ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

【過食嘔吐】吐いているのに太るのは何故?

by HC_factory

【過食嘔吐】吐いているのに太るのは何故?

過食嘔吐とは「食べたい」という欲求と「太るのは嫌だ」という気持ちが病的にまで高まって、この相反する二つの要求を無理やり通そうとして「食べたいだけ食べて吐く」という行為に及びます。

雑誌などで綺麗なモデルさんが可愛い洋服を着こなしている。そういった憧れからダイエットを始める女性も多いかと思います。

最初は軽い気持ちで始めたものの次第に食べることに罪悪感を覚え、自分の欲求を押し込めて我慢をする日々。しかし募った欲求はある日プチッと途切れ理性が追い付かないほどに食べてしまう。

そして我に返り、罪悪感に苛まれて食べたものを吐き出すという結論に至る。こういった女性が現在増えていると言われています。

実はこの過食嘔吐ですが嘔吐をしているから痩せていくかと思いきや以外にも太る方が多いのです。それが元となり、さらに過酷なダイエットを科して衝動的な過食嘔吐を繰り返すという悪循環に陥りがちです。

では、いったい何故吐いているにもかかわらず太ってしまうのでしょうか。
(さらに…)

血管年齢が若返りする毎日できる簡単改善法

by HC_factory

血管年齢が若返りする毎日できる簡単改善法

「いつまでも若くありたい」人間誰しもが抱く希望ですが、それを叶えるのはなかなか難しいものです。私たちは皆平等に歳をとっていきます。

そして歳を重ねるにつれて確実に体力は衰え、きれいだった肌もハリやツヤが失われていきます。それが老化というものであり、この世に生きている以上はどうしようもないことなのです。

この老化という現象は目に見えるものに限らず、見えない身体の内部にも及びます。心臓や肺、胃などの臓器も段々機能が衰えていくのです。

そして何と血管にも年齢という概念があり、身体中に張り巡らされた血管もゆっくりと老いていくのです。皆さんはイメージできるでしょうか?

血管が老いるというのはどういうことなのか。血管は老いるとしなやかさを失い硬くなります。硬くなった血管はもろくなり、破れたり詰まったりしやすくなります。それが心筋梗塞、もしくは脳梗塞と呼ばれる病気です。

血管の老化は重大な病気の危険性を高めることに繋がります。現代社会においてこの血管年齢は歳をとった人だけでなく、若い人でも老いている人が増えていると言われます。

若くいるためにはまず血管から若くならなければいけないのです。では血管年齢を若返らせるためにはどうしたらよいでしょうか?その方法について以下に紹介していきます。
(さらに…)

ワキガをチェックした後で必ず行うべき5つの事

by HC_factory

ワキガをチェックした後で必ず行うべき5つの事

ワキガと聞くとワキ汗をかいたり、な~んか臭ったりすると、日本人は世界の中でも体臭やニオイそのものに対して嫌悪感を示すきれい好きな民族ですので、ワキが少しでも臭えばニオイそのものが気になるし、人の目も気になってしまいます。

ニオイに敏感な日本人だからこそ気になるワキガですが本当にワキガなのか部位ごとにチェックをしてみましょう。
(さらに…)

血管年齢を10歳若返りさせるオドロキの方法

by HC_factory

血管年齢を10歳若返りさせるオドロキの方法

現代の食生活や生活習慣は様々な病気の要因に繋がっています。日本人の死亡率一位はガンですが、血管系の病気である心疾患や脳血管は二位と三位で死亡率が極めて高い病気と言えます。

心疾患も脳血管も今では年配の病気ではなく20代でも発症しています。血管系の病気は予兆らしいものがないので発作で倒れて気づく事も多く最悪は死亡してしまう事もあります。

少し前までは血管年齢は若返らないと言われていましたが、今では血管年齢は若返りする事が証明されています。

日常生活の中で血管年齢を若返らせる簡単な方法をご紹介します。
(さらに…)

それリウマチ初期症状かも?今すぐ確認できる5つの事

by HC_factory

それリウマチ初期症状かも?今すぐ確認できる5つの事

身近な病気の一つに「リウマチ」がありますが、家族や身近な人でリウマチの治療中という人は多いのではないでしょうか?そして、まだ自分には関係ないと思っていませんか?

リウマチはなんと、30代から発症すると言われているんです!このリウマチ初期症状はうっかり見逃してしまいがちなサインが多く、気付いた時には症状が進行していたという人は多いのです。

リウマチは男性に比べると女性に多く見られるので、リウマチ初期症状を見逃さず早期発見をして軽症の内に治療し完治させ楽しい人生を送りたいですね。

では、見逃してはいけないリウマチ初期症状を今すぐ確認してみましょう!
(さらに…)

手軽に善玉菌を増やす方法と5つのメリット

by HC_factory

手軽に善玉菌を増やす方法と5つのメリット

あなたは「善玉菌」や「悪玉菌」といった言葉を聞いたことはありませんか?たいていの人は聞いたことあると思いますが、聞いたことはあっても「どんなもの?」と問われたら言葉に詰まってしまうかもしれません。

簡単に言ってしまえば、その名の通り身体にとって良い菌と悪い菌です。これらの菌のバランスで人の身体の健康は簡単に左右されてしまいます。

善玉菌を増やす事により健康維持や免疫アップ、または精神の安定をもたらし、悪玉菌が多いと便秘を起こしやすくなり新陳代謝が低下して肌トラブルが起きたり、免疫力が低下して疲れやすくなったりします。

善玉菌を多く保つことが身体を心身ともに健康に保つ秘訣なのです。では善玉菌を多く保つ秘訣、増やす方法には何があるでしょうか?
(さらに…)

リウマチ初期症状を理解して進行予防させる5つの方法

by HC_factory

リウマチ初期症状を理解して進行予防させる5つの方法

「うちの母がリウマチで」とか「リウマチで関節が痛くて」という言葉を、たまに耳にします。なんだか大変そうと思いますが、詳しくは知らない人が多いと思います。

昔は、リウマチで指の形が変わったお年寄りがたまにいましたが、最近はみかけなくなりました。リウマチは、関節やその周囲に痛みが起きる病気で、一般的にいわれているリウマチは「関節リウマチ」のことを指しています。

最初は「手がなんとなくむくんでいるかな」という軽い症状からはじまることが多いですが、進行すると関節が動かなくなったり、形が変わったまま戻らなくなることがあります。

昔、リウマチは治らない病気とされてきましたが、最近は研究がすすみ、治療方法や新しい薬が次々と開発されています。完治を目指し、さらに再発しないようにする時代になりました。

リウマチかな?と思ったとき、それ以上進行しないように予防もできます。では、リウマチについて、詳しくみていきましょう。リウマチの原因は、免疫システムが誤動作することからおきます。

本来、からだを守る免疫システムが異常をきたし、守るはずの自身のからだを攻撃してしまいます。からだの中でも、関節をスムーズに動かすための滑膜が攻撃され炎症をおこすケースが多いようです。

また、炎症が起きると、サイトカインという物質が分泌され、これが炎症を悪化させます。最近の治療では、サイトカインの働きをおさえ、炎症を鎮静化させることができるようになりました。

炎症が悪化すると、関節が動かなくなることがあるので、予防や早期治療が大切になってきます。免疫システムがなぜ異常をきたすのかは解明されてないものの、ストレスや喫煙、ウイルス感染がきっかけで発生するのではないかといわれています。

また、発症の多くは30代~50代の女性です。男性よりも女性が多くリウマチになるようで、その割合は4:1ぐらいです。遺伝的にもともとなりやすい体質が原因と言われてきましたが、そうとは限らないケースも多いようです。

ストレスやウイルス感染、不摂生がきっかけで発症するようなので、ストレスからよく体調を崩しやすい人や、ウイルス感染にかかりやすく、かかったら重症になりやすい人は、リウマチを発症してしまうことがあるので、そういう場合は注意が必要です。

また、このような免疫システムの異常からおきる病気を自己免疫疾患といい、リウマチのほかに、慢性甲状腺炎やバセドウ病、悪性貧血、原発性胆汁性肝硬変などがあります。

リウマチの進行を予防のためには、リウマチ初期症状を知ることが大切です。リウマチ初期症状で典型的なのは、朝起きたときの、軽い手のむくみや腫れです。

ごくわずかな違和感からはじまりますが、疲れやすくなったり、微熱が続くようになることもあります。起床後30分以内に症状がもっとも出やすく、関節の痛みや腫れは第2関節に出ることが多く、また左右対称になりやすいことが多いようです。

しかし、右だけ、左だけの場合もあるようです。また、水分や塩分のとりすぎ、ホルモンバランスの崩れからも、同じような症状になることがあるので、初期症状ではリウマチとは違う原因を疑う人が多いようです。

リウマチ初期症状から、本格的な進行になるのはほんの少しです。この段階で、予防をすれば充分に対処できます。では、リウマチの初期症状から進行しないための予防方法をご紹介します。
(さらに…)

血管年齢測定方法とマイナス5歳を保つ5つの方法

by HC_factory

血管年齢測定方法 マイナス5歳を保つ5つの方法

よくテレビで取り上げられる「血管年齢」、血管年齢という言葉は聞いた事があるけれどどういう意味なのか知らない人は意外と多いです。血管年齢とは血管の硬さを表しています。血管年齢が若いと血管はしなやかに動きますが年齢が下がると血管が硬くなってしまい柔軟さが無くなってしまいます。

血管年齢気にはなりつつも、自分にはまだ関係がないと思っていませんか?血管年齢を測る為だけに病院に行く暇が無いという人は多いと思います。ですが血管年齢は病院以外でも自宅で簡単に測定する事が出来るのです。

血管年齢が実年齢より上回ると動脈硬化になりやすくなるだけではなく、動脈硬化から様々な病気を発症してしまう危険性があるのです。血管年齢が上がる原因はタバコやストレス、肥満など生活習慣の乱れ・食生活の乱れによるものですが、逆を言えば食生活と運動で血管年齢を若返らせる事が出来るのです。

思い当たる人は血管年齢を測定して動脈硬化にならないよう予防してみませんか?
(さらに…)

口内炎治療に効果的な食事と効くその理由

by HC_factory

口内炎治療に効果的な食事と効くその理由

口内炎が出来ると飲み物や食べ物を口に入れた時のあの強い痛みがとても不快ですね。そもそも口内炎の原因は食生活の偏りと生活習慣の乱れにあると言われています。

食事や生活習慣を改善をする事で口内炎が出来てしまうのを防ぐ事が出来ますが、出来てしまってはあの痛みに1週間~10日程耐えなくてはいけません。

そして、あの痛みからお腹が空いていても食べたくないと思う人も多いと思いますが、その間食事を摂らない訳にはいきません。どのみち食事をしなくてはいけないのですから、毎日毎食を口内炎治療に効く食事に変えれば治療効果は上がります。

口内炎に効く食事で口腔内の粘膜の健康維持も可能になります。是非、取り入れてみてはいかがでしょうか?
(さらに…)

血管年齢を自宅で測定!すぐにできる5つの方法

by HC_factory

血管年齢を自宅で測定!すぐにできる5つの方法

血管年齢という言葉を、テレビなどで耳にすることがありますよね。タレントの方が、実年齢より高かったとか低かったという測定が出て、一喜一憂している場面を見ることがあります。

でも、一般の人は、血圧や脈拍の測定や血液検査をすることはあっても、血管年齢を測定することは特に意識していないと、あまりないように思います。

血管年齢とは、言葉のとおり血管の年齢のことで、血管の老化の目安になります。若いときの血管は、弾力があって柔軟で健康な状態ですが、年齢を重ねると柔軟さがなくなり、硬くなっていきます。

若いときは、多少脂っこいものを食べても、コレステロールが血管につくことがありませんが、血管が年をとってくると、コレステロールが付着しやすくなります。

また、緊張したときや運動をしたときなど、心臓が早く動いているときは、血液が血管の中をすごい速さで流れます。そのとき、血管が固いとその血液を受け止めきれずに傷がつきやすくなります。

その傷がもとで血栓になることがあります。さらに、血液の流れがとまると脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞になってしまいます。そうなると急速に生命の危険性が高まります。

また、血管は外から見えないうえに、症状がでたときには、すでにいのちに関わる状態になっていることが多いので、すい臓と同じように「沈黙の臓器」といわれています。

ですので、血圧や血液検査と同じように、血管年齢を測定し、自分の血管の年齢を知ることが大切です。もし、実年齢より高い場合でも、日ごろの習慣を少し見直すことで、血管年齢を下げることができます。

食生活では、お肉よりも魚を多く食べるようにしましょう。魚に含まれているDHAやEPAが血管年齢を下げてくれます。これらは中性脂肪を減らして、動脈硬化のリスクも減らすことができます。

他には、食物繊維を多くとるようにしましょう。食物繊維は、コレステロールの吸収をおさえる働きがあります。食物繊維を多く含んでいる食材は、海藻類やきのこ類、ゴボウなどの野菜があります。大豆に含まれているイソフラボンも、動脈硬化を予防してくれます。

特に納豆に含まれているナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果があるといわれています。適度な運動も血管年齢を下げる効果があります。

最近は運動不足の人が多く、特にパソコンなどのデスクワークを長時間している人は、ストレッチや散歩、軽いジョギングなどをすると良いでしょう。

このように、血管年齢についてみてきましたが、実際に血管年齢の測定ができるのは、病院だけと思われている人が多いと思います。しかし、実は自宅でも簡単に測定できます。

仕事をしている方は、病院になかなか行くチャンスがない方も多いでしょうし、そもそも、どこの病院の何科に行っていいかもわかりづらいです。

なので自宅で気軽に測定できたら便利ですよね。そこで、自宅で簡単に血管年齢を測定する方法をお伝えします。
(さらに…)