ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

閃輝暗点を事前に予防して辛い偏頭痛を減らす5つの方法

by ヘルスケアファクトリー

閃輝暗点を事前に予防して辛い偏頭痛を減らす5つの方法

閃輝暗点(せんきあんてん)。聞きなれない言葉かもしれませんね。そもそもこの閃輝暗点という病気がどんな病気なのかということをはじめにお話しておきましょう。

視界の中にチカチカと光るものが見えて視界が狭くなってしまったり、ものが見えなくなってしったことはありませんか?さらに、その後激しい偏頭痛に襲われたりしたら、それは閃輝暗点かもしれません。

この閃輝暗点は目の病気ではなく、原因は脳にあるようです。脳には視覚野という目から入った情報を処理する部分があるのですが、その周辺にある血管内の血流が悪くなったあと、血流が正常に戻ったときに起きる現象だとと言われています。

そしてその後の激しい偏頭痛は、血流が悪化していた部分の血管が収縮と拡張を繰り返すときに他の神経を圧迫したりして起きると考えられています。そんな閃輝暗点を予防し、偏頭痛の症状を減らすには何が効果的なのかを調べてみました。

1.過度なストレスを避ける
2.喫煙の習慣をやめる
3.アルコールを控える
4.コーヒーなどの嗜好品を控える
5.食生活を見直す

これらのそれぞれについて少し詳しく調べてみました。
(さらに…)

耳たぶのしこり!不安になる前に知っておきたい5つの事

by ヘルスケアファクトリー

耳たぶのしこり!不安になる前に知っておきたい5つの事

耳たぶを無意識に手で触ったら、しこりが出来てて気になった経験はありませんか?耳の病気は中耳炎など耳の中で起こる病気なら聞いたことがありますが、耳たぶの病気はあまり聞いたことが無く不安になってしまいます。

何もないはずの耳たぶを触るとコリコリしたしこりがあったら、何かが耳たぶにできている事は確かです。体に何かができるという事は、真っ先に思いつくのが腫瘍です。テレビでも乳がんは自分で触って発見するパターンが多いと言っていますし、皮膚癌もおできに気が付いて病院で検査を受けたら癌だったと言う人がいます。

実は耳はおできができやすい部位で、その理由は汚れやすいことや血流が良くない事が主にあげられます。また手で触りすぎたりアクセサリーが接触して、傷がつきやすいことも理由に上げられます。

今回は、もしも耳たぶにしこりが出来ていたらそれは何なのか、どうしたらいいのかをわかりやすく解説します。
(さらに…)

結膜炎で市販の目薬を選ぶときに確認するべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

結膜炎で市販の目薬を選ぶときに確認するべき5つの事

朝起きて鏡を見たら白目が真っ赤に炎症を起こしていたら、「結膜炎かな?」と思うでしょう。症状は自覚症状が無い物から、強い痛みで目が開けられないものまであります。結膜炎とは目を覆う結膜が炎症を起こす事で、原因の違いによって「感染性結膜炎」「非感染性結膜炎」の2つに大きく分けられます。

感染性結膜炎は常在菌などの細菌に感染して起こる「細菌性結膜炎」とアデノウイルスなどが原因の「ウイルス性結膜炎」があります。特にアデノウイルスが原因のウイルス性結膜炎は非常に感染力が強く集団感染の原因になるので、罹った時は人との接触を控えるなどの注意が必要です。

また、非感染性結膜炎ではアレルギーやアトピーが原因の結膜炎で充血が強い場合でも、人に感染する心配はありません。このように結膜炎と言ってもその原因は複数あり、市販の目薬を選ぶときには原因を知らなければ正しい物が手に入りません。

そして結膜炎の場合、他にも注意点があります。今日は結膜炎で市販の目薬を買う時に、確認しておかなければけないことを5つ紹介します。
(さらに…)

眼球にできた水ぶくれの様なデキモノの正体を徹底解析!

by ヘルスケアファクトリー

眼球にできた水ぶくれの様なデキモノの正体を徹底解析!

眼に起こる症状として良く知られているのは「充血」「かゆみ」「乾き目」「疲れ目」などがあり、これらの症状で眼科へ行く人は余りいないと思います。でも「目が見えにくくなった」「視野が狭いような気がする」「痛くて目が開けられない」と言うような時は、心配になり眼科へ行かなければと思うでしょう。

では、眼球に水ぶくれの様なデキモノができたら皆さんはどうしますか?目の中に水ぶくれができるなんて想像する事も聞いた事が無い人も多いかもしれません。

しかし眼球に水ぶくれの様なデキモノができる事はよくあり、なんだか目がゴロゴロすると思って鏡で見てみると眼球に透明や白っぽいデキモノガできていて驚くとともに不安になる人がほとんどです。

今日はそんな眼球にできた水ぶくれの様なデキモノについて徹底解析した結果を紹介します。
(さらに…)

頭皮の乾燥を防ぐ一日5分のお手軽改善法

by ヘルスケアファクトリー

頭皮の乾燥を防ぐ一日5分のお手軽改善法

何だか頭皮がかゆい・・・最近フケが出る・・・それは頭皮の乾燥によるものかもしれません。現代の生活には頭皮の乾燥を招く要因がたくさんあります。きちんと知っておくことで改善や予防につなげましょう。

・シャンプーのやりすぎ
一日に複数回シャンプーをすると、頭皮が乾燥しやすくなります。それにより、頭皮の潤いを守る皮脂が取り除かれ、水分が蒸発してしまうのです。また、ごしごしこすることも頭皮を傷つけ乾燥させる原因となります。

・シャンプーやトリートメントなどが合わない
何気なく使っているシャンプーが頭皮に合わないものかもしれません。特に、洗浄力の強いものや添加物が多いものは気を付けた方が良いでしょう。

・熱によるもの
高温のシャワーは必要な皮脂を流してしまいます。また、ドライヤーによる熱風も長時間当ててしまうと乾燥を促してしまいます。

・紫外線
頭皮は顔の2倍以上の紫外線を浴びているということはご存知ですか?日焼けした肌はカサカサとして皮がむけたりしますよね。頭皮でも同じことが起こるのです。また、紫外線は肌の劣化に密接に関わってくるため、頭皮も守ることが重要です。

さて、原因がわかれば対策もしやすいかと思います。次からは頭皮の乾燥を防ぐお手入れ法をご紹介したいと思います。
(さらに…)

頭皮の乾燥で肩に積もるフケとサヨナラする方法

by ヘルスケアファクトリー

頭皮の乾燥で肩に積もるフケとサヨナラする方法

頭皮の乾燥でフケに悩まされている方はいませんか。頭皮が乾燥して赤く腫れあがったり、フケが頭皮に浮いていたり、頭皮の痒みが気になったりと様々な症状で悩み苦しんでいる方はいませんか。

頭皮が乾燥すると頭皮が剥がれフケになります。これは手や足の乾燥と同じで、手や足も乾燥すると粉が吹く状態になりますよね。ですからフケの対策には乾燥させない事が一番の対策といえます。

頭皮は自分の目で見えない場所が大多数を占めています。そのため、フケが出ていてもなかなか気づけない、フケが出ていると気付いたとしてもどうすることもできないという状態に陥ってしまいます。

肩に積もったフケを落とすことぐらいしか、自分ではできないのです。また、フケが肩に積もっていれば、自分だけでなく周りにも嫌な印象を与えてしまいます。

そうならないためにも、ここでは頭皮の乾燥で肩に積もるフケとサヨナラする方法をご紹介します。5つご紹介しますので、是非実践してみてください。
(さらに…)

痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方

by ヘルスケアファクトリー

痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方

耳が痛いという事を経験したことはありますか。耳の中ではなく、耳たぶが痛いという経験です。普段、耳たぶにあまり関心はないと思いますが、痛みが生じれば触ったり、引っ張ったり、鏡で見たり、のぞき込んだりと、何度も何度も耳たぶを見るはずです。

こんなに耳たぶを見たのは初めてという人もいることでしょう。また女性が耳たぶの痛みを感じる時は、イヤリングをきつく締め過ぎたという時です。

イヤリングの耳へのくいこみが大きく、耳がちぎれてしまいそうになるくらい痛いという経験はしたことがあるかもしれません。今ここでいう耳の痛みは、じんわりとしたゆっくりとした痛みのことです。

鈍痛ほどの痛みでもない、しかし何となく痛いという痛みです。ここでは痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方についてご紹介します。

5つご紹介しますので、参考にしてください。
(さらに…)

頭皮の乾燥が抜け毛を招く!!早めに行うべき正しい対策

by ヘルスケアファクトリー

頭皮の乾燥が抜け毛を招く!!早めに行うべき正しい対策

季節の変わり目になると、毎日ちゃんとシャンプーをしているのに、なぜか頭皮がかゆくなる、ということありませんか。秋や冬、空気が乾燥し始めると頭皮も乾燥し、炎症やフケなどの症状が毎年出てしまうけれど、対策も特にせずにいる人も多いかと思います。

しかし、周りから見て、肩周りにまでフケが付いているような酷い状態になっていては、その人の清潔感、性格までも疑われてしまいかねません。

乾燥だけでなく、頭皮を掻くことによって、更にうるおいが失われ、より強いかゆみを助長していることもあります。毎年のことだからとかケアの仕方がわからないから、などと言い訳してそのままにしておくと悪化する危険性があります。

ここでは早めに行うべき対策をご紹介します。是非実行して、かゆみのない、清潔感ある頭皮を手に入れましょう。
(さらに…)

結膜炎が保育園で流行った時に気をつけるべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

結膜炎が保育園で流行った時に気をつけるべき5つの事

「目がかゆい・・・、目が赤い・・・」そんな症状が現れたらまず思い浮かぶ病気と言えば結膜炎です。それほど結膜炎とは私たちにとってありふれた病気の一つです。

ありふれた病気が故にまぁ、いいかとほっておくと大変なことになります。結膜炎は自分だけに留まらず他者へもうつってしまうことがあるからです。

感染力が非常に強いため、適切な処置をしないと集団感染となってしまうことも有り得るのです。特に子どもは集団生活をする機会が多く感染率も高まります。

保育園などで集団感染というニュースもよく聞く話です。それを未然に防ぐためにも気をつけるべき点を紹介していきます。
(さらに…)

結膜炎になった子どもが保育園に行く時に守るべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

結膜炎になった子どもが保育園に行く時に守るべき5つの事

子どもの目が真っ赤に腫れている、白目が充血しているということはありませんか。また、朝起きたら目やにがひどく目が開かない、涙が止まらない、痒みがひどく痛いなどということはありませんか。

発熱や咽頭の痛みも伴っているということはありませんか。親も子どももその症状に驚き、慌ててしまうことありますよね。これらの症状は結膜炎の可能性がありますので、まずは医療機関を受診されることをお勧めします。

医療機関で結膜炎と診断されたら、どのように対処をすればいいのか、保育園はどうしたらいいのか行っていいのか休ませるべきなのか。

ここでは結膜炎になった子どもが保育園に行く時に守るべきことをご紹介します。5つご紹介しますので、参考にしてください。決して慌ててはいけません。
(さらに…)