ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

亜脱臼で肩に後遺症を残さず治す為に行うべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

亜脱臼で肩に後遺症を残さず治す為に行うべき5つの事

脱臼と聞くと、「関節が外れた状態」をイメージできると思います。しかし、亜脱臼と聞くと、ちょっと聞き慣れないですよね。亜脱臼と呼ばれる状態は、「関節が完全に外れてはいないけど、少し外れている状態」のことを言います。

そのため痛みや違和感はあるけど大したことないから様子を見ようと放置されやすいケガと言えます。特に肩は転んだり、ぶつかったり、重いものを持ったり、引っ張ったりなどで強い負荷がかかりやすく、受傷しやすい部位です。

もし肩に痛みや関節の動き、形の違和感を感じたら亜脱臼を起こしている可能性が考えられます。もし、亜脱臼を起こしており、気づかず放置してしまうと、慢性的な肩関節周囲炎や、四十肩、五十肩と呼ばれる状態になってしまうこともあります。

もしこのような状態になってしまうと、強い痛みを伴い、痛みからだけでなく思うように動かないといった肩関節可動域制限がかかり、日常生活を送るうえで著しい障害や後遺症になってしまうことがあります。

また、亜脱臼はしっかり治さないと癖になってしまい、繰り返してしまうという特徴もあります。今回はこのような状態にならないために、もし肩関節の亜脱臼が考えられた場合、行うべき5つの方法を紹介したいと思います。
(さらに…)

亜脱臼している肩の治療方法と改善するまでにかかる期間

by ヘルスケアファクトリー

亜脱臼している肩の治療方法と改善するまでにかかる期間

亜脱臼という言葉を聞いたことはありますか?あまり耳にしない言葉かもしれません。脱臼という言葉は知っていても亜脱臼という言葉を聞いたことがないという人が多くいるのではないかと思います。

脱臼というのは、関節が完全に外れている状態で、腕などがブラーンとしている状態を脱臼と言います。それと違い、亜脱臼というのは、動かすことはできるのですが、関節がズレている為に非常な大きな痛みを伴うのです。

関節が完全に外れていることを脱臼、完全には外れていないけれど、ズレて痛みが大きいのを亜脱臼ということになります。亜脱臼による痛みは、スポーツなどでよく使う肩に起こるとも言われており、他にも膝やひじなどにもあります。

日常生活でも使う部分ではあるので、注意することも必要です。その中で肩による亜脱臼の治療方法と改善についてまとめたいと思います。
(さらに…)

亜脱臼で肩に癖をつけない為に行うべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

亜脱臼で肩に癖をつけない為に行うべき5つの事

肩の亜脱臼を知っていますか?そもそも、脱臼と亜脱臼って何が違うんでしょう?脱臼といえば、”顎が外れた””肩が外れた”と、いう経験をされた方もいらっしゃると思います。

骨と骨との繋ぎ目である関節が正常の位置から完全にズレていまい、元の位置に戻らない状態で動かそうとしても動かず一定の角度や位置で固定されてしまいます。

肩は肩甲骨と上腕骨とで関節を形成していて、上腕骨の関節面で球状をしていて、それを肩甲骨がお皿のような形をして受けています。ちょうどお皿の上を三倍ほどあるボールがコロコロ動いている状態です。

このボールが完全にお皿からこぼれてしまうのが、脱臼で完全には落ちないで、筋肉や靭帯・関節包などに支えられて不完全にズレて、また元の位置にすぐ戻るものを亜脱臼といいます。

亜脱臼は、外傷などの後天的に起こるものと先天的に関節の形が不完全などで起こるものとがあり、習慣的や反復しやすく癖になりやすいものです。

ルーズショルダー(動揺肩)といわれるものも肩の亜脱臼になります。ここでは、ルーズショルダーに代表される肩の亜脱臼に関して、何度も亜脱臼を起さないよう行うべきこと5つを紹介していきたいと思います。
(さらに…)