ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

様々な水ぶくれの原因毎に正しく処置して治す方法

様々な水ぶくれの原因毎に正しく処置して治す方法

靴擦れややけどをすると水ぶくれが出来ますよね。そういう水ぶくれが起きるとどうしてもそれをつぶしたくなります。ですが、原因によっては処置をする方法がそれぞれ違うのです。

靴擦れなどの生活に支障がきたす部分の水ぶくれは痛みが常に伴うので辛く、また、やけどの水ぶくれの場合は処置の方法を間違えてしまい、やけどの跡を残すような事になっては、やけどの肌を出して人前に出るのも嫌になります。

では、いろんな原因で起こる水ぶくれはどのようにして処置をして治していくと良いのでしょうか。今回はその方法について説明します。



 

様々な水ぶくれの原因毎に

正しく処置して治す方法

 

やけどの水ぶくれはつぶさずにそのままにする


やけどが原因で水ぶくれが起きた状態だと軽度のやけどではない状態です。皮膚の損傷が激しい状態でのやけどなので、消毒をせず、無理に水ぶくれが破れる事が無いようにガーゼやケアパットなどで皮膚がきちんと乾燥するまで保護しておいてください。

そうする事でやけどの水ぶくれを治し、やけどの跡を最小限にすることが出来ます。

 

靴擦れの水ぶくれは見つけたらつぶしておく


靴擦れが原因で水ぶくれが起きる場合は、その水ぶくれをつぶさないままに放置しておく方が危険です。靴擦れが起きる場所というのは常に靴と皮膚とが摩擦が起きている場所です。

そこに起きる水ぶくれをそのままにしておくと靴との摩擦で水ぶくれが破れてしまい、そこから雑菌が入り込む原因になるのです。

そうならない為にも靴擦れが原因での水ぶくれには消毒をしてからきれいな針で水ぶくれを刺して液体をふき取り、パットで保護しておくようにしてください。

 

ウイルス性の水ぶくれはそのままにして軟膏を塗る


水ぼうそうなどのウイルスが原因の場合は水ぶくれの中の液体にウイルスが混入していることがほとんどです。

その水ぶくれを無理に破いてしまうとそこから出たウイルスが手につき、他者に感染をさせてしまう可能性があります。自然に水ぶくれが破れた場合は仕方がありませんが、無理に破く事は危険です。

皮膚科の指示に従い、ウイルスに合わせた軟膏を塗るようにしてください

 

水虫が原因での水ぶくれは皮膚科でつぶしてもらう


水虫が原因で水ぶくれが起きる事があります。水虫が出来る場所というのは足の指の間や足の指、爪といった湿度が高く常に通気性が悪い所に出来ます。その水虫が悪化して水ぶくれが起きるのです。

また、水虫が起きている場所の皮膚は抵抗力が弱く、水ぶくれを無理に破くことで二次感染を起しやすく、皮膚に他の菌が入り込んで合併症を起こしやすくなります。

水虫による水ぶくれは強いかゆみも伴います。水ぶくれは自分では破かずに皮膚科で処置してもらう方が安全に治す事が出来ます。

 

虫刺されの水ぶくれは早めに冷やす


虫刺されでも刺された場所の皮膚が過剰に反応してしまうことが原因で水ぶくれが起きます。この場合、早い人では虫に刺されてすぐに水ぶくれが起きる事もあります。

この場合も無理に水ぶくれを破くことは危険です。虫に刺されたことが原因で水ぶくれが起きたらその場所を直ちに冷やし、虫刺されに効果がある軟膏を塗るようにしてください。

早めに対処する事で水ぶくれが大きく膨れ上がる事を防ぎ、早めに治す事が出来ます。

 

口によく水ぶくれが起きる人は口唇ヘルペスの可能性がある


口角や口の回りの皮膚が赤く腫れて水ぶくれが起きる事があります。これは口唇ヘルペスというウイルスが原因で起きていることが多いです。決して珍しいウイルスではなく、誰にでもよく起きる口の水ぶくれです。

その他にも栄養の偏りやストレス、胃の調子が悪い時に口に水ぶくれを伴う炎症が起きる事があります。

この場合も無理には水ぶくれを破かずに、水ぶくれが落ち着くまでは刺激の少ない、栄養のバランスが良い食事でストレスをためないようにすることが大切です。

 

足の裏に出来る水ぶくれは大きくなるようであればつぶす


足の裏の皮膚が硬い状態の内側に水ぶくれが出来たことがある人も多いのではないでしょうか。この場合は靴擦れと同じように同じ場所に刺激が起きたことが原因で水ぶくれが起きるのです。

ですが、ほとんどはそのまま放置しても自然に吸収されて無くなります。ですが、まれに大きく水ぶくれが増える事もあります。

このような場合は縫い針を熱湯で消毒して、水ぶくれの部分を良く消毒してから刺して水を抜くようにしてください。そのあとはその日一日だけテープなどで刺した部分を保護する様にしてください。

 

 

いかがでしたか?

水ぶくれもみんな同じような状態なのかと勘違いしていた人もいるのではないでしょうか。ですが、今回説明したように水ぶくれも原因や起きた状態によっては様々で、対処法や治療もそれぞれ異なってくるのです。

その異なった治療法を適切に行う事で何もトラブルなく早くに治療を行う事が出来るのです。水ぶくれもそのままにしていると気になりますし、痛みやかゆみを伴うものもあるので、早くに治したいですよね。

まずは今起きている水ぶくれの原因を正しく理解して治療を行う為にも今回の内容を参考に治療を行ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

様々な水ぶくれの原因毎に正しく処置して治す方法

・ やけどの水ぶくれはつぶさずにそのままにする
・ 靴擦れの水ぶくれは見つけたらつぶしておく
・ ウイルス性の水ぶくれはそのままにして軟膏を塗る
・ 水虫が原因での水ぶくれは皮膚科でつぶしてもらう
・ 虫刺されの水ぶくれは早めに冷やす
・ 口によく水ぶくれが起きる人は口唇ヘルペスの可能性がある
・ 足の裏に出来る水ぶくれは大きくなるようであればつぶす