ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

寝起きの腰痛がなかなか改善しない時に試して欲しい事

by ヘルスケアファクトリー

寝起きの腰痛がなかなか改善しない時に試して欲しい事

朝、目が覚めてベッドから起きようとしたら腰が痛くて起きるのがやっとっていう経験はありませんか?年齢と共に、寝起きの腰痛を感じてくる人が多くなってきます。

色々と、自分なりに腰痛対策をしたりスッキリと目覚められるようにしたけれど、いまいち改善されなかったり、その果て腰痛の影響で寝不足になったりと日常生活に弊害が出たりした事のある人もいるのではないでしょうか。

目覚めの腰痛が不安で夜、寝つきが悪かったりする事もあるでしょう。そこで、なかなか改善されない目覚めの腰痛の時にどうしたら痛みが緩和されるのか、予防できるのか。試して欲しいことを挙げていきます。
(さらに…)

寝起きの腰痛を改善できた人が実行した5つの事

by ヘルスケアファクトリー

寝起きの腰痛を改善できた人が実行した5つの事

腰痛に悩まされる人は少なくないと思いますが、特に「寝起き」に痛みが強まることはないでしょうか?私も数年前から急に、朝起きた時に腰の痛みを感じるようになりました。ひどいときにはベッドから起き上がるのにも一苦労。忙しい朝の時間に腰が痛くては家事にも身支度にも支障が出てしまいました。

しかし、病院に行こうとしても昼や、遅くとも夕方までにはおさまってしまうことがほとんどで、なかなか踏ん切りがつかない…。そこで、自分でなんとかできないかと調べたところ、寝起きの腰痛に悩まされている人がずいぶん多いことに気づきました。

皆さん試行錯誤しながらいろいろな方法を試しているようです。以下にご紹介するのは、私が実際に行った腰痛改善方法です。様々な原因がある腰痛ですが、「寝起き」に痛くなってしまうのにはちゃんとした理由があったようです。
(さらに…)

慢性的な腰痛の原因を改善したい人は絶対やるべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

慢性的な腰痛の原因を改善したい人は絶対やるべき5つの事

慢性的な腰痛持ちの人なら、体を動かす度に急に激痛が走るかもと常に神経を使ってしまう腰痛の原因。悪くなる原因は人それぞれ原因が違いますが、1度限界をこえて悪くなると、しばらく休養して痛みが耐えられるくらいまで回復したら仕事、学業に復帰という方が多いのではないでしょうか?

そんな慢性的な腰痛の原因を改善するための生活習慣をまとめてみました。つらい腰痛の改善に役立てば幸いです。
(さらに…)

産後の辛い腰痛をやわらげるおすすめストレッチ

by ヘルスケアファクトリー

産後の辛い腰痛をやわらげるおすすめストレッチ

産後、皆様いかがお過ごしですか?お腹の中から愛しい我が子が生まれてきたものの、まだまだホルモンバランスの乱れや慣れない育児でお疲れの方も多いんじゃないでしょうか?そんな中やはり感じやすいのは腰回りの違和感や腰痛ではないでしょうか。

筆者も生後3ヶ月の息子がいますが、産前は腰痛に悩まされ、産後の腰痛はどれほどまでなるのだろうと産前はビクビクしていました。ですが、産後早めからの『産褥体操』のおかげで今の所産前より酷い腰痛には襲われていません!

今日は腰痛が酷くならないため、または腰痛が軽くなるようなストレッチのお話をしていこうと思います。
(さらに…)

産後の腰痛に悩んでる人に知って欲しい5つの事

by ヘルスケアファクトリー

産後の腰痛に悩んでる人に知って欲しい5つの事

産後によくある痛みの1つに腰痛があります。体調次第では酷くなるような事もあります。産後は約8週間の期間、出産の後の体調を完全に整えるようにする産褥期という期間があります。

妊娠前の状態に完全に戻ってからこそ初めて産褥期が終わるという形になります。その産褥期の際に起こる痛みの原因の1つが腰痛です。産後の腰痛は、子供を産む際の骨盤の歪みから興るもので、その骨盤を元に戻そうとするため負担がかかり痛みが増してくるのです。

骨軟化症や骨粗鬆症などの病気にもなるので注意が必要にもなります。そんな産後にくる腰痛で悩んでいる人に読んで欲しい5つのポイントがあります。

この5つのポイントを抑えていれば、腰痛の痛みも和らぐことができると思います。ではどの様な事に気をつければいいか見てみましょう。
(さらに…)

腰の痛みをストレッチで和らげる!お家で簡単5ステップ

by ヘルスケアファクトリー

腰の痛みをストレッチで和らげる!お家で簡単5ステップ

急に腰が痛み出すことはありませんか?ふとした時にズキンと痛む、曲げようとすると固まる感じがする、一日中重い鈍痛が続く・・・どれも辛いですよね。沢山の方が悩まれるのも無理はありません。

実は一生のうちに腰の痛みを体験する人は8割にのぼると言われているのです。腰の痛みを引き起こす病気は様々なものがあります。腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症など他にも、腎盂腎炎や尿路結石、子宮筋腫など内臓の病気が関わっている場合もあります。

また、重篤な病気がかくれていることもあるため、たかが腰痛だと決めつけずに医療機関を受診すると良いでしょう。とはいえ、腰痛は原因がわからない場合も多く、全腰痛の中で実に8割以上が原因不明だと言われています。

そんな厄介な腰痛ですが、みなさんはどのように対処されていますか?

①患部を温める
②湿布や塗り薬を使う
③コルセットやさらしを巻く
④ストレッチを行う

これらは自宅でできる改善方法です。

①の患部を温めるという方法は血行を促進し凝り固まった筋肉を和らげる効果があります。そのため、腰痛持ちの方はシャワーだけでなく湯船に浸かるようにすると良いでしょう。

②の湿布についても同様の効果があり、また、消炎作用も期待できますので併用することもおすすめです。③の固定する方法は筋肉を直接支えるような形になるため、立ち仕事や力仕事をしなければならない時試してみましょう。

④のストレッチは、筋肉や血管に刺激を与え、腰痛の軽減を図ります。仕事や家事の合間に取り入れると患部の疲労回復だけでなくリラックス効果が期待できます。

夜寝る前にストレッチを行うと安眠にもつながるため日々取り組めると良いですね。
(さらに…)

腰に負担をかける職業の方必見!1日5分の簡単ストレッチ

by ヘルスケアファクトリー

腰に負担をかける職業の方必見!1日5分の簡単ストレッチ

立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢を長時間とる人の悩みと言えば腰痛。痛みに耐えたり痛みを誤魔化しても良い事はなく、むしろ腰の負担は増すばかりで最悪歩く事すら困難になります。

そうならない為にも日頃から腰の負担を軽減する為の動作や正しい姿勢、そして休憩時間などで簡単にできるストレッチを続けて腰痛とサヨナラしましょう。
(さらに…)

腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対控えるべき食材

by ヘルスケアファクトリー

腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対控えるべき食材

腰痛に悩んでいる人は人口4人に1人と言われています。何故こんなにも腰痛に悩んでいる人が多いのでしょうか?加齢による腰痛もありますが、普段の生活の中に腰痛の原因があるのだとしたら、腰痛が国民病と言われるのも納得です。

昔と違い沢山の食べ物や嗜好品があり、いつでも何処でも手に入る環境です。普段何気なく摂っている食事が痛みの原因になっているかもしれません。

腰痛になるとほとんどの人が病院や整体に行きますが、腰痛に効く食事、腰痛の為に控えるべき食材をご存知でしょうか?腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対に控えるべき食材をご紹介します。
(さらに…)

長引く腰痛の時に絶対採ってはいけない食事とは!

by ヘルスケアファクトリー

長引く腰痛の時に絶対採ってはいけない食事とは!

腰痛がなかなか良くならない、長引いた腰痛がつらい、腰痛の原因がわからないという方はいませんか。腰痛は様々な要因が考えられ、多くの方が悩まされいるというのが現状です。

姿勢の悪さからくる背骨の歪み、スポーツや仕事、無理な負荷が長時間かかることによる筋肉疲労、日常生活に潜むストレスなど、どれも腰痛の原因になりえます。

また、高齢になり骨粗鬆症から腰痛を発症することも珍しいことではありません。腰痛は現代の生活から切り離せないくらい、頻繁に起こる症状と言っても過言ではないでしょう。

そして腰痛は食事とも大きく関連しているということをご存知でしょうか。毎日の食生活とも密接な関連があるのです。ここでは長引く腰痛の時に参考にして欲しい食事をご紹介します。

腰痛の時に絶対に採ってはいけない食事をご紹介しますので、腰痛がなかなかよくならない、長引いているという時には是非参考にしてください。

また、腰痛が一旦治っても再発することもありますので、食生活を見直すことをお勧めします。
(さらに…)

腎臓に痛みを感じたら要注意!放置してはいけない5つの事

by ヘルスケアファクトリー

腎臓に痛みを感じたら要注意!放置してはいけない5つの事

腰の辺りに痛みを感じるということはありませんか。腰に慢性的な痛みがある、腰が重たい、違和感があると苦しんでいるという方はいませんか。その痛み、もしかすると腎臓が原因かもしれません。ここでは腎臓の痛みの原因をご紹介しますので、慢性的な腰の痛みが続いているという方は、是非自分の症状と比べてください。

そして自分の症状が腎臓の痛みかもしれない、と少しでも感じることがあれば放置せず、すぐに病院にかかってください。腎臓に痛みを感じたら要注意です。絶対に放置してはいけません。場合によっては緊急を要する時もあります。病院にかかって何もなければ一安心なのですから、少しでも不安要素があれば病院にかかるべきです。

まずは腎臓の位置や大きさ、機能をご紹介します。次いで5つの症状を挙げますので、是非参考にして下さい。
(さらに…)