ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

男性ホルモンを減らす効果のある食材と取り入れ方

by HC_factory

男性ホルモンを減らす効果のある食材と取り入れ方

男性ホルモン、女性ホルモンと聞くとそれぞれの性にしか存在しないと思ってはいませんか?実は男性、女性と名がついていますが、このホルモンは男女関係なく私たちの体の中でつくられています。

男性ホルモンは男性らしい体つきや思考の形成に影響を及ぼし、女性ホルモンは女性らしい体つきや思考の形成に影響を与えます。

通常ならそれぞれの性に合ったホルモンが多くつくられているはずですが、時折、自分の性とは違うホルモンが多くつくられてしまい悩みを抱えてしまうことがあります。

例えば女性なのに男性ホルモンが多くつくられてしまった結果、男性的な思考になったり、髪の毛が薄くなったりします。

薄毛は男性ホルモンと深く関係しており、男性ホルモンが優位であるほど薄毛が多いと言われています。それでは男性ホルモンを減らすにはどうしたらよいのでしょうか?

男性ホルモンは食事でも減らすことができると言われています。どんな食べ物で減らすことができるのか紹介していきます。
(さらに…)

インフルエンザ時の食事で栄養を採りやすい5つの食べ方

by HC_factory

インフルエンザ時の食事で栄養を採りやすい5つの食べ方

毎年冬になると警報が出ることもあるインフルエンザ。学校や職場で罹患者が出るとひやひやしますよね。インフルエンザウイルスはA型、B型、C型と種類があり、それぞれの型によって症状は違います。

高熱をはじめ、倦怠感や関節痛、のどの痛み、胃腸症状など実に様々です。特効薬としてタミフル、リレンザなどがありますが、インフルエンザウイルスに根本から打ち勝つためには食事によって栄養を採り、自己免疫力を高めることが重要です。

・ウイルスと戦う白血球の働きを助けるビタミンC
・鼻やのどの粘膜を守るビタミンA
・体の代謝を活発にし回復に有効なビタミンB群
・体の抵抗力を高めるビタミンE

健康な時はそれらを簡単に摂取できるかもしれませんがインフルエンザにより体力が低下している時は工夫が必要です。それでは次から有効な食べ方を見ていきましょう。
(さらに…)

口内炎がヒドイ時の食事で気をつけるべき5つの事

by HC_factory

口内炎がヒドイ時の食事で気をつけるべき5つの事

口の中が痛いなぁ・・・と思って鏡を見たら口内炎ができてる!!・・・なんてことはありませんか?知らず知らずのうちにいつの間にかできている口内炎。

一度できると治るまでの日々がとても長く、辛いものです。何しろ口は話をするにしても、食事をするにしてもあらゆる場面で使うもの。

傷が治るまでそっとしておくなんてことはできません。口内炎を抱えた口では動かすたびに激痛が走り、憂鬱な気分になることでしょう。

痛いからと動かすのを避けようと食事を抜く人もいるようですが、それは駄目な行為です。食事を摂らないというのは身体に良いことはありませんし、何より口内炎の治療を妨げてしまいます。

口内炎の治療の根本は食事にあります。早く治したいのであれば、痛みをこらえてでも食事を摂ることが重要です。食事も口内炎に考慮した食事を摂らなければなりません。

以下に口内炎がヒドイ時の食事について気をつけた方がいい事を紹介していきます。
(さらに…)

インフルエンザ中の食事で悩んだら読んで欲しい5つのコト

by HC_factory

インフルエンザ中の食事で悩んだら読んで欲しい5つのコト

インフルエンザを発症すると、風邪と違い全身症状が強く現れやすい為なかなか食事をする力も気力も出ませんよね。ですが強大なインフルエンザウイルスに打ち勝つために全身の細胞は激しい戦いを続けます。

ウイルスに打ち勝つには細胞がパワー不足にならないよう、免疫力を維持する為の栄養補給がとても大事です。身体に負担をかけないで免疫力を維持できる食事をご紹介します。
(さらに…)

風邪の看病をする時に知っておきたい5つの事

by HC_factory

風邪の看病をする時に知っておきたい5つの事

家族や友人、恋人が風邪をひいてしまったら、看病する側は何をどうしたらいいのでしょうか。

熱があってしんどそう、咳がひどくて呼吸が苦しそう、鼻水や鼻づまりがひどくて息ができなくて辛そうなどと風邪の症状を見ることはできても、実際何をしてあげればいいのか、を正しく理解している人は少ないと思われます。

何とか早く風邪を治して欲しい、辛い状態から解放させてあげたいと思っても、何もしてあげられない、何の助けにもならない、というのは寂しいものですよね。

医療機関の受診、風邪薬の服用、体を休ませるなど思いつくことは多くありますが、より細かなケアや看病についてはあまり知らないというのが正直なところではないでしょうか。

そのような方のために、ここでは風邪の看病をする時に知っておきたい事、知っておくべき事をご紹介します。5つご紹介しますので、是非参考にしてください。
(さらに…)

とっても痛い口内炎は塩を使えば治りやすい5つの理由

by HC_factory

とっても痛い口内炎は塩を使えば治りやすい5つの理由

口内炎が出来た時、ほとんどの人が自然治癒を待つか市販薬の軟膏を塗るかと思います。ですが、塩を使う事で通常は治るのに1週間~10日程かかってしまうのが大幅に短縮されるのです。

口内炎は治るまでは喋っていても痛い、食べても痛い、飲んでも痛いと常に痛みと隣り合わせの苦痛な状況です。市販薬は常備しておくといざという時に大助かりですよね。

ですが、滅多に口内炎にならない人は使用期限内に使い切る事がないままゴミ箱行きです。また、市販薬を常備していない人も少なくありません。

でも口内炎は予告なしに発症してしまうので、どの家庭にもある身近な塩で口内炎をいつもよりも早く治せたらとても大助かりですよね。
(さらに…)

リウマチ初期症状を理解して進行予防させる5つの方法

by HC_factory

リウマチ初期症状を理解して進行予防させる5つの方法

「うちの母がリウマチで」とか「リウマチで関節が痛くて」という言葉を、たまに耳にします。なんだか大変そうと思いますが、詳しくは知らない人が多いと思います。

昔は、リウマチで指の形が変わったお年寄りがたまにいましたが、最近はみかけなくなりました。リウマチは、関節やその周囲に痛みが起きる病気で、一般的にいわれているリウマチは「関節リウマチ」のことを指しています。

最初は「手がなんとなくむくんでいるかな」という軽い症状からはじまることが多いですが、進行すると関節が動かなくなったり、形が変わったまま戻らなくなることがあります。

昔、リウマチは治らない病気とされてきましたが、最近は研究がすすみ、治療方法や新しい薬が次々と開発されています。完治を目指し、さらに再発しないようにする時代になりました。

リウマチかな?と思ったとき、それ以上進行しないように予防もできます。では、リウマチについて、詳しくみていきましょう。リウマチの原因は、免疫システムが誤動作することからおきます。

本来、からだを守る免疫システムが異常をきたし、守るはずの自身のからだを攻撃してしまいます。からだの中でも、関節をスムーズに動かすための滑膜が攻撃され炎症をおこすケースが多いようです。

また、炎症が起きると、サイトカインという物質が分泌され、これが炎症を悪化させます。最近の治療では、サイトカインの働きをおさえ、炎症を鎮静化させることができるようになりました。

炎症が悪化すると、関節が動かなくなることがあるので、予防や早期治療が大切になってきます。免疫システムがなぜ異常をきたすのかは解明されてないものの、ストレスや喫煙、ウイルス感染がきっかけで発生するのではないかといわれています。

また、発症の多くは30代~50代の女性です。男性よりも女性が多くリウマチになるようで、その割合は4:1ぐらいです。遺伝的にもともとなりやすい体質が原因と言われてきましたが、そうとは限らないケースも多いようです。

ストレスやウイルス感染、不摂生がきっかけで発症するようなので、ストレスからよく体調を崩しやすい人や、ウイルス感染にかかりやすく、かかったら重症になりやすい人は、リウマチを発症してしまうことがあるので、そういう場合は注意が必要です。

また、このような免疫システムの異常からおきる病気を自己免疫疾患といい、リウマチのほかに、慢性甲状腺炎やバセドウ病、悪性貧血、原発性胆汁性肝硬変などがあります。

リウマチの進行を予防のためには、リウマチ初期症状を知ることが大切です。リウマチ初期症状で典型的なのは、朝起きたときの、軽い手のむくみや腫れです。

ごくわずかな違和感からはじまりますが、疲れやすくなったり、微熱が続くようになることもあります。起床後30分以内に症状がもっとも出やすく、関節の痛みや腫れは第2関節に出ることが多く、また左右対称になりやすいことが多いようです。

しかし、右だけ、左だけの場合もあるようです。また、水分や塩分のとりすぎ、ホルモンバランスの崩れからも、同じような症状になることがあるので、初期症状ではリウマチとは違う原因を疑う人が多いようです。

リウマチ初期症状から、本格的な進行になるのはほんの少しです。この段階で、予防をすれば充分に対処できます。では、リウマチの初期症状から進行しないための予防方法をご紹介します。
(さらに…)

腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対控えるべき食材

by HC_factory

腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対控えるべき食材

腰痛に悩んでいる人は人口4人に1人と言われています。何故こんなにも腰痛に悩んでいる人が多いのでしょうか?加齢による腰痛もありますが、普段の生活の中に腰痛の原因があるのだとしたら、腰痛が国民病と言われるのも納得です。

昔と違い沢山の食べ物や嗜好品があり、いつでも何処でも手に入る環境です。普段何気なく摂っている食事が痛みの原因になっているかもしれません。

腰痛になるとほとんどの人が病院や整体に行きますが、腰痛に効く食事、腰痛の為に控えるべき食材をご存知でしょうか?腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対に控えるべき食材をご紹介します。
(さらに…)

風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事

by HC_factory

風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事

急に寒くなったり、忙しくてなかなか休めないと、カラダの免疫力が落ちて風邪を引きやすくなります。風邪を引いたら、風邪薬を飲むかお医者さんに行けばいいし予防なんて面倒くさくてできない、という方も多いはず。

でも、毎日食べる食事にも風邪を予防する食べ物があるって知っていますか?”医食同源”といって、食べることも医療も同じような意味を持ち、食べることがどれだけ重要かということがわかります。

普段の食事から風邪の予防ができるなら、気をはらずに取り組めますよね。
(さらに…)

口内炎に塩がとっても有効な理由と正しい使用方法

by HC_factory

口内炎に塩がとっても有効な理由と正しい使用方法

口内炎って、やっかいですよね。食べるたびにしみるので、痛い部分に当たらないようにできるだけ反対側でかむようにしたりします。また、汁物やトマトなどの野菜、酢の物などはとてもしみるので、食べられるものも限られてきます。

なんとか食べられそうなお肉なども、小さく切ってそっと口に入れたりと大変苦労をします。口の外なら、絆創こうを貼ってみたり、何かでおさえることができますが、口の中はそうはいきません。

口内炎は、ほっておいても1~2週間で自然に治ります。そのため、そのうち治るだろうと放置している人が多いと思います。しかし、ひどくなると、しゃべるだけでも痛いのでボソボソしゃべることが多くなり、相手は聞こえづらくなってコミュニケーションにも影響してきます。

痛いと口数も減るので、「なんだか機嫌でも悪いのかな」と誤解されたりすることもあります。また、夜寝るときもズキズキ痛くて眠れなくて困ることがあります。

こんなやっかいな口内炎ですが、ある日突然なるので身近に薬がなかったり病院に行けなかったりします。こういうときに、民間療法をためしてみることをおすすめします。

民間療法では、塩やはちみつ、梅干し、緑茶などが良いといわれています。この中でも、どのご家庭の台所にもたいてい置いてある「塩」を取り上げて、紹介したいと思います。
(さらに…)