ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法

抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法

風邪で具合が悪くて病院を受診、処方された薬を服用したらひどい下痢に悩まされたという方はいませんか。風邪よりも下痢の方がひどく、更に具合が悪くなったという経験をされた方は、比較的多いのではないでしょうか。

また歯医者で抜歯のあとに処方された薬を服用したら下痢が止まらない、皮膚科で化膿止めとして処方された薬を服用したら下痢が止まらいという経験をされた方も多いでしょう。

これらはすべて抗生物質が処方され、抗生物質の服用により下痢を引き起こしていると思われます。抗生物質は大切なお薬で、服用の必要があるから処方させているのです。

下痢が怖いから服用したくない、服用しないと思っていると、よりひどい症状に悩まされたり、回復に長期間必要になることも考えられます。

ここでは抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法をご紹介します。下痢になる理由がわかれば、抗生物質を服用しようという気持ちが湧いてきます。

また改善方法がわかれば、気楽に抗生物質を服用することが出来ます。抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法を知り、正しい服用をすることで早期に治療・回復するようにすることが大切です。



 

抗生物質を摂取して
下痢になる理由と改善方法

 

抗生物質をを摂取して下痢になる理由


抗生物質が処方された時というのは細菌感染が疑われる時、またこれから感染するかもしれないという時、と考えられます。そのため、風邪や抜歯、皮膚の感染症などで抗生物質が処方されるのです。

抗生物質は病原菌を攻撃する一方で、体内の良質な菌・善玉菌に対しても攻撃をします。体内の善玉菌が攻撃をされると、体内のバランスや腸内細菌のバランスが崩れ、下痢や便秘を引き起こします。

特に下痢は、抗生物質服用で最も多い症状と言えるのではないでしょうか。そのため、抗生物質が処方されると決まって下痢についての説明があるのは、大多数の人が下痢を経験するからなのです。

 

水分摂取を心がけましょう


下痢により過度な水分の排出が考えられます。これが何時間も、ひどいと数日間続くと、脱水症状になる可能性があるということを考えなくてはいけません。

下痢は過度な水分を排出してしまうため、体は思っている以上に水分不足の状態なのです。水分を一気に摂るのではなく、少しづつゆっくりと摂るようにしてください。

体調が悪く水分摂取が困難であれば、口に含ませるだけでも違います。こまめに少しずつ、ゆっくりと水分摂取することを忘れてはいけません。

経口補水液などが薬店やドラッグストアで販売されています。これを使い、上手に水分摂取することも方法の1つです。

 

お腹を温めるようにしましょう


お腹を冷やすと、余計に下痢がひどくなります。温かい飲み物をゆっくりと摂るように心がけましょう。口当たりがいいからと言って冷たいジュースやアイスクリームを過度に摂ると、間違いなくお腹が痛くなり下痢の症状はひどくなります。

発熱時などに冷たい飲み物を摂るときは、少しづつゆっくりと摂取し、胃腸を刺激しないことが大切です。ゴクゴク飲むのではなく口に少しづつ含ませるように、体の様子を見ながら摂ることも必要です。

また糖分の多いジュースを過度に摂ると、糖分が胃腸を刺激してしまいます。糖分は適量に留めることを意識しましょう。

 

食事に注意しましょう


下痢をひどくする食事、胃腸を刺激する食事は避けなければなりません。脂分の多い食事、糖分の多い食事、刺激の強い辛い食事、消化の悪い食事などは、直接胃腸を刺激してしまいます。

できるだけ温かく消化の良い食事を摂ることをお勧めします。煮込みうどんやおかゆ、すりおろしたリンゴなど、体に優しい、刺激の少ない食事を選ぶことが大切です。

 

睡眠を十分に摂りましょう


睡眠を摂ることで新陳代謝が活発になり、回復を早めます。できるだけ質のいい睡眠を摂るために深夜12時前に就寝することが大切です。

また、清潔な寝具を利用すること、清潔なパジャマを着ることも質のいい睡眠を摂るためには欠かせません。その他、就寝前の読書やスマホ、テレビなどで神経を高ぶらせるとなかなか寝付けないということにもなりかねませんので、これらをできるだけ避けることも大切です。

 

以上、抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

抗生物質を服用すると最も多い症状が下痢ということがおわかり頂けたのではないでしょうか。下痢が怖くて抗生物質を服用することができない、ということにならないようにここでは下痢になる理由と改善方法をご紹介しました。

理由がわかれば不安は少し軽減されるはずです。改善方法がわかればもっと気が楽になり、抗生物質の服用が怖いということはなくなるでしょう。治療に必要な抗生物質ですから、処方された量はすべて飲み切るようにすることが大切です。

あまりにも下痢の症状がひどく、これ以上抗生物質を服用することができないという状態であれば、迷うことなく処方医の診察を速やかに受けてください。我慢をする必要はありません。

 

まとめ

抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法は

・ 抗生物質をを摂取して下痢になる理由
・ 水分摂取を心がけましょう
・ お腹を温めるようにしましょう
・ 食事に注意しましょう
・ 睡眠を十分に摂りましょう