ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

大人がおねしょをするのは、病気の前兆?意外な5つの原因と対策

大人がおねしょをするのは、病気の前兆?意外な5つの原因と対策

夜、飲み過ぎて気づいたら漏らしてしまった。トイレに行く夢を何回もみて、起きたら漏らしていたなど、朝、起きたら下着は濡れていたという経験はありませんか?大人になっておねしょ?と思い心配になってしまいます。一回だけなら、寝ぼけていたかなと思います。

でも、何回もとなると心配になります。濡らしてしまった寝具の処理も困りますし、家族や友人にも恥ずかしくて相談できなくて、一人で悩んでいませんか?でも、ちゃんと原因があって、治療できるとしたら安心しませんか?

おねしょしないか心配で、眠れないということはなくなります。そんな、大人のおねしょの原因と対策を今からご説明させて頂きます。



 

大人がおねしょをするのは、病気の前兆?
意外な5つの原因と対策

 

交感神経の働きにあります


子供はおねしょですが、大人のおねしょは夜尿症といいます。夜尿症には一次性と二次性に分けられます。一次性は幼児期から持続しているもので、二次性は一度よくなったものが、半年~2年以上おいて再発したおねしょをいいます。

大人になってからのおねしょ、夜尿症はストレスなど精神的な要素が大きいと言われています。ストレスによって自立神経が乱れて膀胱に尿が溜めれなくなるのが原因と考えられています。交感神経は身体が興奮状態になるため、尿を溜めれない状態になります。

その為に夜尿症になりやすくなります。予防する方法は、ストレスを溜めないようにしましょう。夜尿症は抗コリン剤という膀胱の働きを抑える薬や抗利尿ホルモンで尿量を安定させて治療していきます。

また、下着にセンサーをつけて、排泄をコントロールする方法もあります。排尿のリズムがつくとかなり改善されるそうです。

 

睡眠の質に原因があります


夜はよく眠れますか?質の良い睡眠がとれているときは、副交感神経が活発になっている状態です。副交感神経は心を穏やかにして、尿量を膀胱にためて、眠れるようにする働きをします。自律神経が乱れると交感神経の働きも強くなり、膀胱に尿をためるホルモン(抗利尿ホルモン)が抑えられてしまいます。

そのために、膀胱から尿が溜めれずに出てしまうのです。睡眠時無呼吸無呼吸症候群の人は夜尿症になる人が多いそうです。予防するには、ぐっすりと眠れるようにすることです。

どうすれば眠れるかというと、毎日決まった時間に眠るようにします。不規則な時間に毎日寝ていては身体が眠るリズムが習慣にならず眠りが浅かったり、不眠になります。

 

アルコール、水分の摂りすぎも原因の一つ


自律神経が乱れている状態で、寝る前に水分を摂りすぎるとおねしょの量も多くなってしまいます。アルコールは利尿作用があるので、飲みすぎるとおねしょの原因になります。

普通なら漏らさない場合でも、夜尿症は膀胱機能もゆるくなってしまい漏らしてしまいます。その為、寝る前には水分をあまり摂らないようにして、アルコールを控えましょう。

 

便秘がひどく、膀胱が圧迫されている状態のとき


便秘がひどく、何日も便が出ていないと腸に便が溜まってしまい、膀胱も圧迫されている状態になります。この状態だと膀胱に溜められる尿量も少なくなり、普通でも少しの腹圧でも尿が漏れてしまいやすい状態です。

また、残便感があると頻尿になります。夜尿症だとこの症状がひどくなるので、漏らしてしまうことになります。予防するには食事に食。物繊維緒を取り入れたり、運動をするようにして便秘にならないようにしましょう。

便秘が病気の可能性もあるので、酷いときは受診しましょう。

 

病気が原因の場合


糖尿病の場合は血液の中の糖の濃度が高くなるため、糖を排出しようと大量の水分を体に取り込もうとします。その為に容量も増え、膀胱に溜めずに外に出すほうに作用していきます。脳梗塞を発症している場合は脳がダメージを受けているため、命令系統が機能していない根本の原因になります。

膀胱の神経自体が麻痺して尿意を感じずに出てしまう状態になります。糖尿病では血糖のコントロールが大事になります。血糖値が高くなると脳梗塞のリスクもあがります。

また、膀胱そのものの病気、膀胱腫瘍や前立腺肥大でも尿がもれることがあります。膀胱付近の子宮の病気、子宮筋腫や内膜症などでもみられます。恒例の女性によく見られる過活動膀胱という病気だと尿意を頻回に感じ、漏れることも多くなります。

おねしょを予防するには、病気の治療が必要になります。

 

いかがでしたか?

夜尿症は、ストレスが大きく関わっています。生活環境を改善しても治らないときは泌尿器に受診して相談してください。また、男性に多いと言われていますが、実は女性は恥ずかしくて病院にいかないだけで、尿道が男性に比べて短い女性のほうが多いのではないかと言われています。

直せる病気なので女性も受診しましょう。また、夜寝るときなど尿とりパットやおねしょシーツなどで汚れるのをガードすると安心して眠れます。

 

まとめ

大人がおねしょをするのは、病気の前兆?意外な5つの原因と対策

・ 交感神経の働きにあります
・ 睡眠の質に原因があります
・ アルコール、水分の摂りすぎも原因の一つ
・ 便秘がひどく、膀胱が圧迫されている状態のとき
・ 病気が原因の場合