ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

便秘の腹痛で悩んだら必ず試してほしい5つの事

by ヘルスケアファクトリー

便秘の腹痛で悩んだら必ず試してほしい5つの事

便秘に悩んでいる人は多いでしょう。女性に多いというイメージですが、年齢が上がるほど男性にも増えていきます。排便の回数が減る、排便が困難になる…というのが便秘の主な悩みですが、腹痛が起こることも珍しくありません。

これは、便秘で腸の出口がふさがれたことによってガスがたまりやすくなり、他の臓器を圧迫するためです。ただでさえ便秘という悩みがあるのに、腹痛までおこってしまっては仕事や 勉強・運動にも身が入らなくなってしまいます。

ですが、たまっているガスを出したり、腸の動きを活性化させたりすることで便秘の腹痛は解消出来ます。長年の悩みである便秘そのものとお別れできる可能性もありますので、ぜひ以下にご紹介する方法を試してみてください。



 

便秘の腹痛で悩んだら
必ず試してほしい5つの事

 

「の」の字マッサージ


マッサージで腸の動きを活性化し、ガスを排出できるように手助けをします。やり方は、まず床に仰向けに寝て、膝を立てます。おへそを中心にひらがなの「の」の字を書くように、手のひらでお腹をマッサージします。

このとき強く力を入れたり、こするようにしたりする必要はありませんが、腸をなぞるように意識するのがコツです。息を止めたりせずにリラックスして行いましょう。マッサージを行う時間は、腸の動きが活性化する起床後がお勧めです。

お腹全体がじんわりと温まるまで、1分程度を目安に行ってみてください。

 

腹式呼吸で内側からマッサージ


体の外側からマッサージをしたら、今度は内側からもマッサージします。腹式呼吸をゆっくり行うことで、腸をはじめとする内臓をマッサージすることが出来るのです。姿勢を正して椅子に座りお腹に手を当てたら、ゆっくりと鼻から息を吸います。

この時に空気を肺ではなくて、お腹のほうにためるようなイメージを持ちながら、お腹を膨らませたりへこませたりします。呼吸は「細く、長く」を意識すると上手く腹式呼吸が出来ると思います。

腹式呼吸が出来ているかよくわからない人や、より効果を実感したい人は、床に仰向けに寝た状態で行ってみてください。呼吸に合わせてお腹の前側だけでなく、背中側も動くのが感じられるはずです。

 

ヨガの「ガス抜きのポーズ」


ヨガに「ガス抜きのポーズ」というものがあります。ヨガのクラスに参加すると、後半に行うことが多いポーズで、その名の通り腸に溜まったガスを抜くポーズです。ヨガのインストラクターによっては、このポーズの時に「我慢せずにおならをしても良いですよ」と言うくらい、すぐに体からの反応があるポーズなのです。

ポーズ自体はとても簡単、まず仰向けになって両膝を抱えます。腹式呼吸を意識しながら息を吸ったり吐いたりして、下腹部が太ももに当たるのを感じましょう。呼吸5回程度が目安ですので、短時間でも行えます。

余裕がある場合は、腹筋を使って頭を持ち上げ、額と膝がしらを近づけていきます。体の内側・外側から腸を同時にマッサージし、腹筋にも刺激が入るというまさに最強のポーズなのです。もし、両膝を抱えるのが難しいという人は左右片方ずつ行ってみてください。

 

起きたらまず水分を取る


便秘の解消には水を飲むことが大切です。水分が足りないと消化液も不足してしまうので、水分部不足は便秘につながるのです。効果的な水分の取り方は、起きてすぐの腸の動きが活発な時間にコップ一杯程度の水分を取ることです。

冷たい水ですと腸が冷えて動きが悪くなってしまい、腹痛が悪化することもあるので白湯を飲むことがお勧めです。湯冷ましでも良いですが、面倒な時は水を電子レンジで30秒くらい加熱すると手軽に用意できるでしょう。

朝の白湯は代謝を促進するので、便秘の解消だけにとどまらず全身のデトックスや美肌効果も期待できます。

 

腰を温める


腸の動きを活発にするには温めることが良いとご紹介しました。マッサージや入浴、腹巻をして温めることも良いですが、ぜひ試してほしいのが「腰を温める」ことです。これは、脂肪のあるお腹側よりも、背中側から温めた方が腸に熱が伝わりやすいためです。

冷え性で冬にカイロを使う人は、背中側に張ってみてください。お勧めなのが、蒸しタオルで腰回りを温めることです。電子レンジで1分ほど加熱した蒸しタオルを、うつ伏せになった腰に置きます。

このとき、厚手のバスタオルや毛布などをかぶって体全体が冷えないようにします。時間は10分前後、タオルの温度が持続するまでで良いでしょう。これも起床後に行うと効果的です。腸は毎日同じ時間でリズムを作るので、毎日時間を決めて腸の活性化を試していれば、排便のリズムも整ってくるでしょう。

 

以上、便秘の腹痛で悩んだら必ず試してほしい5つの事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

主に便秘の腹痛への対処法をご紹介してきました。腸を活性化してガスを抜くという対処法を続けているうちに、便意を感じてくることもあるかと思いますので、その機会を逃さずに便秘の解消にもつなげていってみてください。

便秘そのものの解消には、このほかにも規則正しい生活リズムや食生活の改善が挙げられます。食物繊維などを含む便秘解消につながる食材を毎日しっかり食べて、便秘に悩まない生活を手に入れましょう。

 

まとめ

便秘の腹痛で悩んだら必ず試してほしい5つの事

・ 「の」の字マッサージ
・ 腹式呼吸で内側からマッサージ
・ ヨガの「ガス抜きのポーズ」
・ 起きたらまず水分を取る
・ 腰を温める