ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

乳児の発熱に慌てず対処!覚えておきたい5つの事

by HC_factory

乳児の発熱に慌てず対処!覚えておきたい5つの事

赤ちゃんの機嫌がなんとなく悪い・・・念のため熱を測ってみたら「39度の発熱」なんてことがあります。小さな体でしんどそうにしている乳児の姿は見ていて心配ですし、特に一人目の子で看病に慣れていない場合はついつい焦ってしまいがちです。

でもお母さん、まずは落ち着いてお子さんの様子を観察してみてください。鼻水や咳はありませんか?食欲はありますか?耳を触るしぐさをしますか?便の状態や発疹の有無など、他にも発熱以外の症状がないか確認しましょう。

基本的には、熱があるだけで夜間や休日診療に駆け込む必要はありません。家庭で適切な対処をして病院の診察時間に受診しましょう。しかし、時には救急で診てもらった方が良い場合もあります。

以下の症状がある時は早急に医師の診察を受けてください。

・生後3か月未満で38度以上の発熱がある
・元気がなく、ぐったりしている
・38度以上の熱があり、頭痛や嘔吐の症状を伴っている
・意識がもうろうとしている
・苦しそうに呼吸をしている
・強い腹痛をうったえる
・ひきつけをおこした

以上は目安ですので、お子さんの様子がおかしいと感じた場合は上記以外でも迷わず受診しましょう。また、受診を迷っている場合は専用の電話窓口があるのでかけてみるといいかもしれません。

症状に応じた対処法や受診の必要性など、アドバイスを受けられます。
小児救急電話相談連絡先
一般ダイヤル回線(携帯・ダイヤル回線使用可)
#8000
(さらに…)