ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事

風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事

急に寒くなったり、忙しくてなかなか休めないと、カラダの免疫力が落ちて風邪を引きやすくなります。風邪を引いたら、風邪薬を飲むかお医者さんに行けばいいし予防なんて面倒くさくてできない、という方も多いはず。

でも、毎日食べる食事にも風邪を予防する食べ物があるって知っていますか?”医食同源”といって、食べることも医療も同じような意味を持ち、食べることがどれだけ重要かということがわかります。

普段の食事から風邪の予防ができるなら、気をはらずに取り組めますよね。



 

風邪を予防できる食べ物って?
覚えておきたい5つの事

 

どうして風邪を引くのか


風邪は、様々なウイルスによってカラダの中で悪さをする病気です。普段から、これらのウイルスはカラダの中に入ってきたりしますが、このウイルスをやっつけるのが免疫です。

この免疫も完璧にウイルスを退治することができません。睡眠不足や寒暖差によるストレス・大量にウイルスに曝露されるなど、免疫力が落ちた時に一気に暴れだし、悪さをします。

しかし、悪さをしてもそれに反応して、カラダの中からウイルスを追い出そうと熱を出してウイルスを退治しようとしたり、鼻水やくしゃみでカラダの中からウイルスを排出しようとします。これが、風邪の症状となって現われてきます。

 

風邪に似た病気


インフルエンザは、普通の風邪に比べて突然の発熱があり、38~40°近い高熱が出ます。全身の倦怠感や関節や筋肉の痛みもすぐに出てきます。

普通の風邪ならば、症状は比較的緩やかに進行していきます。突然の高い発熱があればインフルエンザを疑いすぐ、お医者さんにかかるがよいでしょう。

麻疹は、小児に多い病気ですが小さいころに受けた予防接種の効果が切れて大人の方でもかかります。初期の症状は、普通の風邪と同じように咳や鼻水・発熱などから始まり、いったん熱が下がりますが、その後再び高熱とともに発疹が全身に出てきます。

また、口の中に、コプリック斑といわれる、白いぶつぶつが出てきます。感染力が強いので、流行する春先から夏ごろには注意が必要です。

そのほかにも、咳が長く続けば百日咳を疑う必要があります。それ以外にも、様々な病気が潜んでいる可能性があります。風邪が長引いたり、市販薬を飲んでも症状が改善されないなど、少しでもおかしいと思ったら早めの受診をしたほうがよいでしょう。

 

風邪の予防に必要なビタミンやミネラル


風邪の予防に必要なビタミンは次の通りです。

・ビタミンC:抵抗力を高め、風邪やその他の菌などから守ります。
・ビタミンA:粘膜を保護する作用があり、のどや鼻を守ります。
・ビタミンB1:糖質の代謝にかかわり、体が必要なエネルギーを作ります。
・タンパク質:基礎代謝を上げ、熱産生能力が高まることで免疫力を上げます。
・亜鉛:疲労回復や、新陳代謝をあげ抵抗力を高めます。

以上が摂っておきたいミネラル・ビタミンです。風邪の予防には、普段の食事に意識して取り入れていきたビタミンです。

 

風邪の予防に普段から摂りたい食べ物


普段の食事では、ビタミンでは人参やジャガイモ、柑橘類など身近な野菜をしっかり摂取することがいいです。また、冬の根菜には体を温める効果があり、生姜やゴボウ・カボチャやネギなどあります。

牡蠣は亜鉛をタウリンなど多くの栄養素を含み、冬場が旬の食材です。お鍋にすると、他の野菜も一緒にとれてる上、体も温まりとっても栄養豊富な食事になります。

また、乳酸菌をとることで、善玉菌を増やし悪玉菌が増えて免疫力が落ちてしまうのを防ぎます。腸内環境を整えることは、免疫力上げる打けでなく、体の健康維持にも重要な役割を担っています。

 

風邪になってしまったら摂りたいもの


風邪を引いてしまったら、消化が良く吸収の良い食べ物がいいです。おかゆは、消化がよく糖質も取れて体のエネルギー補給になります。また体も温まり、生姜や梅干を入れると胃腸の調子も整えてくれます。

胃腸の調子が戻ってきたら、卵やネギ・鶏肉などを入れて雑炊にして徐々に栄養素を取り入れていきます。葛湯は、体を温め胃腸能調子を整えます。

また免疫力も上げてくれるます。食欲がなくて、食べれない時などに、とろみのある葛湯やゼリーなど胃腸に負担の少ないものなら食べやすいです。

食物繊維の多い食べ物は、消化が悪く胃腸に負担がかかってしまうので、下痢や吐き気がある際は避けたほうがいいです。

 

以上、風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

風邪の季節には、かかってしまう前にしっかり予防してひかない様にするのが一番です。それには睡眠をしっかりとって、栄養バランスを考えた食事が一番です。

新鮮な野菜や魚・肉には、豊富なミネラルが含まれており、自然のお薬とも言えます。毎日の食事に、少し手を食われるだけで風邪の予防にいい食事に代わります。

風邪の予防にいいからと、偏った食事をしていては意味がありません。旬の食材には、栄養素が多く含まれているので、食材の旬を知ることで効率的に栄養満点の食事になります。

だからといって、食べ過ぎて肥満にならないように注意しましょうね(笑)

 

まとめ

風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事

・ どうして風邪を引くのか
・ 風邪に似た病気
・ 風邪の予防に必要なビタミンやミネラル
・ 風邪の予防に普段から摂りたい食べ物
・ 風邪になってしまったら摂りたいもの