ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

日焼けしすぎの皮むけ対策!!絶対行うべき8つの事

by HC_factory

日焼けしすぎの皮むけ対策!!絶対行うべき8つの事

正しい日焼け後の対策を知っていますか。日焼けをしすぎると炎症が起き皮むけがおこってしまいます。日焼けをしすぎない事が一番大切ですが、しすぎてしまっても慌てないために正しい処置の方法を理解しましょう。

ここでは日焼けの症状と日焼けをしすぎた後の対策を8つご紹介します。
(さらに…)

日焼け後の皮むけをきちんとケアして美肌を保つ方法

by HC_factory

日焼け後の皮むけをきちんとケアして美肌を保つ方法

海の海水浴やレジャーでの日焼けはもちろんのこと仕事中に運転をしたり外出する機会の多い会社員の方は日焼け後の皮むけをした経験がある人もいるのではないでしょうか。

夏はもちろんのこと、雪が多い地方では雪が太陽の照り返しを受けて、雪かきをしているうちに顔が日焼けをして、皮むけを起す人もいます。日焼け後の皮むけは気になり、どうしても皮をむきたくなります。ですが、日焼け後の皮むけは自分でむいて良いのかが心配になりますよね。

日焼けをしてしまったのだから、今更肌のケアをしてももう遅いのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。ですが、日焼け後の皮むけもきちんとケアをしておくと美肌を保つことは可能なのです。

では、日焼け後の皮むけをどのようにケアしていくと良いのでしょうか。今回はその方法について説明します。
(さらに…)

やけどを跡にしない為に!!正しい処置とスキンケア

by HC_factory

やけどを跡にしない為に!!正しい処置とスキンケア

ほんの一瞬のちょっとしたことで、やけ どをしてしまったということはありませんか?例えば、料理をしていて熱くなっていた 調理器具にうっかり触れてしまった!熱湯がこぼれた!電気暖房器具に近づきす ぎてしまった!髪のセット中にコテが当たってしまった!などなど。

つまり日常の 様々な瞬間に危険な一瞬が隠れていることになりますね。そしてその一瞬が取り返 しのつかないことになってしまうと、気持ちがずーんと重くなってしまいます。

うっかりやけどしてしまった部分が、体の目立つ部分かそうでないかに関わりなく、こ のまま跡が残ってしまったらどうしようと心配じゃないですか? でも大丈夫です。

その 直後にする処置とその後のケア次第で、跡を残さないようにすることができます。で はきれいに治すためにどう対処したら良いか、早速いくつかの方法を見てみることに しましょう。
(さらに…)

やけどの症状から適切な薬を選ぶ7つのアドバイス

by HC_factory

やけどの症状から適切な薬を選ぶ7つのアドバイス

普段から注意をしていても、日常生活の中で「やけど」をしてしまう事はありますよね。夏であれば花火によるお子さんのやけど、冬であれば、ストーブによるやけど、他にもポットの蒸気や、やかんのお湯によるやけど等、常に火のある生活をしている私達は必ずしもやけどの機会がないとは言い切れません。

気を付けていても、ふとした時にやけどをしてしまった場合は、まず初期の対処法がとても大切になってきます。やけどをした直後は、まず冷水でしっかり冷す事が一番大切です。15分~30分程を目安によく冷水で冷しましょう!

そしてその後の対処法として、どのような外用薬を使ったら良いのでしょうか?やけどをしてしまった時、適切な薬を選ぶ為の7選を紹介します。
(さらに…)

やけどを跡にしないで綺麗に治す7つの方法

by HC_factory

やけどを跡にしないで綺麗に治す7つの方法やけどの跡は皮膚も突っ張り、色も赤みを帯びて残ることもあり、目立つと思い、人目を避ける服を着てしまいがちですよね。ですが顔にやけどを負ってしまい、それが跡になって残ってしまった場合は隠しようにも隠すことが出来ず、人前に出るのも嫌になります。

そうならないためにも、やけどをしたときの対処の仕方が非常に大事になるのです。やけどの跡は出来るだけ綺麗に治しておきたいし、人前に出るのにいつまでも若々しくきれいな肌でいたいですよね。

では、やけどをしたときにはどのように対処したら良いのでしょうか。今回はやけどの跡にしないきれいに治す方法について説明します。
(さらに…)

やけどですぐに薬が用意できない時に行う7つの対処法

by HC_factory

やけどですぐに薬が用意できない時に行う7つの対処法

「熱い!」と思ったらもう手遅れ。すでにやけどを負っていて、痛い思いをすることがあります。注意はしていても、ちょっとした拍子で手や足をやけどをしたことありますよね。台所で料理中に油がはねてやけどをしてしまった。ポットでお湯を注いでいる時に手元が動いてやけどをしてしまった。冷めたと思って触った鍋が、まだ熱くてやけどをしてしまった。子どもが花火をしている時にやけどをしてしまった。

このように日常生活では、やけどの危険に遭遇する場面がたくさんあります。あわてずに対応したいものですが、痛みと動揺でなかなか落ち着いた行動をとれないものです。薬を探そうにも、熱くて痛くてパニックに。すぐに薬が用意できなくても大丈夫です。普段からやけどの対処法を意識し、いざという時に役立たせましょう。
(さらに…)

やけどの跡を残さない正しい7つの対処法

by HC_factory

やけどの跡を残さない正しい7つの対処法
料理で油を揚げていたときに油がはねて手や顔に当たってやけどをしてしまったり、花火の火が当たるなどやけどは軽いやけどは誰でも経験がある事です。ですがやけどの対処法はそれぞれ人によっても違うことが多いと思います。

そもそもやけどとは熱や火が体や皮膚に当たることにより起こる皮膚やその下の粘膜の炎症,損傷の事を言います。皮膚が外界に出ていて目立つ場所や皮膚が露出する部分のやけどは後を残さずに消したいのは誰でも思うところです。ですが、対処法を一歩間違うと一生やけどの傷は跡を残してしまうのです。

ですので最初の対処法が、やけどの跡を残さない為には重要になるのです。顔にやけどをしてしまった人や特に女性はやけどの跡があるだけで着たい服が着れない、人の目を気にするあまりに肌を露出する事が出来なくなるのは寂しいし、そんなことにはなりたくないですよね。

では、どのような対処をしたら、やけどの跡を残さないことが出来るのでしょうか?その対処法をお教えします。
(さらに…)

【やけど】初期症状に効くお薬と7つの対処法

by HC_factory

【やけど】初期症状に効くお薬と7つの対処法
やけどは熱を皮膚が受ける事で皮膚組織が破壊され、患部が痛みを伴い炎症を起こします。ひどい時には水泡になりやけどが落ち着いても患部にやけどの跡がケロイド状になり、その後硬く残る場合があります。冬の時期はストーブやポットなどでやけどを起しやすい時期です。

皆さん一度はやけどの経験があることでしょう。ですが顔や手など人の目に触れる所のやけどの傷はなるべくなら跡を残したくは無いですよね。やけどの跡を残したくないと思うのは女性なら特に願いますよね。やけどの傷を残さない為にはやけどの初期症状のうちにきちんと薬で対処する事が大切になります。

ではやけどを早めに対処する為にはどのような薬を使用するべきなのでしょうか。今回はやけどの初期症状に効く薬と対処法を説明します。
(さらに…)