ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

風邪の時の正しいお風呂の入り方

風邪の時の正しいお風呂の入り方

仕事や学校も休めない、、でも体が不調、、。風邪 を早く治すには、一に休息、二に栄養。やはりまずはしっかり休むことです。それに加えてもう一つ。お風呂に入ることも回復を早めます。「え?風邪の時にもお 風呂に入って大丈夫なの?」と思われるでしょうか。

確かに以前はお医者さんもお ばあちゃん達も、風邪の時はお風呂は入ってはいけないという考えが一般的だった と思います。しかし時代の流れとともに、お風呂の環境も大きく変化してきました。正しくいくつかのポイントを押さえて入浴すれば大丈夫なんです。

ではどんな点に注意してお風呂に入ればいいのでしょうか?いくつか見てみましょう。



 

風邪の時の正しいお風呂の入り方

 

風邪の時こそお風呂?


私達の体は実によくできていて、ウィルスや異物を撃退するための免疫機能や、自 分で自分を治そうとする「自然治癒力」という実にありがたい力を本来備えています。 ですからこれらの力を最大限UPさせてあげるのが最善の治療法だと言えます。

免 疫力をUPさせるには私達の体温が37度前後であることが理想です。また風邪の ウィルスは熱に弱いのです。そこを逆に利用するというわけです。それでたとえ風邪薬を飲むのが手っ取り早く思えたとしても、体を温めるためにお風 呂に入ることの重要性を見過ごすわけにはいきません。

またお布団の中でかいた汗 を流して、サッパリできますね。皮膚や毛穴をふさいでしまうことがないように、こまめ に着替えることは大切ですが、ぜひその前のタイミングにお風呂に入りましょう。

 

お風呂に入って大丈夫?


自分の症状をよく見直してみましょう。熱が38度以上あったり、食欲がなかったりす る場合は入浴は控えた方がいいでしょう。また、胃腸を悪くしていてまだ下痢や嘔吐 が続いているような状況では、かえって入浴中にフラフラしてしまいます。

この場合も お風呂は見送りましょう。一方鼻かぜやのどの痛み、また熱がある、などの症状の場 合はお風呂がとても果的です。

 

子供の場合は?


子供はもともと体温が高いので、多少熱が高めでもお風呂は差し支えないようです。 本人が元気であれば体を清潔にして、抵抗力を高めるためにも、お風呂はお勧め です。でも機嫌が悪い、食欲がないといったときは、見合わせたほうが良いでしょう。

他の体の症状も考慮して全体的に判断してあげることも大切です。さっぱりして気持 ちがよくなって、遊んでしまう子供さんもおられるかもしれません。湯冷めしないうちにまたお布団に休ませましょう。

 

熱い温度のほうが効果的?


顔が真っ赤っかにほてってしまうようでは、体力を消耗してしまい逆効果です。少し 顔がほてる程度にしましょう。むしろ、41〜42度ほどのぬるま湯がお勧めです。全身 どっぷりつかるのも気持ちいいかもしれませんが、半身浴にしておきましょう。

肩が出 て寒い場合はタオルなどをかけましょう。

 

入浴時間


いつもよりは気持ち長めで汗をかくまで入るのがいいと感じる方もいれば、長風呂を しないほうが良いと感じる方もいるようです。基本的には10〜20分前後と言ったとこ ろでしょうか。何れにしても入浴は一種の全身運動と同じようなものですから、のぼ せすぎには注意です。

自分で思っているよりも体力を消費してしまうので、長湯は禁 物だそうです。しっかり風邪が完治したら長ーくお風呂タイムを楽しめますから、そ れまでのお楽しみに取っておきましょう。

 

身体を冷やさない


浴室はポッカポカ、、でも一歩足を外に伸ばしたら寒いッ!という経験はよくあるの ではないでしょうか。風邪をひいている時は、この脱衣所の温度差への注意も必要 なのです。それで暖房器具を設置したり、空気の流れを上手に活用するなどして、 脱衣所を暖かくしておきましょう。

もし髪を洗ったのであれば、きちんと乾かしましょう。 そして湯冷めしないようにお布団に戻りましょう。ということは、お風呂に入る前にお 布団も準備バッチリにしておくといいですね。(ま、お布団は基本引きっぱなしかもし れませんね)

 

お風呂で失ったものは・・・


よく温まりましたか?それではきっといい汗をかきましたね。それで水分補給を忘れ ないようにしましょう。でも冷えている水では折角温まっている体がびっくりしてしまい ます。それでぬるめのお水にしましょう。

またミネラルや塩分の配合されているスポーツドリンク系も お勧めです。お風呂に入る前にもコップ一杯のお水をあらかじめ飲ん でおくことをお忘れなく。より発汗作用を促します。

 

いかがでしたか?

大好きなお風呂を風邪気味だから、、と諦めることはありません。正しいお風呂の入 り方のポイントさえ押さえておけば大丈夫です。じっとりかいていた汗を流して、体を 内から温め、免疫力を高める、ぐっすり眠れる、、これが風邪を早く治すために必要 です。

そしてそれを全て助けてくれる強い味方がお風呂なのです。日本人にとっての醍醐味ともいえる、最高の生活習慣「お風呂」。風邪の時こそこの私達の大好きなお風呂を活用して、しっかり温まって早く良くなりますように。

 

まとめ

風邪の時の正しいお風呂の入り方

・ 風邪の時こそお風呂?
・ お風呂に入って大丈夫?
・ 子供の場合は?
・ 熱い温度のほうが効果的?
・ 入浴時間
・ 身体を冷やさない
・ お風呂で失ったものは・・・