ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ブヨをはじめとする虫刺されの症状とそれぞれの対応方法

by HC_factory

ブヨをはじめとする虫刺されの症状とそれぞれの対応方法

ブヨをはじめとする「虫刺され」と聞くと夏場を連想しがちですが、季節問わず一年中発生します。ただし冬場より夏場の方が活動する虫が多いため、実際被害が多いのは夏場です。

それだけ虫刺されは私たちにとってありふれた皮膚病の一つと言えます。虫に刺されると赤くなったり、かゆみを帯びたり、腫れたりと様々な症状が起こります。

これは虫からの毒やかゆみ成分が体内に入るためのアレルギー症状です。アレルギー症状の起こり方にはすぐに症状が起きる「即時型反応」と2~3日経って症状が起こる「遅延型反応」があります。

虫に刺された時、自覚した時にはもう虫の姿がないことが多く、何に刺されたのか特定することは難しいです。しかし、刺された場所やアレルギー症状をきちんと把握することで取るべき対応がわかります。

以下に代表的な虫と刺された時の症状、取るべき対応について紹介していきます。
(さらに…)

虫刺されが治らない原因で考えられる5つの事

by HC_factory

虫刺されが治らない原因で考えられる5つの事

気付けばもう何日も虫刺されの赤みが消えない…かゆみが治らない…。そんなことはありませんか。蚊に刺されやすい春から夏頃は肌の露出も増え見た目的に気になります。さらにやっかいなのはあのかゆみに他なりません。

何をしていてもかゆい、かゆみに負けて掻いてしまえば赤みが大きくなってしまったり傷になって今度は痛くなってしまったり。最悪ばい菌が入ってとびひになりかねません。

そもそもなぜ蚊に刺されるとかゆくなってしまうのでしょうか。蚊は皮膚に止まると、いきなり血を吸わずに、まずは唾液を注入します。実はこの唾液には2つの作用があります。

・麻酔作用刺された人間が痛みを感じにくくなる
・血液凝固抑制作用血が固まるのを防ぎを吸いやすくさせる

これらの作用のおかげで人間の目を盗んで、スムーズに血を吸うことができるのです。蚊の唾液に対して人間の皮膚は反応を起こします。実はそれがあのやっかいな赤みとかゆみなのです。

通常ならば2~3日かゆみをじっと我慢すれば赤みとともに自然に治っていくことでしょう。しかし、時に一週間経ってもまだかゆい!ということもありますね。

こういった長引くケースというのは原因があります。ここでは5つ紹介していきたいと思います。
(さらに…)

ブヨや蚊などの虫刺されの症状別、正しく処置する方法

by HC_factory

ブヨや蚊などの虫刺されの症状別、正しく処置する方法

虫刺されと言っても、夏から秋にかけて刺されることの多い蚊から、蜂やムカデ、ブヨといったものまで様々です。あのどうしようもない痒みや痛み、場合によっては赤く腫れあがったり、全身症状として頭痛や発熱、倦怠感まで現れることもあります。

蚊なら対処を知ってるって方も、ほかの虫にはどう対処したらいいの?という方は、多いはず。ここでは紹介していきたいと思います。
(さらに…)

耳たぶが腫れてしまう原因を特定して素早く治す5つの方法

by HC_factory

耳たぶが腫れてしまう原因を特定して素早く治す5つの方法

分厚く肉付きが良ければ、福を呼ぶといわれる耳たぶ。体の中で温度が低く、高温に指が触れた時など反射的に耳たぶに触れてしまいますよね。暇なときにも、ついつい耳たぶを触ってしまうという人もいるのでは?そんな耳たぶを、触ると痛い。腫れてしまった。コリコリしてる。なんて経験ありませんか?

ここでは、腫れた原因と、それぞれの対処法に関して知ってもらいたいと思っています。
(さらに…)