ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ジンジン痛いしもやけの治し方とオススメ対策

ジンジン痛いしもやけの治し方とオススメ対策

手足がかじかむ寒い季節。日常の生活をしていても油断をすると、いつの間にか手足の指先が痛かゆくなったり、ひどい時はそのまましもやけとなってしまう方もいらっしゃいます。

このしもやけは、かゆみや痛みを伴うのが一般的な症状で、各地方や状況、または人からの伝聞でその治し方は様々です。

今回はそんな『しもやけ』への対策と、しもやけになってしまった場合のご自身で出来る対処法や治し方をご紹介させていたします。



 

ジンジン痛いしもやけの
治し方とオススメ対策

 

どうしてしもやけになるの?


しもやけの原因は、皮膚表面からの冷えによる血行不良にあります。とくに静脈と動脈の収縮の違いにより皮下組織に炎症がおきるからとされています。その時にむくみや腫れを引き起こしたりもします。

こうなる事を防ぐのが初期の対策ですが、外出先などでは事情によりこれらの対策が思うように行かない場合もあります。まずは初歩的な事ですが外出時などでは特に手足の指先や、鼻や耳などの末端部に気をつけマフラーや手袋、イヤーウォーマー等で冷え切ってしまわないようにしましょう。

 

初期のしもやけ対策には、とにかく血行の促進が大切


しもやけの原因は冷えた状況での血行不良でありますので、必要以上に体を締め付けるような衣服は血行を阻害するので良くありません。

同じような理由から、靴ひもに関しても締めすぎは注意しなければいけません。履物のサイズがきつすぎる事も良くないでしょう。冬場に屋外で行うスポーツなどは特に注意が必要です。

冷え性がひどい時には靴下の中などに唐辛子を入れる事も体を温める効果が期待できます。また慢性的な冷え性のかたには、血流の働きを助けるビタミンEを取るようにする事も効果があるといわれています。

ビタミンEは主にかぼちゃ、ナッツ類、うなぎ等に含まれています。冷えた時に直ぐに出来る事は、患部を充分に動かして血行を促すことが良いでしょう。冷えた体で帰宅した時などは、暖かいお風呂でゆっくりと血行の回復を行うのも良いでしょう。

 

しもやけの初期段階はどのような状態になるのか?


冷えすぎにより体の末端部で、感覚が鈍くなってしまっているところがあれば、すでにしもやけの初期症状が現れているものと考えて良いでしょう。このまま放置してしまうと、凍傷になりかねない状況です。

そんな時は、外気の当たらないところに入るか、暖房器具で暖めて感覚が戻るのを待ちましょう。

このとき手足などが麻痺をしている場合、暖房器具に近づけ過ぎると感覚が分からず、やけどしてしまう恐れもあるため様子を見ながら適切な距離を保つようにしましょう。

 

屋外でもできる、しもやけ対策は?


屋外で体を激しく使った運動等をすると、体が温まっているので指先などの末端が冷え切っている事に気が付かず、そのまましもやけになってしまうケースもあります。

指先の感覚が鈍くなってきている事に気が付いたら、指を開いたり閉じたりして速やかな血行の回復に努めましょう。

鼻や耳なども、包むように暖めて感覚が戻るまで続けます。また汗をかいたり、雪が入り込んでいたりすると、体温を急激に奪う原因になります。手袋や靴下は勿論、水分を含んでしまった衣服は速やかに着替える等、体を冷やさない工夫をするようにしましょう。

 

腫れや変色が症状に出ている場合の治し方


しもやけの治し方としては、運動により血流を回復するのが一番簡単な方法ですが、患部に腫れや紫色に変色しているような場合は、40度くらいのお湯に浸してマッサージしてあげるようにしましょう。

軽度の進行であれば血行が良くなってくると共に、徐々に色も回復して来ます。この際お湯と冷水を1分くらいずつ交互につけますと、効果が高くなります。

マッサージが終わった後は乾燥しますので、軟膏やハンドクリーム等を使用すれば、皮膚表面も保湿され症状が改善していきますが、腫れや変色が収まらないようであれば、症状はかなり進行していると思われますので、お医者様へ見てもらうのが良いでしょう。

 

しもやけに併せて表れる症状の治し方


しもやけは、血行不良が原因のひとつとされています。そしてかゆみや痛みが症状として出てくることが多く、また、しもやけによる血行不良は、皮膚に対しても血液の循環を阻害して、肌荒れの症状としても出る事があるようです。

特にかゆみが強い時は、かいてしまうと皮膚を掻き壊してしまう恐れもあるため早めに対策を取るほうがよいです。

この場合、市販の軟膏や保護をするクリーム等を塗ると良いでしょう。ビタミンE配合のものやステロイド系の外用薬が効果があるといわれています。いずれにしても、薬品を使用する場合はご自身のアレルギーや副作用等に充分注意をして使用するようにしましょう。

患部の血行が回復した後でも、この様な皮膚表面の症状が治まらない場合は、早めにお医者様に見てもらうとよいでしょう。

 

しもやけには湿布薬も効果的


意外なところでは、筋肉痛などに使う湿布薬です。血行を促進し、血液の循環を良くする作用があるために、しもやけに対しての効能があるとの事です。市販されているものの中には効能に「しもやけ」と記載されているものがあります。

購入の際にはこの効能が書かれているタイプを選んでください。また、湿布薬にもアレルギーや皮膚炎を、引き起こしてしまう体質の方もいらっしゃいますので、必ず注意書きやアレルギー情報をご確認された上で使用してください。

かぶれ等が出てきた場合にはいったん使用を中止して、別の対処法を試してみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか?

今回はしもやけについての予防と対策、治し方についてご紹介させていただきましたが、しもやけは大人も子供もなる可能性があります。

しもやけの初期の段階でこれらの対策を上手に取りいれて、症状が軽いうちに改善する事をおすすめします。なかにはしもやけが進行して重症化してしまったり、皮膚を掻き壊して感染症になってしまうこともあるようですので注意しましょう。

やはり、あまりにもひどいと思われる症状の場合は皮膚科の先生に見てもらうのが良いでしょう。

 

まとめ

ジンジン痛いしもやけの治し方とオススメ対策

・ どうしてしもやけになるの?
・ 初期のしもやけ対策には、とにかく血行の促進が大切
・ しもやけの初期段階はどのような状態になるのか?
・ 屋外でもできる、しもやけ対策は?
・ 腫れや変色が症状に出ている場合の治し方
・ しもやけに併せて表れる症状の治し方
・ しもやけには湿布薬も効果的