ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

背中にできる湿疹の様々な原因と対処方法

背中にできる湿疹の様々な原因と対処方法

背中に出来るぶつぶつや湿疹は普段なかなか自分一人では気づきにくく、痒い部分を指先で探した時に凹凸を感じて初めて鏡で確認する事も多いですよね。

空気が乾燥する時期は特に皮膚バリアが低下しやすくなり肌トラブルが起きやすくなっています。背中に出来る湿疹の様々な原因と対処方法をご紹介します。



 

背中にできる湿疹の
様々な原因と対処方法

 

背中の湿疹3大原因


背中にできる湿疹は大きく3つに分けられ、「背中ニキビ」「毛孔苔癬」「「粉瘤」があります。その中でもメジャーなのは「背中ニキビ」です。

顔にできるニキビはアクネ菌の増殖により悪化しますが、背中がアクネ菌により悪化する事は稀な事です。背中ニキビの主な原因は「マラセチア真菌」というカビの一種が皮脂を分解して遊離脂肪酸という刺激物質を作る事により炎症を起こします。

背中は皮脂分泌が多くマラセチアの好む環境になりやすく更に、寝具や下着が不衛生だと悪化しやすくなる為寝具も小まめに洗濯し清潔を保つようにしましょう。

また皮膚科では抗真菌剤が処方されますが、皮膚科に行くまでのケアとしては保湿化粧品を背中にも塗ると効果があるそうです。

ですが背中に塗るのは一人では無理なのでスプレーボトルに詰め替えれば背中全体に保湿化粧品をスプレーする事が可能になります。

一緒に暮らす家族や友人が居ればお互い塗りあいっこすると一緒にケアが出来ますね。

そして「粉瘤」ですが、皮膚の新陳代謝により表に出てきた老廃物が皮膚の内側に溜まってしまっている状態です。初期症状は皮膚にしこりが出来る程度なのですが進行すれば大きくなり老廃物に細菌が増殖し痛みを伴った炎症を引き起こしてしまいます。

切除手術が一般的ですが炎症が起きている状態だと先に抗生物質でまずは細菌を退治します。

最後に「毛孔苔癬」ですが毛穴に角質が詰まっている状態で健康上何も問題がないので病気と判断するかどうかが微妙ですが、背中にブツブツがあるとやはり美容面では精神的ダメージが強くなります。

肌が乾燥すると症状が悪化する事がある為保湿ケアが重要となります。

 

背中も要注意


頭皮に発症しやすい「脂漏性湿疹」、実は頭だけではなく背中にも発症します。原因菌は真菌で症状は赤い斑状で粉をふいたような状態になります。

真菌は湿気を好む為、汗をかいた時はきちんと背中の汗も拭きとるようにします。また、身体を洗うスポンジやタオルはしっかり泡や石鹸を洗い落とし乾燥をさせます。

また「白癬菌(水虫)」も足以外にも感染します!驚く事に白癬菌は全身どこでも感染し、爪以外は「タムシ」と呼ばれ非常に強い痒みを伴い広範囲に拡大する特徴があります。

ただ、間違って皮膚炎と診断され処方された薬が合わず症状が悪化する事もあるので、数日たっても痒みが落ち着かない時は再度皮膚科を受診しましょう。

 

内因性と接触性


免疫力や遺伝など身体の内部に原因がある湿疹を「内因性湿疹」といい、アトピー性皮膚炎が内因性湿疹に当てはまります。

アトピー性皮膚炎と聞くと子供が発症するイメージですが、アトピー性皮膚炎は3タイプに分けられ乳児期、幼少児期、成人期とあり乳児期と幼少児期は主に肘や膝など関節部を中心に湿疹が出ますが成人期で発症すると顔、首、胸、背中など広範囲に湿疹ができるのが特徴です。

「接触性皮膚炎」は石鹸や洗剤、植物の毒性、虫の毒などの刺激に触れる事で、赤いブツブツ(紅斑)や丘疹、水疱といった通称「かぶれ」の症状が出ます。

接触性皮膚炎の場合は原因となる物(物質)に何度も触れる事で湿疹が出来るので、原因となる物質を取り除けば治療する事は出来ます。

例えば乾燥肌タイプの人は化学繊維の衣類を着ると湿疹がでやすいので、レーヨンやポリエステル繊維を使わないコットン素材100%を着るようにしたり、敏感肌専用や赤ちゃんも使える優しい成分の石鹸や洗剤に変える事でも症状は改善されます。

 

身体からのSOS


背中の湿疹なので肌トラブルかと思いがちですが、実は内臓に何らかの異常が起きていると皮膚上に痒みが出てくることがあります。

肝機能が低下し快楽ホルモンの一種「βエンドルフィン」が分泌されると痒みが発生し、かいてもかいても治らないのです。

これは血液中の物質が変化したことで皮膚神経が敏感になったり、肝臓に胆汁が溜まることで痒みが起きます。

また沈黙の臓器と呼ばれる「腎臓」は体中の血液をろ過し老廃物を体外に出す役割がありますが、腎臓機能が低下すると全身に老廃物が溜まってしまい、結果皮膚がかゆくなってしまいます。

老廃物が溜まる事で浮腫みやアンモニア臭の口臭又は脱力感、食欲低下といった症状があります。かいても改善されない痒みは放置せず早めに医療機関を受診してください。

 

清潔第一


湿疹ができた時、痒い時に爪が長いと皮膚に傷が付きやすくなります。

また、爪の間に雑菌が付着したまま再度湿疹部分をかいた時に傷口に雑菌や細菌が浸入しやすくなり症状は悪化してしまうので常に爪は短くし出来れば爪やすりなどで滑らかにしておくようにしましょう。

そして肌の保湿ケアは男性も意識して行いましょう。私達の肌にはバリアの役割を担う薄い膜があるのですが、お風呂でゴシゴシと洗うとこの膜が剥がれ落ちてしまい湿疹の症状が悪化させてしまうので優しく身体を洗うようにしましょう。

乾燥により皮膚バリアが破損してしまうと角質が剥がれてしまいガサガサしたり、白い粉を拭く、ひび割れを起こしてしまいます。

そうなると普段は角質層から奥へは浸透しない物質が通り抜けてしまい肌の炎症に繋がりやすくなる為、手や顔の肌トラブル防止と同様に背中も保湿ケアが重要になります。

また、髪の長い人によく見られがちですがシャンプーのすすぎが不十分で洗い残しがあると背中を刺激してしまい湿疹に繋がってしまいます。

シャンプーや石鹸の洗い残しがないよう丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

以上、背中にできる湿疹の様々な原因と対処方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

背中にできる湿疹のほとんどは乾燥による皮膚バリアのダメージにより石鹸や洗剤などの洗い残しや雑菌や細菌が浸入する事で起きやすくなっています。

寝具も衣服も清潔に保ち、衛生面を考え爪を短くし保湿ケアは背中も一緒に行う事は決して難しい事ではありません。人によっては春以降に結婚式を控えている女性もいるでしょう。

是非背中も顔や手同様にケアを忘れずに行いましょう。

 

まとめ

背中にできる湿疹の様々な原因と対処方法

・ 背中の湿疹3大原因
・ 背中も要注意
・ 内因性と接触性
・ 身体からのSOS
・ 清潔第一