ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

女性によくある巻き爪の治し方と改善方法

by HC_factory

女性によくある巻き爪の治し方と改善方法

皮膚に爪が食い込んでしまう巻き爪。少し歩いただけで激痛が…痛くてヒールを履けない…このような経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

症状が軽い場合は痛みがさほどなく、放置してしまっているうちにある日突然激痛が起こる…なんてことにもなりかねません。痛みが出てくると痛む箇所をかばうような歩き方になり、後々膝や腰の故障にもつながるおそれがあります。

ですから、爪が少し巻いているようだと感じたら、なるべく早く処置を行った方が良いでしょう。現代の女性には巻き爪が増えているといわれていますが、巻き爪の原因には様々なものがあります。

・深爪
・靴のサイズが合っていない
・ハイヒールをよく履く
・加齢
・水虫

上記に挙げたものは原因のほんの一部に過ぎません。実際にはもっとたくさんの理由があるため巻き爪患者は予備軍も含めるととても多いといわれています。

また、巻き爪には大きく分けて二つの種類があります。種類によって治し方の選択も変わってくるため見極めることが重要です。

1、陥入爪爪の端っこの部分が肉にそのまま食い込んだ形状です。このタイプの巻き爪患者が非常に多いです。
2、湾曲爪爪の端っこが湾曲しながら食い込んでいき、足の指先を前方から見ると馬の蹄のような形状をしています。

ひどくなると肉を巻き込んでしまいます。どちらもひどくなると炎症や出血、膿んでしまうこともあるため早めに治療を開始しましょう。
(さらに…)

手湿疹の治し方 絶対やってはいけない5つのこと

by HC_factory

手湿疹の治し方 絶対やってはいけない5つのこと

なかなか治りにくい厄介な手湿疹は季節関係なく症状が現れ、ちょっとした動作や家事すらも刺激となり時として強い痒みを伴います。

水を触る事の多い主婦、理美容師、調理師に多く見られる手湿疹ですが、水を触るなと言うのは無理な話ですよね。そんな手湿疹の治し方は皮膚科で処方される薬と同時進行で日常のちょっとした工夫により改善されます。

もしかしたらふだん何気なくしている行動が手湿疹を悪化させているかもしれません。是非この機会に見直してみましょう。
(さらに…)

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因とは

by HC_factory

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因とは

気付いたら手の甲に赤い斑点ができていた、何気なく手の甲を見たら赤い斑点ができていて驚いてしまったという方はいませんか。

手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができている、何か悪い病気かも知れないと心配になっている方もいるでしょう。また、右手の甲だけ、左手の甲だけに赤い斑点ができている、原因を考えても全くわからないという方もいるでしょう。

手の甲は目立つ箇所であるので恥ずかしい、早急に治したいと焦っている方もいるでしょう。そんな方々のために、手の甲に痛みは無いけど赤い斑点ができる原因をご紹介します。

ここでは5つの原因をご紹介しますので参考にしてください。長い時間放置しそのままにしておくと、症状の悪化や痕が残るということもあり得ますので、できるだけ早く対処することをお勧めします。
(さらに…)

手の甲に出来た赤い斑点の原因と改善方法

by HC_factory

手の甲に出来た赤い斑点の原因と改善方法

寒くなり空気が乾燥してくると肌トラブルが起きやすくなります。中でも手の甲は常に露出しているので赤い斑点などの症状が目に付きやすいため、職場や外出先などで人の視線が気になったりしますよね。

赤い斑点は何か身体の異常ではないか心配にもなりますよね。手の湿疹や発疹は悪化すると治りにくいので悪化する前にケアしてあげましょう。
(さらに…)

亜脱臼で肩を痛めている時に行うべき正しい5つの治療法

by HC_factory

亜脱臼で肩を痛めている時に行うべき正しい5つの治療法

肩がおかしい、動かせるけど違和感がある、たまに痛みがあるけど病院に行くほどでもない、などという状態の方はいませんか。亜脱臼の状態かもしれません。

亜脱臼の状態が慢性化すると四十肩や五十肩に移行しやすく、痛みが持続する原因になってしまいます。亜脱臼とは動かすことはできるが、腱や関節、軟骨が少しずれた状態で、完全に外れてしまった脱臼とは異なります。

少し動かせるがために治療が遅れ、慢性化してしまったり、症状が重くなりなかなか回復しないということに発展してしまうのです。また、痛みを全く感じない場合もあり、発見に相当の時間を要する場合もあります。

ここでは亜脱臼で肩を痛めている時に行うべき正しい治療法をご紹介します。5つご紹介しますので、亜脱臼かもしれないと思ったときは是非実践してみてください。

亜脱臼の発見が遅れても、慢性化してしまっても治療は必要ですから、参考にしてください。
(さらに…)

ストレートネックを改善する為の枕選びのポイント

by HC_factory

ストレートネックを改善する為の枕選びのポイント

PCどの作業やスマホを触るなど、なにかと姿勢の悪くなりがちな生活をしていることが多い現代人ですが、「ストレートネック」という言葉を聞いたことはありますか?

ストレートネックになると頭痛がしたり肩こりになやまされたりと様々な身体の不調をもたらします。でも普段使う枕から予防や改善ができるって知ってましたか?

「ストレートネック」の原因・症状と、どんな枕で寝ると改善するのかをまとめてみました。
(さらに…)

しもやけにとっても効くお薬と早期回復する5つの方法

by HC_factory

しもやけにとっても効くお薬と早期回復する5つの方法

秋が終盤に差し掛かると冬の準備が始まります。それと同時にしもやけの心配も始まり、しもやけ対策を今年こそは万全にしたい!と思われる方もいらっしゃるでしょう。

毎年毎年、秋から冬、冬から春にかけて辛いしもやけで悩んでいるという方はいませんか。しもやけは男性に比べて女性に多く発症し、冬場の寒い時期にピークを迎えます。

体のどこにでもできる可能性はありますが、特に末梢部分の手や足、耳や鼻などの血液が滞りそうな部位に症状が現れやすいのです。

しもやけは血液の循環障害であり、痒みや痛み、腫れやただれ、うっ血という症状をもたらし、一旦症状が現れるとなかなかすぐには治癒しないというのが特徴です。

5つご紹介しますので、まずは実践してみてください。

今年こそはしもやけで辛い思いをしないよう、また、しもやけになってしまっても早期回復できるような方法をお教えします。

(さらに…)

亜脱臼で肩に癖をつけない為に行うべき5つの事

by HC_factory

亜脱臼で肩に癖をつけない為に行うべき5つの事

肩の亜脱臼を知っていますか?そもそも、脱臼と亜脱臼って何が違うんでしょう?脱臼といえば、”顎が外れた””肩が外れた”と、いう経験をされた方もいらっしゃると思います。

骨と骨との繋ぎ目である関節が正常の位置から完全にズレていまい、元の位置に戻らない状態で動かそうとしても動かず一定の角度や位置で固定されてしまいます。

肩は肩甲骨と上腕骨とで関節を形成していて、上腕骨の関節面で球状をしていて、それを肩甲骨がお皿のような形をして受けています。ちょうどお皿の上を三倍ほどあるボールがコロコロ動いている状態です。

このボールが完全にお皿からこぼれてしまうのが、脱臼で完全には落ちないで、筋肉や靭帯・関節包などに支えられて不完全にズレて、また元の位置にすぐ戻るものを亜脱臼といいます。

亜脱臼は、外傷などの後天的に起こるものと先天的に関節の形が不完全などで起こるものとがあり、習慣的や反復しやすく癖になりやすいものです。

ルーズショルダー(動揺肩)といわれるものも肩の亜脱臼になります。ここでは、ルーズショルダーに代表される肩の亜脱臼に関して、何度も亜脱臼を起さないよう行うべきこと5つを紹介していきたいと思います。
(さらに…)

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

by HC_factory

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

冬場になると、手足の指先が赤く腫れあがりジンジンして痛痒くなるイヤーなしもやけ。ここ最近は、地球温暖化のせいか冬場の大雪などで冷え込みが厳しい年も増えました。そんな”しもやけ”ですが、しもやけは別名(凍瘡)ともいいます。では、なぜ”しもやけ”になると赤く腫れあがりジンジン痛痒くなるのでしょうか?

それは、温度が下がることで、からだの熱を逃さないように末端の血管が収縮します。これだけでは、冷えの状態で手足が冷たくなり体温を上げようと”震え”が生じます。血管が収縮した状態から炬燵のように暖かいところにいくと、今度は体熱を逃そうと血管が広がります。

血管が広がる際、動脈は広がりやすく、静脈は広がりにくいため、一気に流れ出した血液が静脈で渋滞をお越し、うっ血になります。そうすると、たまった血液から血漿成分があふれ出し手足をパンパンに腫れあがらせ血管が広がったことにより周りの神経を刺激し痛みや掻痒感を感じるようになります。そんな”しもやけ”になってしまった時には、どんなお薬がよいのでしょう?

今回は、”しもやけ”に効くお薬TOP5を紹介したいと思います。
(さらに…)

突き指の正しい処置の仕方と絶対やってはいけない事

by HC_factory

突き指の正しい処置の仕方と絶対やってはいけない事

スポーツや運動をしている時に身近な怪我として「突き指」になることがあります。突き指はスポーツ中のケガでは多発するタイプのものだと思います。

子供の頃、バスケットボールやバレーボール ドッジボールなどといった球技をしていて突き指になったことがある人は多いのではないでしょうか。「それほどヒドくないかなぁ」と、病院に行かずに放置するしてしまいがち。

しかし、みなさんは、本当に正しい突き指の処置をご存知でしょうか。ここでは、突き指になってしまった際の正しい処置と、突き指にはやってはいけない注意点を紹介します。

処置を誤ると、長期間痛みを引きずったり、指が曲がってしまうこともあるのです。是非、正しい知識を持って、楽しくスポーツに取り組んでほしいです。

(さらに…)