ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

抗生物質は市販で入手できるの?調査した結果とまとめ

抗生物質は市販で入手できるの?調査した結果とまとめ

抗生物質が簡単に市販で入手できないの?と思ったことはありませんか。医師の診察を受け、薬局に処方箋を出し薬を投薬してもらうのに、時間がかかり過ぎる!!と感じている人もいるかもしれません。また、病院や薬局に行く時間がない!と簡単に入手できる方法を探している人もいるかもしれません。

抗生物質に限らず、薬には必ず用法・用量が決められており、そのことは誤った使用はとても危険なことを表しています。自己判断で使用してはいけないということを表しているのです。内服薬の服用には医師の処方が必要であり、外用剤の使用には薬の専門家の相談が必要であることが、薬事法で決まっています。

ここでは抗生物質の入手方法をご紹介します。また、抗生物質には様々な危険が潜んでいることもご紹介しますので、正しい使用方法がいかに大切かがおわかり頂けると思います。



 

抗生物質は市販で入手できるの?
調査した結果とまとめ

 

内服の抗生物質は市販では購入不可


日本では内服の抗生物質を市販で購入することはできないことになっています。服用の際には用法や用量、副作用やアレルギーなど、様々な観点から薬を知る医師の処方が必要とされているからです。また、服用する患者さんの体調や特性、体重や既往歴などから総合的に判断して、一番いい抗生物質を選択することができるのが医師なのです。

ですから、抗生物質を服用する際には医師の診察を受け、医師の指示通り正しく服用することが求められています。しかしながら一方で、医師の診察を受けなくても海外の通販サイトやインターネットで簡単に抗生物質が手に入るのも事実です。

自己判断で抗生物質を服用することになりますが、決して乱用はしてはいけません。

 

耐性菌とは


抗生物質は細菌感染に効果的に効くお薬です。しかし抗生物質の使用頻度が高まるにつれ、抗生物質が効きにくい細菌が増えてきています。細菌が薬に耐える力をもったという事を意味しています。これが耐性菌です。耐性菌は年々増え続け、世界中で耐性菌が原因で亡くなっている人が大勢います。

このように恐ろしい耐性菌を増加させないようにするには、まず医師の指示通り、用量や用法を守ることが大切です。自分の勝手な判断で、途中で服用を辞めてしまったり、長く服用し過ぎたりすることは絶対にしてはいけません。

医師は病気の状態や症状の度合いに合わせて、抗生物質を選び、投与期間を決定しているのですから。

 

アレルギーや副作用に注意


薬には必ずリスクが伴います。場合によっては命に関わることもあるほどです。ですから、お薬を服用して体に異変が起きた時には、すぐに医師の診察を受ける、救急車を呼ぶなどが必要になります。

抗生物質を服用して発疹や発熱、呼吸の異常などが現れた場合は、特に重篤な副作用ですので素早く、適切な処置が必要になります。

 

抗生物質の外用剤は市販で購入可能


外用剤の抗生物質は市販で購入することができ、これは化膿した患部に使用します。皮膚は本来バリア機能があり外部からの細菌などを防げるようになっていますが、傷ができたり掻き壊したりすることで、細菌が入り込んでしまいます。その細菌が増殖し、炎症をおこすと化膿してしまうのです。

傷口がジュクジュクしてきたり、水ぶくれができてしまったり、白いウミが出てきてしまったなどという症状は化膿している状態です。ですから、ガーゼなどに抗生物質を塗り傷口を覆うようにすることが必要になります。この抗生物質は市販で購入することができますから、薬の専門家に相談をし正しい使用方法を聞いた上で購入、使用することが大切です。

また、使用を続けてもなかなか治らないという時は、医師の診察を早めに受けることも必要です。

 

抗生物質を正しく使用しましょう


内服の抗生物質は医師の診断のもと、医師の指示通りの用法と用量を守り服用をしましょう。また途中で服用を辞めてしまったり、自分勝手な服用は症状を長引かせたり、重症化を招くことにもなりかねませんので絶対にしてはいけません。

その他、他人からお薬を譲り受けたり、渡したりすることも駄目です。医師は患者さんそれぞれの病状や体質、既往歴などを総合的に判断した上で処方しているという事を知って下さい。また、お薬を服用して異常が現れたときは、すぐに医師の診察を受けることが必要です。

外用剤の抗生物質は、医師の診断がなくても市販で購入することができますが、薬の専門家に症状をしっかりと伝え、症状に合った薬を選んでもらうことが大切です。そして、正しい使用方法を守り、短期間で治癒しない時には医師の診察を受けるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

内服の抗生物質は医師の診察が必要なこと、外用剤は市販で購入することができるということをおわかり頂けたと思います。どちらにしても自己判断で服用したり使用したりするのではなく、医師や薬の専門家の指示を守ることが大切です。

また、薬には必ずリスクがつきものですから自己判断での乱用は避け、専門家に相談することが重要です。

 

まとめ

抗生物質は市販で入手できるの?調査した結果とまとめ

・ 内服の抗生物質は市販では購入不可
・ 耐性菌とは
・ アレルギーや副作用に注意
・ 抗生物質の外用剤は市販で購入可能
・ 抗生物質を正しく使用しましょう