ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

口内炎をいち早く治す最も効果的な治療方法

by HC_factory

口内炎をいち早く治す最も効果的な治療方法

誰でも経験する口内炎は小さい炎症なのに、強烈な存在感と強い痛みを感じとても不快ですね。お腹が空いていても痛みのあまり食事もままならない事もあります。

また口の中の炎症なので常に気になって舌先で触ったりしてしまいなかなか治りません。

口内炎は一週間~二週間程度で自然に治りますが、市販薬をつけてもすぐ取れてしまったり取れやすい事から薬を諦めてしまったりする人もいるかと思います。

また、口内炎程度だと思い病院に行く人は恐らく少ないのではないでしょうか?自力で口内炎を早く治す方法は意外にもシンプルです。

予防にもなる治療方法ですし、低コストで行えるので、是非お試しください。
(さらに…)

亜脱臼で肩に癖をつけない為に行うべき5つの事

by HC_factory

亜脱臼で肩に癖をつけない為に行うべき5つの事

肩の亜脱臼を知っていますか?そもそも、脱臼と亜脱臼って何が違うんでしょう?脱臼といえば、”顎が外れた””肩が外れた”と、いう経験をされた方もいらっしゃると思います。

骨と骨との繋ぎ目である関節が正常の位置から完全にズレていまい、元の位置に戻らない状態で動かそうとしても動かず一定の角度や位置で固定されてしまいます。

肩は肩甲骨と上腕骨とで関節を形成していて、上腕骨の関節面で球状をしていて、それを肩甲骨がお皿のような形をして受けています。ちょうどお皿の上を三倍ほどあるボールがコロコロ動いている状態です。

このボールが完全にお皿からこぼれてしまうのが、脱臼で完全には落ちないで、筋肉や靭帯・関節包などに支えられて不完全にズレて、また元の位置にすぐ戻るものを亜脱臼といいます。

亜脱臼は、外傷などの後天的に起こるものと先天的に関節の形が不完全などで起こるものとがあり、習慣的や反復しやすく癖になりやすいものです。

ルーズショルダー(動揺肩)といわれるものも肩の亜脱臼になります。ここでは、ルーズショルダーに代表される肩の亜脱臼に関して、何度も亜脱臼を起さないよう行うべきこと5つを紹介していきたいと思います。
(さらに…)

耳たぶのしこりは何が原因?謎を解き明かす5つの答え

by HC_factory

耳たぶのしこりは何が原因?謎を解き明かす5つの答え

ふと耳たぶを触ったら、なんかコリコリしたしこりのようなものが…!いじらない方がいいんだろうけど、気になってどうしても触っちゃう!こんな経験をされたことはありませんか?特にピアスを着けている女性に多いのではないかと思います。

実は私も2年に1回くらい耳たぶにしこりが出来てはほうっておくといつの間にか治ってるっていうのを何度もくり返しています。

今回、また耳たぶにしこりが出来てしまったので、いったいコイツは何者なんだと思い、調べてみました!すると意外!ほうっておいていいものもあれば、病気が隠れていることもあったり、がんの可能性もあるとか…。

私みたいにしこりを繰り返すのにも、ちゃんと理由がありました!病気が隠れているとか、がんの可能性とか、ちょっとこわいですね。あなたのその耳たぶのしこりは大丈夫ですか?

今回は耳たぶにしこりが出来る原因について、5つご紹介します!
(さらに…)

お家でできるストレートネックの治し方と対策

by HC_factory

お家でできるストレートネックの治し方と対策

「ストレートネック」という言葉をご存知ですか。簡単に言うと、首の骨がまっすぐな状態のことを言います。これは正常な状態ではなく、悪い状態なのです。正常な状態とは首の骨が少し前カーブになっている状態です。

この前カーブがとても大切で、これにより重い頭を支えることができ、衝撃から守り衝撃を吸収してくれるのです。ストレートネックになると、体の様々なところに不調が現れます。

頭痛や肩こり、めまい、吐き気、首や全身の痛み、手のしびれ、精神不安定などです。これらの症状のうち1つでも思い当たる方は、ストレートネックを疑って下さい。ストレートネックは、特にスマホやパソコン使用時の姿勢が原因と言われています。

大人に多いストレートネックですが、最近は子供にも多いことを考えると現代の生活の中に原因があると考えてもいいのではないでしょうか。ここではそんな現代病のストレートネックの治し方と対策をご紹介します。

お家でできる簡単なものですので、是非実践してみてください。
(さらに…)

背中の痛みは場所で原因が変わります!それぞれの対処方法

by HC_factory

背中の痛みは場所で原因が変わります!それぞれの対処方法

背中の痛みで悩んでいる方はいませんか。背中の痛みのほとんどが長時間同じ作業を続けていた、無理な運動や無理な姿勢が原因で背中に負担がかかったという筋肉疲労が考えられます。

まずは、体の筋肉をほぐし、ゆっくりと深呼吸をして体をリラックスさせましょう。背中のコリをほぐす為に軽い運動もいいですね。血行をよくしてコリをほぐすために、お風呂にゆっくりつかることもいいでしょう。

日常の生活で背中に負担がかかることはないかを考え改善することも大切です。その他、背中の痛みの場所によっては大きな病気が隠れていることもあります。これは背中だけでなくそれ以外の箇所にも痛みが生じたり、吐き気や痺れなどが生じることもありますのでまずは医師の診察を受けてください。

ここでは、背中の痛みの場所によって原因が変わるということとその対処法を説明していきます。緊急を要する場合もありますので、いざという時でも慌てず行動できるよう参考にしてください。

5つの背中の痛みを説明していきます。
(さらに…)

急に背中が痛みだしたら要注意!様々な原因と対処法

by HC_factory

急に背中が痛みだしたら要注意!様々な原因と対処法

背中が痛くてつらい!という方はいませんか。普段と同じ生活をしているのに急に背中が痛くなった、思い当たることがないのに背中が痛い、という方は珍しくありません。背中の痛みは、痛みの大きさや頻度、その他の症状などによって原因が異なると考えられ、それほど心配しなくてもいい痛みからすぐに病院へかかる必要のある痛みがあります。

まずは、自分の背中の痛みを分析してみましょう。痛みはいつから、どのような痛みなのか、背中以外に体の変化は見られないかなど。ここでは急に背中が痛みだすと考えられる原因を5つご紹介します。自分の痛みが当てはまるかどうか、原因と対処法を参考にして下さい。

また緊急を要する痛みと考えられる場合は躊躇せずにすぐに病院へ行ってください。
(さらに…)

喉に違和感を感じたら!症状ごとの正しい対処法

by HC_factory

喉に違和感を感じたら!症状ごとの正しい対処法

喉に違和感を感じたことが無いという人はあまりいないのではないかと思うくらいにほとんどの人が一度は経験したことがある症状ではないでしょうか。ですが、一つに喉の違和感といっても詳しくみてみるといろいろな症状があります。

また喉の違和感を感じても大抵の人は軽い風邪の症状と思い込んでそのままにして様子を見る事が多いのではないでしょうか。実は喉の違和感は風邪の初期症状のほかにもさまざまな事が原因で引き起こされているのです。

では、喉の違和感をどのようにしたら正しく対処できるのでしょうか。今回は喉の違和感の症状別の正しい対処法について説明します。
(さらに…)

様々な水ぶくれの原因毎に正しく処置して治す方法

by HC_factory

様々な水ぶくれの原因毎に正しく処置して治す方法

靴擦れややけどをすると水ぶくれが出来ますよね。そういう水ぶくれが起きるとどうしてもそれをつぶしたくなります。ですが、原因によっては処置をする方法がそれぞれ違うのです。

靴擦れなどの生活に支障がきたす部分の水ぶくれは痛みが常に伴うので辛く、また、やけどの水ぶくれの場合は処置の方法を間違えてしまい、やけどの跡を残すような事になっては、やけどの肌を出して人前に出るのも嫌になります。

では、いろんな原因で起こる水ぶくれはどのようにして処置をして治していくと良いのでしょうか。今回はその方法について説明します。
(さらに…)

突き指を正しい処置で一日でも早く完治させる方法

by HC_factory

突き指を正しい処置で一日でも早く完治させる方法

激しいスポーツや、球技などをしているときに起きてしまう不慮のケガのひとつに「突き指」があります。スポーツをされる大勢の方が一度以上は経験しているのではないでしょうか?

突き指は症状が軽く見えても、対処の仕方で治り方に大きく差が出てしまう場合があります。そのためにやはり迅速かつ適切な処置が必要であると考えられています。

今回はつき指をしてしまった時、その応急手当の方法と、少しでも早く完治させる方法をご紹介します。
(さらに…)

肩こりが全く解消しない人はすぐ病院に通うべき7つの事

by HC_factory

肩こりが全く解消しない人はすぐ病院に通うべき7つの事

肩こりが続いて仕事にならない、家事をするにも支障が出て毎日苦痛に耐えながら生活している人も多いのではないでしょうか。マッサージをしてもらった直後は楽になりますが、数日するとまたコリが酷くなり、何とかだましだまし生活している人もいるでしょう。

ですが、その肩こりの中にも意外な病気が隠れている可能性があり、全く解消しない人はすぐ病院に通わなければならない場合もあります。

では、肩こりで病院へ行かなければならないとはどのような事なのでしょうか。また、肩こりで考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか。今回はそれを説明します。
(さらに…)