ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

大人のおねしょを繰り返さない為に行うべき5つの事

大人のおねしょを繰り返さない為に行うべき5つの事

大人になって、おねしょをやってしまった!!と青ざめたことはありませんか。お手洗いに行く夢を見てて、気持ちよくお手洗いに行ったらなんだか体が生ぬるい、生温かい感触が・・・。

起きると同時におねしょ!!!とわかり、次の瞬間、どうしよう!!誰にも言えない、かと言って家族にわからないようにすることもできない。隠しようがないし、正直に言ったところで家族の反応が怖い!となるでしょう。

やってしまったらそれは仕方がありません。正直に言うしかありませんが、2度3度繰り返すことはできませんね。おねしょを繰り返さないためにどうすればいいのかをここではご紹介します。

5つご紹介しますので参考にしてください。おねしょをしていなくても、大人でもおねしょをする可能性があるのです。寝ている間にお手洗いに何度も起きる、お手洗いの夢を見るという人は、おねしょの可能性があることを知ってください。



 

大人のおねしょを繰り返さない為に
行うべき5つの事

 

ストレスを溜め込まないようにしましょう


おねしょはストレスと大きく関係します。ストレスが溜まると自律神経に影響し、膀胱や尿道にも影響を及ぼします。自律神経は体の機能をバランスよく保つための神経で、膀胱を緊張させること、膀胱を緩めること、これも自律神経に影響されるのです。

夜間などは膀胱が緩み通常の1.5倍尿をためることができると言われています。ストレスが溜まると自立神経のバランスが崩れ、膀胱機能の低下に影響し尿をためられないということにつながるのです。

そうならないために、まずはストレスを溜めないこと、ストレスを発散させることを考えましょう。軽い運動、ウォーキングや水泳、また趣味や旅行を楽しむことも大切です。

ストレスがないと言う人はいないと思いますが、上手にストレスを発散し上手にストレスと付き合うことが大切です。ストレスをストレスと感じないような日常生活を心がけましょう。

 

十分な睡眠を摂りましょう


睡眠不足はホルモンの低下につながります。尿量を抑えるホルモンの分泌が低下すると、尿量を減らすことができずに膀胱にたまり、結果おねしょをしてしまうと考えられます。

睡眠を十分に摂ることでホルモンの分泌が活性化され尿量減少につながりますので、十分な睡眠、質のいい睡眠を摂ることを心がけましょう。十分な睡眠、質のいい睡眠は適切な睡眠時間の確保はもちろんのこと、就寝する時間も関係します。

深夜12時前にベッドに入ることで、深い睡眠を得ることができ目覚めもすっきりとするはずです。また、寝る前の読書やスマホなど神経を高ぶらせることは避けましょう。

その他、1日の疲れをしっかりと取るためにお風呂に入る、部屋を暗くして就寝する、騒音や雑音のない部屋で就寝するなど、質のいい睡眠、よりよい睡眠を確保できるよう工夫してください。

 

体を冷やさないようにしましょう


体の冷えは尿意が近くなります。体を冷やさないような格好で就寝する、夏は暑くても冷房を強くし過ぎずタイマーなどを上手に使いましょう。冬はベッドを温めておく、部屋全体を温めておくことも効果的です。

また寝る前にお風呂に入る、シャワーだけで済ませず湯船に入ることで体の芯から温まります。ゆっくりと湯船に入ることはリラックス効果も期待できます。

1日の疲れをお風呂で取り除き、すっきりとした気分で就寝することも大切です。

 

寝る前の飲酒は避けましょう


アルコールは利尿作用がありますので、アルコール量が多ければ多いほどおねしょにつながります。酔いが回って何が何だかわからず、おねしょということも考えられます。

寝る前の飲酒が習慣になると、なかなか止めることができませんから習慣化する前に、生活を改善するよう心がけましょう。

 

生活習慣を見直しましょう


規則正しい生活を送りましょう。深夜12時前の就寝、朝早く起床、適度な睡眠時間確保、1日3度の食事、偏食はしない、適度な運動、ストレスの解消、リラックスなど毎日の規則正しい生活が大切です。

基本的な事から見直し、ストレスにならない程度に生活を改善することが必要です。一度にすべてを改善するのではなく、1つ1つ改善するよう心がけるだけで意識が変わるものです。

まずは、自分の生活を見直すことから始めましょう。

 

いかがでしたか?

大人のおねしょと聞いて、そんなことがあるのか!と驚いた人もいるかもしれません。また、すでにおねしょをしてしまってどうしたらいいのかわからないと悩んでいる人もいるかもしれません。

おねしょは大人でも、誰でもしてしまう可能性があるのです。お手洗いの夢を見る、夜中に何度もお手洗いに起きると言う人は、おねしょの可能性が高いといえるかもしれません。

まずは、おねしょをしない、繰り返さないためにできることから見直していきましょう。日常の生活を少し改善するだけですから、まずは疑わずに実践あるのみです。

それでもおねしょが心配という人は、大人用のパットもありますから使ってみるといいかもしれません。また、病気が隠れていることも考えられます。

糖尿病や脳腫瘍、睡眠時無呼吸症候群などが疑われることもありますので、医師へ相談に行かれることもお勧めします。

 

まとめ

大人のおねしょを繰り返さない為に行うべき5つの事

・ ストレスを溜め込まないようにしましょう
・ 十分な睡眠を摂りましょう
・ 体を冷やさないようにしましょう
・ 寝る前の飲酒は避けましょう
・ 生活習慣を見直しましょう