ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

生理前のめまいに悩んだらまず試して欲しい5つの事

生理前のめまいに悩んだらまず試して欲しい5つの事生理前になるとなぜめまいが起きるのでしょうか?原因は、月経前症候群(PMS)かもしれません。月経前症候群PMSとは排卵後から生理前までにおこる不快症状で月経がくるとピタッと消える症状のことをいいます。

症状として、腹痛や頭痛、肩こり、腰痛、めまいなど様々な症状や期間には個人差があり痛みや辛さを感じない人もいれば、日常生活が送れないほどひどい人もいるくらい個人差があるといいます。

月経前症候群(PMS)でおこるめまいにはくらくら・ふわふわという立ちくらみやふらつきが生理前日までずっと続く人もおり、ひどいと吐き気や頭痛、片頭痛がひどく生活には支障がでると言われています。それだけ無視できない症状なのです。

もし、あれ!?と思ったら試してほしい方法をお教えします。



 

生理前のめまいに悩んだら
まず試して欲しい5つの事

 

めまいを起こす原因とは


生理前には黄体ホルモン(プロゲステロン)が過剰に変化しているとめまいが起こると言います。プロゲステロンは妊娠の準備のために必要な要素です。栄養や水分を体内に蓄え、水分が過剰な状態になりむくみを発症し、めまいを引き起こすともいえます。

その他にも女性ホルモンのバランスが乱れ、体内の血液が子宮に集中し一時的な貧血の状態に陥るそうです。 生理前だけのめまいであれば、定期的に起きる可能性があります。生理前、何日前からめまいの症状がでるのか、どのくらいひどい症状がでるのかを記録するとめまいの準備が出来ると思います。

周期や症状を把握することで事前にめまいを察知し、生理開始日をも予測することができるのです。めまいの症状が出ても慌てずに行動し、周期に合わせた計画や予定を組むことも可能と思われます。

 

水分摂取


水分は小まめに摂取と色々なサイトでも書かれていますが、やはり身体症状が気になるからと水分をあまりとらない方がいます。一度にたくさん水分摂取するのではなく、少しずつこまめにコップ一杯程度を摂取することが大切です。

1日1.5リットルから2リットルを目安に摂取し水分の補給を目指して下さい。水分から代謝機能を高めることはむくみの解消やむくみからくるめまいの解消、肌の潤いにつながります。

むくみがどうしても気になる時は夜の水分摂取を少なめにし、アルコールなども減らすと効果があるといいます。

 

適度な運動と栄養バランス


ホルモンバランスの乱れを改善するには、生活のリズムを整えることも大切です。規則正しい生活、決まった時間に起床・就寝・食事などができると心に安定がしそれが自律神経にとてもいい影響を及ぼすといいます。

睡眠は十分とり、日中は体を動かしましょう。ウォーキングなどで血行促進につなげればめまいや立ちくらみも徐々に回復されると言います。また、炭水化物や甘いもの、カフェインなどは、控えてください。

これらよりビタミンやミネラルの摂取を心がけましょう。炭水化物や甘いものの摂り過ぎは血糖値の急激な変化を起こすため、イライラの原因になったり、むくみを引き起こしホルモンバランスを崩すことにもなりかねません。

だれしもが、その場で好きな物をやめれば精神状態は不安定になり身体症状も起こり生理前の症状悪化を改善することはできません。ビタミンやミネラルを積極的に摂取することで体や心の安定をつくりだし、ホルモンバランスを整えてくれます。

3度の食事には、緑黄色野菜や豆類、魚や赤身の肉などを食事に取り入れましょう。

 

ストレスは、その日のうちに


現代の生活の中でストレスはかかせません。どうすれば、ストレスを発散できるかが問題です。だれしもが帰宅すれば食事をし入浴をされると思います。入浴される時、半身浴でリラックス効果をもたらします。

就寝前に好きな映画や本を読んだりリラックスをしたり、アロマやエステ、マッサージなどを受けて体を休めるようにしてください。ストレスがホルモンバランスの乱れを発生します。体を休めリラックスすることでホルモンバランスも整います。十分な睡眠をとることを心がけましょう。

 

精神的な症状


イライラしたらいけないと思えば思うほど、ストレスがたまって悪循環です。不眠と便秘が症状となり、最悪な生活になります。考えなく大きな買い物をしたり、決める事ができずにご自身にイライラしてしまいます。

また、食欲が止まらなくいつもの倍は食べてしまい満腹感がない底なし状態です。何をしても楽しくない。不安感が強くて涙が出ます。PMSの症状がひどすぎる人!PMS以上の症状には、PMDD=月経前不快気分障害( Premenstrual Dysphoric Disorder)があります。

女性の3~8%の人にPMDDの症状があります。症状として次の症状があります。

身体的な代表的症状
下腹部膨満感、下腹痛、頭痛、乳房痛、乳房が張る腰痛、関節痛、むくみ、体重増加、脚が重い、にきび、めまい食欲亢進、便秘あるいは下痢、悪心、動悸、過剰な睡眠欲、不眠

精神的な代表的症状
怒りやすい、反感、闘争的憂鬱、緊張、判断力低下、不決断無気力、孤独感疲れやすい、不眠パニック、妄想症集中力低下、気力が続かない涙もろい、悪夢を見る異性に対してのみ攻撃的になり暴力をふるう

 

以上、生理前のめまいに悩んだらまず試して欲しい5つの事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

めまいが起こる事は、大変危険な状態です。めまいが起こる事で立っていられません。何も日常生活ができません。ひどい場合は、救急車を呼んでください。吐き気や頭痛などを起こし場合によれば死に至るケースがあります。

確かに、重篤な病気があります。同じめまいによるものですからすぐに医師に診断を受けて下さい。

 

まとめ

生理前のめまいに悩んだらまず試して欲しい5つの事

・ めまいを起こす原因とは
・ 水分摂取
・ 適度な運動と栄養バランス
・ ストレスは、その日のうちに
・ 精神的な症状