ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ブヨをはじめとする虫刺されの症状とそれぞれの対応方法

by HC_factory

ブヨをはじめとする虫刺されの症状とそれぞれの対応方法

ブヨをはじめとする「虫刺され」と聞くと夏場を連想しがちですが、季節問わず一年中発生します。ただし冬場より夏場の方が活動する虫が多いため、実際被害が多いのは夏場です。

それだけ虫刺されは私たちにとってありふれた皮膚病の一つと言えます。虫に刺されると赤くなったり、かゆみを帯びたり、腫れたりと様々な症状が起こります。

これは虫からの毒やかゆみ成分が体内に入るためのアレルギー症状です。アレルギー症状の起こり方にはすぐに症状が起きる「即時型反応」と2~3日経って症状が起こる「遅延型反応」があります。

虫に刺された時、自覚した時にはもう虫の姿がないことが多く、何に刺されたのか特定することは難しいです。しかし、刺された場所やアレルギー症状をきちんと把握することで取るべき対応がわかります。

以下に代表的な虫と刺された時の症状、取るべき対応について紹介していきます。
(さらに…)

背中の湿疹がひどくなったと感じた時に行うべき7つのこと

by HC_factory

背中の湿疹がひどくなったと感じた時に行うべき7つのこと

ふと気づいたらかゆいところに手が伸びて思いっきりかいてたりしませんか?湿疹は手や足、お腹や頭など身体のどこにでも起きる症状ですが、特に一番辛いのは背中でしょう。

背中は他の部位とは異なり、自分で満足にかくことができないからです。身体が柔らかい人なら別ですが、たいていの人はかゆさを前に翻弄されているはずです。

かゆみというのは痛みと違ってなかなか我慢もできません。しかしこのかゆみ、たかがかゆみと思ってはいませんか?あまり深刻に考えられることがない「かゆい」という行為ですが、時に深刻な状況を招くことあります。

何故かゆみが起きるのか、かゆみが引き起こす症状とは、そしてその対処法について紹介していきます。
(さらに…)

虫刺されが治らない原因で考えられる5つの事

by HC_factory

虫刺されが治らない原因で考えられる5つの事

気付けばもう何日も虫刺されの赤みが消えない…かゆみが治らない…。そんなことはありませんか。蚊に刺されやすい春から夏頃は肌の露出も増え見た目的に気になります。さらにやっかいなのはあのかゆみに他なりません。

何をしていてもかゆい、かゆみに負けて掻いてしまえば赤みが大きくなってしまったり傷になって今度は痛くなってしまったり。最悪ばい菌が入ってとびひになりかねません。

そもそもなぜ蚊に刺されるとかゆくなってしまうのでしょうか。蚊は皮膚に止まると、いきなり血を吸わずに、まずは唾液を注入します。実はこの唾液には2つの作用があります。

・麻酔作用刺された人間が痛みを感じにくくなる
・血液凝固抑制作用血が固まるのを防ぎを吸いやすくさせる

これらの作用のおかげで人間の目を盗んで、スムーズに血を吸うことができるのです。蚊の唾液に対して人間の皮膚は反応を起こします。実はそれがあのやっかいな赤みとかゆみなのです。

通常ならば2~3日かゆみをじっと我慢すれば赤みとともに自然に治っていくことでしょう。しかし、時に一週間経ってもまだかゆい!ということもありますね。

こういった長引くケースというのは原因があります。ここでは5つ紹介していきたいと思います。
(さらに…)

虫刺されが治らない時に確認するべき5つの事

by HC_factory

虫刺されが治らない時に確認するべき5つの事

虫に刺されたと気付いた時には既に虫は去った後で、いったいどの虫に刺されたのか分からない事が多いですよね。蚊に刺された程度なら数分長くて数時間で治ってしまうので、刺された事にすら気付かない事も多いでしょう。

また虫刺されに気付きセルフケアをしてもなかなか治らない事もあります。身近にいる有毒な虫と合わせて症状と対処方法をご紹介します。
(さらに…)

ブヨに刺された時の症状と必ず行うべき正しい対処方法

by HC_factory

ブヨに刺された時の症状と必ず行うべき正しい対処方法

楽しいはずのキャンプがブヨに刺されて大変な思いをした!という経験はありませんか。または、これからキャンプに行く予定だけどブヨに刺されたらどうしたらいいの?という方も必見です。

たかが虫刺されと思って軽く考えていると、後でとんでもなくひどい症状に悩まされます。症状は軽いものから重いものまで様々ですが、ひどいと入院や命の危険にさらされることも極僅かですがあるのです。

そのくらいブヨに刺されるということは大変なことなのです。ブヨに刺された時は、それ相応の正しい対処が必要です。そのためにはブヨに刺された時の症状も知っておかなくてはなりません。

ここではブヨに刺された時の症状と必ず行うべき正しい対処方法をご紹介します。楽しい思い出のキャンプにするために是非ブヨに刺された時の症状を習得し、いざという時に正しい対処ができるようにしましょう。
(さらに…)

ブヨや蚊などの虫刺されの症状別、正しく処置する方法

by HC_factory

ブヨや蚊などの虫刺されの症状別、正しく処置する方法

虫刺されと言っても、夏から秋にかけて刺されることの多い蚊から、蜂やムカデ、ブヨといったものまで様々です。あのどうしようもない痒みや痛み、場合によっては赤く腫れあがったり、全身症状として頭痛や発熱、倦怠感まで現れることもあります。

蚊なら対処を知ってるって方も、ほかの虫にはどう対処したらいいの?という方は、多いはず。ここでは紹介していきたいと思います。
(さらに…)

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

by HC_factory

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

冬場になると、手足の指先が赤く腫れあがりジンジンして痛痒くなるイヤーなしもやけ。ここ最近は、地球温暖化のせいか冬場の大雪などで冷え込みが厳しい年も増えました。そんな”しもやけ”ですが、しもやけは別名(凍瘡)ともいいます。では、なぜ”しもやけ”になると赤く腫れあがりジンジン痛痒くなるのでしょうか?

それは、温度が下がることで、からだの熱を逃さないように末端の血管が収縮します。これだけでは、冷えの状態で手足が冷たくなり体温を上げようと”震え”が生じます。血管が収縮した状態から炬燵のように暖かいところにいくと、今度は体熱を逃そうと血管が広がります。

血管が広がる際、動脈は広がりやすく、静脈は広がりにくいため、一気に流れ出した血液が静脈で渋滞をお越し、うっ血になります。そうすると、たまった血液から血漿成分があふれ出し手足をパンパンに腫れあがらせ血管が広がったことにより周りの神経を刺激し痛みや掻痒感を感じるようになります。そんな”しもやけ”になってしまった時には、どんなお薬がよいのでしょう?

今回は、”しもやけ”に効くお薬TOP5を紹介したいと思います。
(さらに…)

虫刺されが全く治らない時に行うべき治療方法

by HC_factory

虫刺されが全く治らない時に行うべき治療方法

一度は虫刺されにあい、かゆみと痛みで夜もなかなか寝れない状況になった人もいるのではないでしょうか?

虫刺されでもすぐに落ち着き治ると良いのですが、いつまでたっても治らない状況になると、かゆみも落ち着かず辛いですよね。

また、赤く腫れて場所によっては目立ったり、足の部位によっては靴を履くのも辛いので、早く虫刺されを治したいですよね。では、一向に治らない虫刺されを治すにはどのような治療法を行うと良いのでしょうか。今回はその方法について説明します。
(さらに…)

虫刺されのかゆみが治らない時に行う効果的な対処法

by HC_factory

虫刺されのかゆみが治らない時に行う効果的な対処法

外出中に虫に刺されていたり、いつの間にか家に入り込んできている蚊に気が付くのはすでに刺された後。そんな嫌な経験は沢山経験をされていると思います。

多くの場合は放って置いても数時間もすればかゆみも治まるものですが、単純に蚊に刺されるといってもただ掻くだけでは痒みは治らないのです。刺された時の対処法も人それぞれあるようです。

中には迷信めいたものまであるのが現実です。そこで今回は、虫刺されによりいつまでも治らない時に、かゆみを鎮める効果的な方法をいくつかご紹介いたします。
(さらに…)