ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

尾てい骨を打撲!!座る事がツライ時に行う7つの対処法

尾てい骨を打撲!!座る事がツライ時に行う7つの対処法ちょっとした油断で転んでしまい、尾てい骨を強打なんて事になったら想像しただけでお尻がキュっとなりますよね。

お尻は脂肪が多いから痛みが少ないだろうなんて思っていても、そんなにお尻は強靱ではありません。お尻だって何処かにぶつければ立派な打撲になります。

特に打ち所が悪ければ尾てい骨にまで響く痛みがずっと続くなんて事もあります。ひどい時には座る体勢を取っただけで激痛が走るなんて事もあり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

そんな尾てい骨を打撲した後も痛みが中々引かない時に、少しでも和らぐ方法をいくつかピックアップしていきましょう。



 

尾てい骨を打撲!!
座る事がツライ時に行う7つの対処法

 

椅子の座り方が原因


疲れたときにちょっと一息と腰掛ける程度なら問題ないかもしれませんがデスクワークで長時間座りっぱなしの人や病院などの待ち時間が長く長時間座って待っている人などは注意が必要かもしれません。

座る姿勢が悪いと体重が分散されず尾てい骨に負担が掛かってしまいます。

椅子に座る時机に肘をついたり足を組んだりしていませんか。また浅く座って腰が曲がっていませんか。ドキッとした人は要注意です。

正しく椅子に座るだけで長時間座って居ても疲れにくくなり集中力もアップしますよ。正しい座り方は椅子に深く座り背筋を伸ばすのが基本なのでぜひトライしてみて下さい。

 

柔らか過ぎるソファは危険


家でくつろぐ際フカフカのソファに座ってテレビを見ていませんか。柔らかいソファは姿勢が安定せず腰やお尻に相当な負担が掛かっています。

負担が掛かり続けるとそれが常態化してしまって脊椎の変形や尾てい骨周囲の炎症など様々な悪影響がでてきます。その結果転んだ訳でもないのに痛みが走るなどの症状も出てしまいます。

柔らかいソファだからといって姿勢まで崩さないように座って下さいね。

 

ストレス解消してますか


ストレスや不安は誰でも少なからず抱えているものです。ストレスや不安は筋肉の緊張や弛緩に影響を与えそのバランスを崩してしまう事があるのです。

ストレスの発散がうまくできず不安も解消されない状態が続くと緊張状態が続き多くの人が感じる肩や首をはじめ腰や尾てい骨周囲にも痛みがでる事があります。

リラックスできる状態を作れるよう上手にストレスと付き合えるような環境づくりも大切ですよ。

 

半身浴でリラックス


肩までゆったりお風呂に浸かるのも最高に気持ちがよいものですが筋肉の緊張をほぐすのには半身浴をおすすめします。全身がお風呂に浸かっている場合より長くお風呂に浸かれて血行促進や新陳代謝がそれだけ長く持続できます。

それにより全身の滞っていた血液が循環する事でデトックス効果もあり筋肉がほぐれ無理に負荷の掛かってしまっていた体のバランスが改善されます。

だからと言って自分の体力以上に無理してお風呂に浸かるのは脱水症や貧血を招いてしまうのでやめて下さいね。

 

ストレッチの効果


ストレッチと聞くと運動の前にケガを予防する目的にするものだと思っていますよね。正解です。でもストレッチは体のバランスを整える事はもちろん普段使わない筋肉に刺激を与えられる効果もあるんです。

いざストレッチをはじめようとわざわざ本などは買わなくて大丈夫です。みなさん小さい頃に1度はやった事のあるラジオ体操で十分効果があるんです。

部屋でやれば誰も見ていませんし習わなくても体が覚えているのでお金も掛からないんです。ラジオ体操をやる事で全身の血行がよくなり筋肉や関節にもまんべんなく血液が行き渡り体が軽くなります。

 

体にあった布団を使ってますか


体と脳の疲れをスッキリさせるのに欠かせない睡眠。朝起きると尾てい骨付近が痛い事はありませんか。

先天的な奇形や外傷などによって尾てい骨が変形していたり痩せすぎていてお尻の筋肉が少ない人はお布団を見直してみるとよいかもしれません。

体が沈みこむのが嫌で固すぎる布団を使っていたりちょっとうたた寝をしてしまって気がつけば朝だったなんて事を繰り返している人は要注意です。

体全体の体圧を適切に分散してくれる商品がたくさん出ているので自分に合ったお布団を探して見て下さい。

 

痛くない所をとにかく動かす


痛みが出ない範囲で動かせる筋肉や関節をとにかく動かしてみて下さい。痛みが怖くて寝た状態が続いていたりあまり動かないようにしていると血流やリンパ液の流れが滞り逆に自然治癒力が衰えてしまいます。

重要なのは痛みが出ない範囲でやる事で痛くても少しだからとやってしまうのは絶対にやめて下さい。

痛くない何処かを動かす事で体が温かくなってくるのを感じると思います。そうなれば筋肉の凝りがほぐれ体の可動域が広がっていくので自然と体のバランスも改善されていきます。急がずに少しずつでも実践してみて下さい。

 

いかがでしたか?

痛みは本人以外になかなか伝わらないものです。誰だって痛くなりたくてなってる訳ではないのに周りいになかなか理解してもらえない事も多いと思います。

少しでも痛みが和らいで日常生活が楽に過ごせるようになるといいですね。

 

まとめ

尾てい骨を打撲!!座る事がツライ時に行う7つの対処法

・ 椅子の座り方が原因
・ 柔らか過ぎるソファは危険
・ ストレス解消してますか
・ 半身浴でリラックス
・ ストレッチの効果
・ 体にあった布団を使ってますか
・ 痛くない所をとにかく動かす