ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ただの風邪なのに点滴を打つ本当の意味とは

by ヘルスケアファクトリー

ただの風邪なのに点滴を打つ本当の意味とは

風邪を引いてしまったときに病院で注射や点滴を受けたことがある人や、家族や友人などの中にそのような経験をしたという話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?また、40~50代以上の方の中には子供の頃に風邪を引いて病院に行くと、お尻に注射を打ってもらったことのある人も多いのではないでしょうか?

このような風邪を引いたときの注射や点滴によって症状が早く収まったと感じることもあるということなので、その注射や点滴にはどのようなものがあるのかを調べてみました。

風邪に対しての点滴や注射には、過去には行われていたけれども現在はほとんどもいいられないものも含めて、以下の4つが使われているということです。

1.抗生物質の点滴
2.栄養剤の点滴
3.ビタミンの点滴
4.解熱剤の注射

それぞれがどんな効果を期待して使われているのかを詳しく説明していきましょう。
(さらに…)

結膜炎で市販の目薬を選ぶときに確認するべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

結膜炎で市販の目薬を選ぶときに確認するべき5つの事

朝起きて鏡を見たら白目が真っ赤に炎症を起こしていたら、「結膜炎かな?」と思うでしょう。症状は自覚症状が無い物から、強い痛みで目が開けられないものまであります。結膜炎とは目を覆う結膜が炎症を起こす事で、原因の違いによって「感染性結膜炎」「非感染性結膜炎」の2つに大きく分けられます。

感染性結膜炎は常在菌などの細菌に感染して起こる「細菌性結膜炎」とアデノウイルスなどが原因の「ウイルス性結膜炎」があります。特にアデノウイルスが原因のウイルス性結膜炎は非常に感染力が強く集団感染の原因になるので、罹った時は人との接触を控えるなどの注意が必要です。

また、非感染性結膜炎ではアレルギーやアトピーが原因の結膜炎で充血が強い場合でも、人に感染する心配はありません。このように結膜炎と言ってもその原因は複数あり、市販の目薬を選ぶときには原因を知らなければ正しい物が手に入りません。

そして結膜炎の場合、他にも注意点があります。今日は結膜炎で市販の目薬を買う時に、確認しておかなければけないことを5つ紹介します。
(さらに…)

風邪に点滴が必要?知っておくべきその効果

by ヘルスケアファクトリー

風邪に点滴が必要?知っておくべきその効果

風邪をひいて辛くてどうしようもない時、病院に行って点滴で楽になったという経験のある方も多いのではないでしょうか。点滴をすることで、すみやかに風邪の症状をおさえる、もしくは点滴をしたら風邪が治る!と思われがちです。

しかしながら、点滴が全く効果が無いわけではありませんが、実際には風邪は内服薬が一番なのをしっていましたか?

では、風邪を引いた時に点滴をすることで、なぜ体が楽になったように感じるのでしょうか。また、そもそも点滴する事でどんな効果があるのでしょうか。

ここでは、点滴の効果について知っておいていただきたいことをご紹介します。
(さらに…)

抗生物質を市販で購入した時に絶対気を付けるべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質を市販で購入した時に絶対気を付けるべき5つの事

風邪をひいたときなど、受診するほどでもないなと感じたとき「病院の待ち時間が煩わしい」なんて理由から、抗生物質って市販で売ってないのかな?なんて思ったことはありませんか。

しかしクスリなので簡単に手に入れて用法・容量を守らないと大変なことにもなりかねません。市販で購入しても絶対に気をつけなければいけないことをまとめてみました。
(さらに…)

肌荒れを薬だけに頼らずきれいに治す5つの方法

by ヘルスケアファクトリー

肌荒れを薬だけに頼らずきれいに治す5つの方法

肌荒れと聞くと冬場のガサガサ肌を思い浮かべます。けれど、夏場にも冷房の冷たい風にさらされていたり、日焼けなどでお肌はダメージを受けているのです。この肌の乾燥は皮膚のバリア機能が低下して、お肌のトラブルの原因になります。

夏場は特に肌を露出する機会も増えるので、できる事ならきれいなお肌の状態を保ちたいですよね。生活習慣が乱れていては、いくら良いお薬を使っていても、肌荒れもなかなか良くなることはありません。

お薬を使いながら、より効果的に早くきれいな肌になるにはどうしたらよいのか・・・ そんな方法を今回はご紹介していきます。
(さらに…)

抗生物質にも副作用はあります!危険を回避する5つの方法!

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質にも副作用はあります!危険を回避する5つの方法!

抗生物質は風邪などの様々な感染症に対して、また歯の治療後などに予防的にも処方される薬です。抗生物質は手にする機会の多い薬ですから、その分副作用に悩んだ経験のある方も多いのではないでしょうか。

抗生物質の副作用には、胃の痛みや胃もたれ、下痢、湿疹など、様々な副作用が報告されています。治療のために飲んでいる薬で新しい症状に悩むのはつらいものですよね。

今回は、抗生物質の副作用を少しでも抑えるための方法を5つご紹介します。ポイントは、食事や飲み物との組み合わせ、正しい服用の仕方を知ることで抗生物質の副作用に対抗することです。

抗生物質の特性を知って、なぜその副作用が起こるのか、その副作用を抑えるためにはどのような対処を行えばいいかというお話をしていきます。
(さらに…)

抗生物質の副作用とは?正しい情報で安全につきあう方法

by ヘルスケアファクトリー

抗生物質の副作用とは?正しい情報で安全につきあう方法

抗生物質の正しい情報をご存知ですか。抗生物質は内科や耳鼻咽喉科、小児科、整形外科、歯科などあらゆる診療科から処方されることがある薬です。それだけ私たちの身近な薬と言えるのではないでしょうか。

しかし、身近な薬でありながら正しい情報を得られていないというのが正直なところです。抗生物質と一言で言っても種類は何十種類もあり、その中から医師が症状により処方するお薬を決めるのです。

抗生物質の系統、選択薬はとても素人が決められるものでは無く、医師の判断の上、正しく服用することが大前提です。そして、処方された量をしっかりと最後まで服用し、病気を治すことに専念することです。

一方で、抗生物質に限らず薬には副作用があるということも事実です。医師や薬剤師の言う通りに正しく服用しても、副作用の症状が現れることはあります。ただし、正しい情報を持って安全につきあえば何も恐れることはありません。

ここでは、抗生物質と安全につきあうために、頻度の高い副作用をご紹介します。5つご紹介しますので参考にしてください。抗生物質を服用して、以下にご紹介する症状が現れた時は医師や薬剤師に相談してください。
(さらに…)