ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

子供が喘息とわかった時に知っておくべき5つの事

by ヘルスケアファクトリー

子供が喘息とわかった時に知っておくべき5つの事

喘息って身近な病気ですよね?名前はもちろん聞き覚えがありますし、もしかしたら家族や友人の中にも喘息の方がいらっしゃるかもしれません。それほど身近な病気です。ですが、自分が喘息にならない限りあまり関心を持たないことかと思います。

では、もし自分の子供が喘息といわれたらどうでしょうか。自分自身のことよりも心配で気がかりではないでしょうか。今回は、もし自分の子供が喘息になった場合、知っておきたいことをご紹介したいと思います。



 

子供が喘息とわかった時に
知っておくべき5つの事

 

喘息という身近な病気


まずは喘息について理解しましょう。喘息とは、空気の通り道である気管支の慢性的な炎症を指し、正確には気管支喘息という病気です。気管支が炎症状態にあるため、その影響で正常な人よりも気管支が狭くなっている状態になります。

つまり、空気の通り道が狭いため、正常な人では気にならない程度のホコリを吸い込んでも、喘息の人には強い刺激となり、激しい咳き込みなどの発作を起こします。喘息の発作は有名ですよね。

咳き込み以外にも、ゼーゼーやヒューヒューのような喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難、動機、息切れなどがこれにあたります。

 

子供の喘息について知ろう


前述したとおり、喘息の症状は有名で大変分かりやすいかと思います。しかし、幼い子供の場合は自分の症状についてきちんと伝えることができませんので、医療機関でも風邪なのか喘息なのかすぐに診断をつけるのが難しいそうです。そのため、一度病院を受診しても診断がつかない場合もあります。

何度か来院されて、症状の経過とともに喘息と診断されるケースも少なくないそうです。また、子供の喘息は小児喘息と呼ばれています。それは子供の喘息のほとんどが3~5歳の間に発症するケースが多いためです。発症は早い時期ですが、実はその過半数が成人までには治癒していくといわれています。

 

子供の喘息の原因とは?


子供が喘息になって最初に思うことは、何で私の子供が発症したのだろう?原因は何だろう?と、いうことかと思います。小児喘息の最大の原因ではアレルギーだといわれています。アレルギーの原因となるアレルゲンと呼ばれる物質は生活のあらゆるところへ潜んでいます。

例えば、ペットの毛、ハウスダスト、ダニ、花粉、食品などさまざまです。また、ご両親のどちらかが子供ののときに喘息であったなど、アレルギーの要素を遺伝的にもった子供も関連しています。

ですが、ご両親がアレルギーを過去に持っていたからといって子供が確実に喘息になるわけではありません。遺伝的要素やアレルゲン物質などの要素がいくつも重なりあって発症の原因となると考えられているそうです。

 

子供の喘息の治療について知ろう


一つは、発作が起こったときの対処である治療、もう一つは発作が起こらないように予防する治療です。発作を楽にする治療で使用する薬は気管支拡張剤といいます。その名の通り、狭くなった気管支を広げて呼吸を楽にする効果があります。

飲み薬と吸入薬があり、飲み薬の中には、炎症を抑える効果も含まれるものもありますが、そのほとんどに炎症を抑える効果はありません。ですので、発作を抑えるための一時的な治療といえます。

次に、発作を予防していく治療です。こちらはその重症度によって医師の判断で内服薬が変わりますが、炎症を抑える効果があります。

 

あなたが出来る事も沢山あります


喘息で苦しんでいるわが子に何もできない、、、と思っているのなら間違いです。あなたができることがたくさんあります。まずは、医療機関で子供の喘息の原因、例えばアレルギーの原因を特定してもらいましょう。

小児の場合は原因の特定はご両親にかかっています。小児では、医師へ自ら状況を伝えられません。ですので、症状がいつ、どこで、何をしているとき、何を食べたときにどの程度の発作があったかと記録を残すことで医師へ正確に状況を伝えることができます。それが原因の特定につながります。

また、原因特定ができた後も家庭でできることがあります。アレルギーの中で最も多い原因はダニと言われていますので、今回は家庭内のダニ予防についてみていきましょう。子供の使用する寝具は1週間に1回洗い、洗った後にダニの死骸などを取り除く目的で掃除機をかけましょう。

子供の使用する部屋はなるべく毎日掃除機をかけ、カーペットなどのダニが潜んでいそうな場所もこまめに掃除を行いましょう。家庭環境を清潔にすることで喘息と診断されても家庭内で安心して過ごすことができます。

 

以上、子供が喘息とわかった時に知っておくべき5つの事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

子供の喘息は、目にみえないアレルギーや遺伝などの要因が合わさり、幼い時期に発症します。ですので、喘息を予防することはとても難しいです。また、幼い時期に発症する病気ですから、自らの症状を正確に伝えられません。

ご両親が喘息の発作などを記録して医療機関へ正確に伝えることが重要です。子供によって喘息の重症度が異なりますので、家庭内や学校での対処法などは医療機関で積極的にご相談されてください。

発作を予防していくことで、成長とともにアレルギー症状が軽減されて、それに伴い喘息の症状も治癒していくことが多い病気です。一日も早い改善のため、医療機関との連携はもちろん、子供のためにあなたが出来ることを行いましょう。

 

まとめ

子供が喘息とわかった時に知っておくべき5つの事

・ 喘息という身近な病気
・ 子供の喘息について知ろう
・ 子供の喘息の原因とは?
・ 子供の喘息の治療について知ろう
・ あなたが出来る事も沢山あります