芯が残った時に綺麗に取り除く方法

ニキビはきれいに潰すことが出来れば芯も残らず早く治る事もありますが、爪で潰してしまったり、後から雑菌が入ってしまったりしては、早期治癒どころか悪化をさせてしまいます。

それでも目立つ場所にニキビが出来てしまっては、人の目が気になって外を歩くことも辛く感じる人もいるでしょう。強引にニキビを潰し芯が残ってしまっては余計に目立ってしまいます。

では、ニキビを潰して跡を残さないようにするためには、どうすればいいかをご紹介します。



 

ニキビの芯が残った時に
綺麗に取り除く方法

 

ニキビの成分について


ニキビの芯というのは毛穴が脂や汚れで詰まり、皮脂が体外に出す事が出来ない為に出来てしまいます。その箇所にアクネ菌という菌が加わる事でニキビになってしまいます。

体の中にアクネ菌が入ると白血球が異物が入ってきたと判断し取り除こうとします。その取り除こうとして働いた結果、残ってしまった白血球もニキビの芯となってしまうのです。

潰すタイミングについて


ニキビを潰す(芯を出す)際には、衛生を保った専門の器具を利用して潰すのですが、潰すタイミングというのも後を残さない為には重要です。ニキビには潰しても良いタイミングというものがあります。

ニキビが赤いときは、炎症を起こしている証拠なので潰してはいけません。ニキビを潰しても良いと言われるのは、白ニキビ・黒ニキビのうちです。ニキビには段階があります。

毛穴に皮脂が詰まった状態の「白ニキビ」、詰まった皮脂が参加して黒くなった状態の「黒ニキビ」、炎症を起こしている状態の「赤ニキビ」、毛穴の中で膿がたまって腫れている「黄ニキビ」、シミや凹凸肌になった「ニキビ跡」という段階があり、潰しても良いと言われるのは。初めの打開の白ニキビと黒ニキビの時です。

 

芯を潰してしまうと悪化してしまう時期


芯を取るのに行ってはいけないのは「赤ニキビ」の時期です。この時期は、絶対に触ったり潰したりしてはいけない時期だと言われています。

この時期に、潰してしまい芯を出してしまうと悪化をしてしまう他、ニキビ跡も残りやすくなってしまいます。当然、その先の「黄ニキビ」の段階でも潰して芯を取り出さないようにしなければいけません。

自分のニキビがどの段階のニキビの状態であるのかという事を把握し、芯を取り除くタイミングを間違えないようにしなければいけません。

 

 

ニキビの芯を取り出すのに必要な道具(皮膚科)


皮膚科に行くと、ピンセットのようなもので先がドーナツの様に真ん中に穴が開いている器具を私用します。それを、ニキビに充てて芯を出すというものになります。

この器具は皮膚科の先生が使用するものになるので、皮膚科に行けばすぐにやっていただけますし、この道具があれば自分でもニキビの芯を取り出すことができます。

当然ニキビの芯を出した後は必ず消毒をして、そこの部分を清潔に保ってください。万が一菌が入ってしまった場合、ニキビよりも赤くはれ上がってしまう可能性がありますしひどい場合には傷跡が残る場合もあります。

自分で行う事も出来ますが、皮膚科で行う方がより安全性は高いと言えます。

 

ニキビの芯を取り出すのに必要な道具(自宅)


必要な度具としては、消毒をした面ぼう圧子(コメドプレッシャー)、ピンセット、ニキビ用の軟膏、清潔な綿棒を用意しておきます。

洗顔をして、お風呂で暖まり毛穴を開かせておきます。清潔なタオルで水分を取ります。肌がさめてきて、乾燥してきた状態で行ってください。
※プレッシャーの穴がニキビの中心に来るように押し当てて、軽めに押します。約5秒程度押したら押す力を緩めてということを数回繰り返し、ニキビの芯が出てきたところをピンセットで抜きます。

ニキビ用の軟膏を綿棒でつけて、最後にはスキンケアを欠かさないようにします。

 

芯を出した後のケアについて


「白ニキビ」や「黒ニキビ」の芯は出しても良いと言われてますが、きちんとした方法で取り出すことはとても重要です。しかし、取り出した後のケアをしっかりと行わずに怠ってしまうと、菌が入ってしまい炎症を起こしてしまうために、逆に悪化をさせてしまいます。

また、それが原因で繰り返しニキビができやすくなってしまう可能性があります。「白ニキビ」や「黒ニキビ」の芯を出したとは、消毒と毛穴の引き締めという事が重要になります。

ニキビの芯を取った後は、雑菌が入らないようにする事や、メイクの仕儀というのも気を付けなければいけません。取り除いた後に丁寧なスキンケアをする事が、再発防止にもつながります。

 

いかがでしたか?

ニキビが出来てしまった場合には、正しい方法で取り除き早くきれいに回復を指せるように努めますが、一番良いのはニキビが出来ないように、皮脂がつまらない柔らかく弾力性のある肌を保つ事です。

規則正しい生活習慣を心がけることや、栄養バランスを考えた食生活、正しいスキンケアを行い、ニキビが出来ない肌作りをする事です。

 

まとめ

ニキビの芯が残った時に綺麗に取り除く方法

・ ニキビの成分について
・ 潰すタイミングについて
・ 芯を潰してしまうと悪化してしまう時期
・ ニキビの芯を取り出すのに必要な道具(皮膚科)
・ ニキビの芯を取り出すのに必要な道具(自宅)
・ 芯を出した後のケアについて