ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

排卵痛は妊娠のチャンス?受精確率を上げる5つの方法

by HC_factory

排卵痛は妊娠のチャンス?受精確率を上げる5つの方法

妊活中の女性にとって、「どうしたら妊娠しやすくなるのか」と考える人は多いと思います。デリケートな話なので、身近な親や友だちなどに聞きづらいし、なかなか妊娠しないときは、「どうして妊娠しないのだろう?」「自分に原因があるのかもしれない・・・」と悩むこともあります。そこで、少しでも妊娠する確率を上げる方法をお話しします。

「生理痛」という言葉はよく耳にしますし、多くの人が知っていることだと思いますが、排卵痛というものがあり、これはあまり知られていません。この排卵痛を知ることが、妊娠する確率をあげるカギになります。その排卵痛について説明します。

●そもそも排卵痛はなぜ起きるの?

「生理痛」は、まさに生理中におきるお腹の張りや痛みのことで、生理の2,3日前から生理終了までおこります。長い人では1週間~10日も続きます。

一方、「排卵痛」は、排卵日前後におこるお腹の痛みや張りのことをいいます。期間は短く2~3日でおさまります。排卵痛がおこるメカニズムですが、生理の周期が28日の場合、生理開始日の約2週間後に排卵がおこり、卵子が卵巣から放出されます。

このとき、卵巣の表面が破れ多少の痛みや出血がおこります。これが「排卵痛」です。また、排卵後に卵巣が少し腫れることでも、お腹に張りを感じることがあり、これも排卵痛です。

排卵痛の痛みは、生理痛よりも軽い場合が多く、あまり感じない人も多いようです。この排卵日の前後が、妊娠しやすく「この時期に妊娠しやすい」とされています。

基礎体温を測ることで、排卵日を知る方法があります。生理開始から2週間前後に1度、体温がグッと下がる日があります。この日が「排卵日」です。

排卵日には、たくさんある卵子の中から、元気で調度良い大きさのものが1個だけ選ばれ、卵巣から子宮におくられます。ただし、卵子は年齢とともにどんどん減っていきます。

産まれたときには約200万個あったものが、初潮のときにはすでに30万個ほどに減り、40歳ごろには2~3万個、50代ではゼロになります。

また、年齢のほかに、ストレスや食生活などの影響によって、さらに減ることがあります。この場合、基礎体温を測っていても、排卵日が不定期になってくるので、調べることが難しくなります。

元気な卵子も少なくなります。そのため、妊娠する確率をあげるには、周期を整えるような身体づくりをすることが大切です。難しいことではなく、少し気をつけるだけなので、ぜひとりくんでみてください。

これは妊活中だけでなく、妊娠した後も大切なことになってくるので、この機会に習慣にしてしまいましょう。
(さらに…)

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

by HC_factory

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

けがをしたときや風邪をひいたときなどに病院を受診した際、「念のために抗生物質も出しておきますね」と言われることがありますよね。その作用がよくわからないまま「はい、お願いします」と答える人が多いのではないでしょうか。

でも、その抗生物質の副作用で下痢をすることがあります。病気やけがを治すためにもらった薬で、逆に体調が悪くなることがあるとはいったいどういうことなのでしょうか?

そもそも、抗生物質とは、病気の原因の細菌を退治したり、増えるのをおさえる作用があります。最近は、抗菌剤ともいわれています。そんな大切な役割がある抗生物質で、なぜ下痢をするのか、その原因をみていきましょう。

からだの腸内には、悪玉菌と善玉菌という腸内細菌があります。悪玉菌は、その名のとおり腸内に悪影響を与える細菌です。逆に善玉菌は良い影響を与えて健康に保つ働きがあります。

抗生物質は、この悪玉菌を退治するために処方されます。しかし、このとき悪玉菌だけでなく、からだに必要な善玉菌までやっつけてしまいます。

腸内を整えてくれている善玉菌がなくなると、おなかの調子が悪くなり、下痢をしてしまいます。下痢は、抗生物質を飲んでもまったくならない人と、少し飲んだだけでも下痢をしてしまう人がいます。

下痢になっても、病気やけがを治すために飲んでいる薬なので、簡単にやめるわけにもいかないので、困ってしまいますよね。でも、少し気をつけるだけでこの下痢を改善できます。その方法をご紹介します。
(さらに…)

食べ過ぎで胃が気持ち悪い時に行うべき7つの対処法

by HC_factory

食べ過ぎで胃が気持ち悪い時に行うべき7つの対処法

レストランのブッフェや焼き肉の食べ放題など、自分へのご褒美だったり、女子会だったり、楽しく思いっきり美味しいものを食べる機会がありますよね。そんな時、あまりにも美味しくて、取るのも楽しくて、それに元を取りたいって頑張ってしまったりして、思わず苦しくなるほど食べ過ぎてしまったことを経験した人は多くいると思います。

自分の限界を超えてまで食べ過ぎると、本当に苦しくなりますし、気持ち悪くなりますよね。その気持ち悪さ、苦しさは耐え難いものですから、何とかしてできるだけ早く楽になりたいものです。そのまま放置すれば、翌日に胃もたれや胸焼けの原因にもなってしまい、楽しい食事のはずが気持ちの悪い胃もたれの思い出になってしまいます。

食べ過ぎてしまった、そんなときは消化を促進することで、胃の中の食べ物の量を減らし、楽になることが一番だと思います。そこで、ここでは食べ過ぎて苦しくなってしまったときに、胃の消化を促進して楽になる方法を紹介します。ついつい、食べ過ぎてしまう人は是非七つすべての方法を読んでいただいて、次の機会に備えてください。
(さらに…)

腎臓に痛みを感じたら要注意!放置してはいけない5つの事

by HC_factory

腎臓に痛みを感じたら要注意!放置してはいけない5つの事

腰の辺りに痛みを感じるということはありませんか。腰に慢性的な痛みがある、腰が重たい、違和感があると苦しんでいるという方はいませんか。その痛み、もしかすると腎臓が原因かもしれません。ここでは腎臓の痛みの原因をご紹介しますので、慢性的な腰の痛みが続いているという方は、是非自分の症状と比べてください。

そして自分の症状が腎臓の痛みかもしれない、と少しでも感じることがあれば放置せず、すぐに病院にかかってください。腎臓に痛みを感じたら要注意です。絶対に放置してはいけません。場合によっては緊急を要する時もあります。病院にかかって何もなければ一安心なのですから、少しでも不安要素があれば病院にかかるべきです。

まずは腎臓の位置や大きさ、機能をご紹介します。次いで5つの症状を挙げますので、是非参考にして下さい。
(さらに…)

腎臓に痛みをともなうあらゆる原因とその対処法

by HC_factory

腎臓に痛みをともなうあらゆる原因とその対処法

腰や背中が痛い、背中側の脇腹が痛いということはありませんか。ここに痛みを感じる病気は多種考えられ、泌尿器、消化器、筋肉、皮膚ヘルペスなどです。脇腹が痛いと頻度が高いのが泌尿器で、腎臓や尿管の痛みが多いことが分かっています。

腎臓は背中側の腰のあたりに位置し、握りこぶしくらいの大きさで左右2つある臓器です。1つが150グラムくらいの臓器ですが、様々な役割を担っています。

代表的な役割は血液中の老廃物をろ過して、尿として排出することです。その他、塩分と水分をコントロールし血圧に作用する、造血細胞に影響するホルモンの分泌、体液やイオン量を調節する、カルシウム吸収のためビタミンの生成などという働きがあります。

ここでは腎臓に痛みをともなうあらゆる原因とその対処法をご紹介します。5つの病気をご紹介しますので、少しでもあてはまる症状があればすぐに受診してください。

早め早めの受診が生死を分けることもあるのです。また、日常生活で意識することにより防げる病気もありますので参考にしてください。
(さらに…)

食べ過ぎによる気持ち悪い状態をスッキリ改善させる方法

by HC_factory

食べ過ぎによる気持ち悪い状態をスッキリ改善させる方法

時期ごとの美味しい食べ物があるとどうしても食べ過ぎて困ってしまう、という贅沢な悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

美味しい食事が目の前にたくさんあるとつい食べ過ぎてしまいますよね。食べている時は満足出来ても食べ過ぎてしまうと、其の後の気持ちの悪い状態になってから食べ過ぎたことに後悔した人も中にはいるのではないでしょうか。

そんな状態になってから食べ過ぎたことを後悔しても遅いのはわかっていますが、どうしても食欲が止まらない、という人に読んで欲しい食べ過ぎで気持ち悪い状態をスッキリ改善させる方法を今回は説明します。
(さらに…)

インフルエンザで頭痛などの症状が出る前に行うべき予防法

by HC_factory

インフルエンザで頭痛などの症状が出る前に行うべき予防法

風邪は急性の気道や口腔内の炎症により起こります。インフルエンザはインフルエンザウイルスにより感染を起こす病気で風邪よりも症状が重く、高齢者や子供では重症化しやすく症状が長く続くのが特徴です。

近年はインフルエンザが流行しやすく短期間で感染が広がります。インフルエンザに罹ったことがある人はお分かりだとは思いますがインフルエンザにかかると一旦出た頭痛や発熱は収まることはなく、一週間はインフルエンザの症状に苦しめられた経験がある人もいる事でしょう。

インフルエンザは脳や心臓にウイルスが入り込むと命も危険な状態になる可能性もあるのです。

仕事や家事で忙しい人はインフルエンザにかかりたくはないですし、子供がいる家庭では子供にも感染しない様に今の時期は注意して生活してはいるでしょうが、本当に自分の考えている方法だけでインフルエンザによる症状は落ち着くのだろうか。インフルエンザにかからない為にはどうしたらいいのだろうか。と疑問に感じている人も多いことと思います。

インフルエンザにかかった時やインフルエンザを予防したい人に試して欲しいインフルエンザで頭痛などの症状が出る前に行うべき予防法をお教えします。

(さらに…)

生理の腰痛を我慢できない時に行う7つの対策

by HC_factory

生理の腰痛を我慢できない時に行う7つの対策
頭痛がする、吐き気が止まらない、腰が重いなど女性それぞれで異なる生理痛。なかでも腰痛は腰を中心にじわじわと広がる独特のだるさもあり辛いものです。冬になると冷えも伴い、さらに厄介に……。そんな生理中の腰痛が我慢できない時に試したい、とっておきの解消法を7つご紹介します!
(さらに…)

急性胃腸炎の原因であるストレスを発散させる7つの方法

by HC_factory

急性胃腸炎の原因であるストレスを発散させる7つの方法
突然、強い吐き気が突然襲ってきたり、食欲が落ちたりすること、ありませんか? 最近ではアイドルやタレントがこういった症状で体調を崩したニュースがとりあげられています。その症状が起こる病名は、ストレスによる急性胃腸炎。検査をしても身体的な疾患はなく、ストレスが原因で引き起こされます。

ストレスによって胃腸をコントロールしている自立神経がバランスを崩し、胃酸が多めに分泌されて胃が荒れたり、腸の働きが低下し、消化不良を起こしたりすると言われています。さらに、これらの症状自体がストレスとなって悪化するという負のスパイラルに陥ることもあるようです。

もちろん病院での治療が大切ですが、日ごろからストレスを溜めない生活を送ることも同じように大事なことなのです。そこで、ここでは病気の原因となるストレスの発散方法を厳選してご紹介します。
(さらに…)