ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

生理前に来る気持ち悪い症状が軽くなる方法とは!!

生理前に来る気持ち悪い症状が軽くなる方法とは!!

生理前に来る気持ち悪い状態を経験したことはありますか。生理前に来る気持ち悪さを軽くすることができれば、つらいこの時期を安心して乗り越えることができます。

ここでは生理前の気持ち悪い症状を軽くする8つの方法をご紹介します。



 

生理前に来る気持ち悪い症状が
軽くなる方法とは!!

 

生理前の気持ち悪さの原因


生理前にはプロスタグランジという物質が体内に増加します。この物質は子宮収縮を促し、はがれ落ちた子宮内膜を生理の血液として体外に出しやすくする働きを持っています。

このプロスタグランジが過剰に増加すると子宮収縮も過剰になり、ひどい下腹部の痛みや血管収縮、疲れやすい、だるいなど、また胃腸症状にも影響を及ぼします。胃腸症状がひどくなると下痢や吐き気などの症状として現れます。

また、プロスタグランジの一種には痛みや熱、腫れを引き起こす作用もあるため体全体に影響を与えやすく、頭痛や熱っぽさなどが吐き気などの気持ち悪い状態にもつながりやすいのです。

 

体を冷やさないようにしましょう


体の冷えが血液の流れを悪くし、子宮収縮の強さを大きくしてしまいます。その結果、体外に血液を押し出す力が強くなるため、ひどい痛みや吐き気という症状につながります。

体を冷やさないように冷たい飲み物や食べ物を避け、また腹巻やスパッツなどで温める工夫をしましょう。夏場のクーラーや冬場の寒さは、痛みや吐き気の症状を増長します。

腹部だけでなく手足など末梢の冷えは体全体の冷えにつながりますので、体全体を温めるよう工夫することが大切です。

 

ストレスを溜めこまないようにしましょう


生理前はホルモンバランスが変化し、それが自律神経の乱れにつながります。生理前は黄体期と呼ばれる基礎体温の高い状態で、生理がくると基礎体温が下がり、低い状態になります。

そのため体調の変化を起こしやすく過食や拒食、疲れ、だるさ、不眠なども生じやすくなります。それがストレスになり余計に体調が悪く、吐き気になるとも考えられます。生理前は体調の悪い状態という事を認識し、からだと心をいたわる事を優先させましょう。

ストレスを溜めこむのではなく発散させるように気分転換や運動、趣味などを上手に取り入れ、つらいこの生理前を乗り越えましょう。

 

規則正しい食事をしましょう


食事を摂ることで体は熱を作り出し、代謝機能を向上させます。規則正しく3食摂ることは持続的に体を温め、また体力アップにもつながります。生理前の体調不良のため食事を摂れなくても、意識して少しづつでも口に入れるようにしましょう。それがエネルギーとなり体調不良から救い出してくれるのです。

その際、冷たいものではなく温かいものを用意しからだと心を温めてください。その他、子宮収縮を緩和させるマグネシウムや緊張を和らげるビタミンB6の摂取も効果的です。

マグネシウムはアーモンドや大豆、枝豆などに、ビタミンB6はさんまやサバ、にんにくなどにも多く含まれています。

 

免疫力を上げましょう


免疫力を上げるには十分な睡眠と十分な栄養が欠かせません。生理前の体調変化に対応できるようなからだ作りを意識しましょう。22時から26時が一番良い睡眠をとれる時間帯と言われています。

昼夜が逆の生活や夜更かしによる睡眠不足などは避け、良質な睡眠を心がけましょう。また、偏食や栄養不足は体調変化に対応出来ないだけでなく、体調不良を引き起こし風邪などの原因にもなってしまいます。

栄養バランスを考えた食事を摂るようにし体力をつけて、免疫力をアップさせましょう。

 

運動をしましょう


血行をよくし代謝を上げるために、運動を心がけましょう。軽い運動をするだけで、体が温まり代謝機能が向上します。日常生活の中に軽い運動を取り入れる事は、無理なくストレスなく運動を続けられる秘訣です。

運動の為にわざわざ時間を作るのではなく、駅までの道のりを車ではなく歩く、ひと駅分を歩く、犬の散歩を少し長くする、家事をしながらストレッチをするなど工夫してみると楽に運動が出来るでしょう。

 

低用量ピルの使用を検討しましょう


医師の処方が必要な低用量ピルですが、生理前の気持ち悪さも改善してくれます。薬には副作用がつきものですので服用しないに越したことはありませんが、低用量ピルで気持ち悪さがとれるのであれば検討することも大切です。

医師の診断なしでは処方されないものですので症状や必要性を訴え、併用薬や既往歴なども提示し、安心して服用できるように医師と相談しましょう。

 

妊娠超初期症状を疑いましょう


妊娠超初期には気持ち悪さや吐き気の症状を多くの人が経験します。生理前なのか、妊娠超初期なのかを判断するために、基礎体温を測って表にまとめたり、妊娠検査薬を使用することなどが必要です。

どちらかわからない状態では精神的ストレスを生じやすく、また薬の服用や体を動かす運動にも影響を及ぼします。妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から判定できるものがほとんどですので、上手に使うことも大切です。

 

いかがでしたか?

生理前の気持ち悪い症状は、体全体の不調と関係しているのです。体の不調を改善させれば、生理前の症状も改善に近づくはずです。生活習慣を見直すこと、簡単に始められることで、生理前の症状を軽くしてしまいましょう。

 

まとめ

生理前に来る気持ち悪い症状が軽くなる方法とは!!

・ 生理前の気持ち悪さの原因
・ 体を冷やさないようにしましょう
・ ストレスを溜めこまないようにしましょう
・ 規則正しい食事をしましょう
・ 免疫力を上げましょう
・ 運動をしましょう
・ 低用量ピルの使用を検討しましょう
・ 妊娠超初期症状を疑いましょう