ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ただの風邪なのに点滴を打つ本当の意味とは

by ヘルスケアファクトリー

ただの風邪なのに点滴を打つ本当の意味とは

風邪を引いてしまったときに病院で注射や点滴を受けたことがある人や、家族や友人などの中にそのような経験をしたという話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?また、40~50代以上の方の中には子供の頃に風邪を引いて病院に行くと、お尻に注射を打ってもらったことのある人も多いのではないでしょうか?

このような風邪を引いたときの注射や点滴によって症状が早く収まったと感じることもあるということなので、その注射や点滴にはどのようなものがあるのかを調べてみました。

風邪に対しての点滴や注射には、過去には行われていたけれども現在はほとんどもいいられないものも含めて、以下の4つが使われているということです。

1.抗生物質の点滴
2.栄養剤の点滴
3.ビタミンの点滴
4.解熱剤の注射

それぞれがどんな効果を期待して使われているのかを詳しく説明していきましょう。
(さらに…)

抗生物質を摂取している時のアルコールが危険な理由

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質を摂取している時のアルコールが危険な理由

体調が悪く熱があるといった時に、病院に行って薬を処方されることがあると思います。その時に医師から「抗生物質も出しておきますね」と言われることもあるのではないでしょうか。この抗生物質とは、病気の原因となる病原菌を殺したり、抑えたりする薬のことです。

この薬を処方され数日後、まだお薬を飲んでいる時に、体調も良くなってきたのでお酒を飲みたいという人もいると思います。ですがその抗生物質を取り込んでいる内にアルコールを摂取するという行為は危険なのです。

では何故危険なのでしょうか。抗生物質の関係と含めてお話ししたいと思います。
(さらに…)

抗生物質とアルコールを同時に飲んではいけない5つの理由

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質とアルコールを同時に飲んではいけない5つの理由

病院に罹ったら抗生物質が処方されたけどアルコールと一緒にのんでもいいのか、と不安に思っている方はいませんか。抗生物質とアルコールを一緒に飲んでいいのかどうか、医師や薬剤師に聞こうかどうしようか迷っている方はいませんか。

わざわざ電話で聞くことでもないし、そこまでしてアルコールを飲みたいのかと思われてもイヤだし、と考えている方など多数いることでしょう。基本的に薬とアルコールを同時に飲んではいけません。

抗生物質とアルコールを同時に飲むこともいけません。ここでは抗生物質とアルコールを同時に飲んではいけない理由をご紹介します。5つご紹介しますので、参考にしてください。
(さらに…)

風邪に点滴が必要?知っておくべきその効果

by ヘルスケアファクトリー

風邪に点滴が必要?知っておくべきその効果

風邪をひいて辛くてどうしようもない時、病院に行って点滴で楽になったという経験のある方も多いのではないでしょうか。点滴をすることで、すみやかに風邪の症状をおさえる、もしくは点滴をしたら風邪が治る!と思われがちです。

しかしながら、点滴が全く効果が無いわけではありませんが、実際には風邪は内服薬が一番なのをしっていましたか?

では、風邪を引いた時に点滴をすることで、なぜ体が楽になったように感じるのでしょうか。また、そもそも点滴する事でどんな効果があるのでしょうか。

ここでは、点滴の効果について知っておいていただきたいことをご紹介します。
(さらに…)

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

けがをしたときや風邪をひいたときなどに病院を受診した際、「念のために抗生物質も出しておきますね」と言われることがありますよね。その作用がよくわからないまま「はい、お願いします」と答える人が多いのではないでしょうか。

でも、その抗生物質の副作用で下痢をすることがあります。病気やけがを治すためにもらった薬で、逆に体調が悪くなることがあるとはいったいどういうことなのでしょうか?

そもそも、抗生物質とは、病気の原因の細菌を退治したり、増えるのをおさえる作用があります。最近は、抗菌剤ともいわれています。そんな大切な役割がある抗生物質で、なぜ下痢をするのか、その原因をみていきましょう。

からだの腸内には、悪玉菌と善玉菌という腸内細菌があります。悪玉菌は、その名のとおり腸内に悪影響を与える細菌です。逆に善玉菌は良い影響を与えて健康に保つ働きがあります。

抗生物質は、この悪玉菌を退治するために処方されます。しかし、このとき悪玉菌だけでなく、からだに必要な善玉菌までやっつけてしまいます。

腸内を整えてくれている善玉菌がなくなると、おなかの調子が悪くなり、下痢をしてしまいます。下痢は、抗生物質を飲んでもまったくならない人と、少し飲んだだけでも下痢をしてしまう人がいます。

下痢になっても、病気やけがを治すために飲んでいる薬なので、簡単にやめるわけにもいかないので、困ってしまいますよね。でも、少し気をつけるだけでこの下痢を改善できます。その方法をご紹介します。
(さらに…)

抗生物質服用時にアルコール等、一緒に飲んではダメなモノ

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質服用時にアルコール等、一緒に飲んではダメなモノ

風邪の時などに出される抗生物質。数日間飲み続けなければならず、その間様々な摂取制限がかかります。

カラダが病んでいるわけなので当然といえば当然ですが、仕事などでどうしてもお酒などのアルコールを飲んだりしないといけないこともあります。抗生物質服用に関して、注意しなければいけないことなどまとめてみました。
(さらに…)

抗生物質を市販で購入した時に絶対気を付けるべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質を市販で購入した時に絶対気を付けるべき5つの事

風邪をひいたときなど、受診するほどでもないなと感じたとき「病院の待ち時間が煩わしい」なんて理由から、抗生物質って市販で売ってないのかな?なんて思ったことはありませんか。

しかしクスリなので簡単に手に入れて用法・容量を守らないと大変なことにもなりかねません。市販で購入しても絶対に気をつけなければいけないことをまとめてみました。
(さらに…)

抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法

風邪で具合が悪くて病院を受診、処方された薬を服用したらひどい下痢に悩まされたという方はいませんか。風邪よりも下痢の方がひどく、更に具合が悪くなったという経験をされた方は、比較的多いのではないでしょうか。

また歯医者で抜歯のあとに処方された薬を服用したら下痢が止まらない、皮膚科で化膿止めとして処方された薬を服用したら下痢が止まらいという経験をされた方も多いでしょう。

これらはすべて抗生物質が処方され、抗生物質の服用により下痢を引き起こしていると思われます。抗生物質は大切なお薬で、服用の必要があるから処方させているのです。

下痢が怖いから服用したくない、服用しないと思っていると、よりひどい症状に悩まされたり、回復に長期間必要になることも考えられます。

ここでは抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法をご紹介します。下痢になる理由がわかれば、抗生物質を服用しようという気持ちが湧いてきます。

また改善方法がわかれば、気楽に抗生物質を服用することが出来ます。抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法を知り、正しい服用をすることで早期に治療・回復するようにすることが大切です。
(さらに…)

抗生物質とアルコールが引き起こす副作用のまとめ

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質とアルコールが引き起こす副作用のまとめ

風邪をひいたり、怪我をして黴菌が入ったりした場合に、抗生物質を処方されることがあります。お医者さんに処方してもらった薬をなんとなく飲んでいたり、風邪のお薬だからそんなに強くないでしょ?なんて思い、アルコールや水以外の飲料で飲んでいませんか?

ここでは、抗生物質を飲んだ時にカラダにもたらす影響や、副作用を理解して間違った服薬をしないよう知ってもらいたいと思います。
(さらに…)

抗生物質にも副作用はあります!危険を回避する5つの方法!

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質にも副作用はあります!危険を回避する5つの方法!

抗生物質は風邪などの様々な感染症に対して、また歯の治療後などに予防的にも処方される薬です。抗生物質は手にする機会の多い薬ですから、その分副作用に悩んだ経験のある方も多いのではないでしょうか。

抗生物質の副作用には、胃の痛みや胃もたれ、下痢、湿疹など、様々な副作用が報告されています。治療のために飲んでいる薬で新しい症状に悩むのはつらいものですよね。

今回は、抗生物質の副作用を少しでも抑えるための方法を5つご紹介します。ポイントは、食事や飲み物との組み合わせ、正しい服用の仕方を知ることで抗生物質の副作用に対抗することです。

抗生物質の特性を知って、なぜその副作用が起こるのか、その副作用を抑えるためにはどのような対処を行えばいいかというお話をしていきます。
(さらに…)