ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

[ふくらはぎ]だるいと感じる様々な原因と対処方法

[ふくらはぎ]だるいと感じる様々な原因と対処方法

ふくらはぎがだるくてだるくて仕方がないと困っている方はいませんか。または、そこまではひどくなくても、ふくらはぎが何となくだるい、重いと感じている方はいませんか。

朝起きた時にふくらはぎがだるいという方、歩いている時にふくらはぎがだるいという方、仕事中や仕事終了後にふくらはぎがだるいという方など、ふくらはぎのだるさは様々な場合に現れます。

また、季節によってふくらはぎがだるいと感じる人もいるでしょう。ふくらはぎのだるさがあまりにもひどいと体全体のだるさへと広がり、体を動かすのもやっとという状態にもなりかねません。

そのようなひどい状態になる前に早めに原因を追究し、だるさ解消に努めることが大切です。ここでは、ふくらはぎがだるいと感じる様々な原因と対処方法をご紹介します。

5つご紹介しますので、自分に当てはまると思う原因と対処方法を見つけ、ふくらはぎのだるさが解消される生活を目指してください。



 

[ふくらはぎ]だるいと感じる
様々な原因と対処方法

 

疲労の蓄積


日々の忙しい生活のなかで、知らず知らずのうちに疲労が蓄積しているのかもしれません。日々の通勤、仕事、家事、子育て、勉強など当たり前としている日常生活の中で、疲労は蓄積していきます。

誰しもが日常生活を送るに当たり、少し無理をしたり、頑張り過ぎたということはあるものです。それが重なると少しずつ疲労が蓄積され大きな症状となって現れる、ふくらはぎのだるさとなって現れるということも十分にあり得るのです。

まずは十分に体を休めること、ゆっくりとする時間をつくることが大切です。意識して時間をつくることで、体だけでなく心も休まります。

また、十分な睡眠を摂ることも大切です。年度末、年度始めなどは様々な生活の変化や行事が重なり、睡眠不足になりがちです。季節の変わり目は毎日の気温の変化に体がなかなかついて行けず、疲労が蓄積することもあります。

睡眠は全てにおける活力です。良質な睡眠を摂ることで頭も、体も、心もスッキリすることは間違いありません。深夜12時前にはベッドに入る、寝る前のスマホやテレビ、読書など神経を高ぶらせるものは避ける、食事やアルコールなども避ける、など良質な睡眠を摂るために工夫することが大切です。

疲労解消と良質な睡眠で、ふくらはぎのだるさ解消につなげてください。

 

血行不良


ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているように心臓のようなポンプの役割があります。下半身に流れた血液を上半身に押し戻すという役割であり、ふくらはぎにより血液の循環がスムーズになるのです。

しかし、その働きが弱まり下半身に血液が滞ると血行不良となり、ふくらはぎにむくみが生じたり、冷えで痛みが生じたりということも起こり得るのです。

一定期間ずっと同じ体勢でいること、例えば座りっぱなし、立ちっぱなしでいることは血行不良の状態を生み出します。また、同じ姿勢で寝ているときも血行不良になりやすいと言えます。

意識して体勢を変えることが大切であり、体を動かし血液の流れを良くする、簡単なストレッチを取り入れる、脚だけでも少し動かす、マッサージをするなどが必要となります。

また、寝ている時は頭の位置よりも足の位置を少し高くして寝ることにより、ふくらはぎの負担が軽減されます。そのためふくらはぎのだるさが和らぐとも考えられます。

 

筋肉の凝りや衰え


ふくらはぎの筋肉が上手く機能しないと、上半身に血液を押し戻すポンプの役割も上手く機能しません。一定の時間同じ姿勢でいる、座りっぱなし、立ちっぱなしでいる時は、休憩をこまめに取り入れ体を動かすことが大切です。

ストレッチやマッサージなど簡単な動きをすることで、体は動き始めます。凝りを取り除くことにより、体中の血液が循環し始め、ふくらはぎがスッと楽になることでしょう。

また、筋肉の衰えは誰しもが経験することですが、自ら意識をすることによりその衰えを弱めることができます。ウオーキングやスイミングなどできることから始め、少しずつ筋肉をつけていくことをお勧めします。

ただし、絶対に無理はしてはいけません。歩きすぎ、やり過ぎで体を痛めては意味がありませんから、もう少しやれるかな、という程度で止めておくということが大切です。

 

アルコールの過剰摂取


アルコールには血管収縮作用、また利尿作用があります。これにより血液の流れは滞り、血行不良の状態を引き起こします。知らず知らずのうちに、ふくらはぎに大きな負担をかけてしまっているのです。

過剰なアルコール摂取は自分が思っている以上に体へ負担をかけているということであり、体の悲鳴がふくらはぎのだるさとして現れているのです。

アルコール摂取時は必ず水を飲む、摂取後も水分補給をする、アルコールの過剰摂取にならないようゆっくりと休憩を入れながら摂取するということも大切です。また、食事のペースに合わせてアルコールをとることも効果的です。

 

ビタミンやミネラル不足


ビタミンやミネラルは体の機能維持に大切な栄養素です。筋肉を動かしたり、体中に酸素を行き渡らせるためにも必要なものです。

普段の食事で摂取することが大切ですが、体がだるい、ふくらはぎがだるいと感じた時は、健康補助食品を利用することも必要です。

意識してビタミンやミネラルを取り入れる工夫をすることが、重症にならないようにする手段と言えます。

 

以上、ふくらはぎのだるいと感じる様々な原因と対処方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるくらい重要な役割をしています。そのふくらはぎがだるいということは、体に負担がかかっているということを証明するものです。

日常の生活を見直し、ストレスを溜めない、休憩や休暇を入れる、十分な良質な睡眠を摂る、食生活や生活習慣を見直すなどを取り入れることが大切で、日々の工夫で改善されれば、これほど簡単なことはありません。

是非、自分の生活を見直すという事から始めてください。

 

まとめ

[ふくらはぎ]だるいと感じる様々な原因と対処方法

・ 疲労の蓄積
・ 血行不良
・ 筋肉の凝りや衰え
・ アルコールの過剰摂取
・ ビタミンやミネラル不足