ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

抗生物質を摂取している時のアルコールが危険な理由

抗生物質を摂取している時のアルコールが危険な理由

体調が悪く熱があるといった時に、病院に行って薬を処方されることがあると思います。その時に医師から「抗生物質も出しておきますね」と言われることもあるのではないでしょうか。この抗生物質とは、病気の原因となる病原菌を殺したり、抑えたりする薬のことです。

この薬を処方され数日後、まだお薬を飲んでいる時に、体調も良くなってきたのでお酒を飲みたいという人もいると思います。ですがその抗生物質を取り込んでいる内にアルコールを摂取するという行為は危険なのです。

では何故危険なのでしょうか。抗生物質の関係と含めてお話ししたいと思います。



 

抗生物質を摂取している時の
アルコールが危険な理由

 

抗生物質とはどの様な物か


抗生物質とは先程も言ったように、病気の原因となる細菌を殺したり、抑えたりする薬のことを抗生物質と言います。例えば、喉や胃腸などが外からやってくる菌などにより感染して炎症を起こしたということがあります。

その際にこの抗生物質を摂取することで病原菌を殺したり、抑えたりしてくれる薬の効果があるということです。ただし、この抗生物質はウイルスなどには効果がありません。例えるなら、インフルエンザなどが良い例だと思います。

インフルエンザなどは抗生物質を摂取しても効果が表れないので、別の処方をする必要があります。

 

抗生物質の副作用とは?


抗生物質の副作用としては下痢や体がだるくなったり筋肉痛になったりする場合があります。特に下痢は腸内の細菌環境が変化することなので、その表れとして下痢が出ることがあるそうです。

よく「抗生物質は飲みきってください」といったことを医師から言われるかと思います。その原因は、途中で辞めてしまうと細菌の変化により、下痢やその他の副作用などに発展してしまうかもしれないからです。

体のだるみは筋肉痛などは、薬の相性にもなると思います。抗生物質に限らず、他の薬でもこの様な作用はよく見ると思います。

 

アルコールとは?


アルコールは飲むと顔が赤くなったり、二日酔いになったりすると思います。この原因がアセトアルデヒドという物質が多くいるのが原因です。濃度が高ければ高いほど症状が現れますが、基本は尿となり排出されます。

お酒にはアルコールが1%以上入っているものをお酒と言うそうです。お酒を飲むと酔う状態になり、テンションが上がったりするような状態にもなるのです。

 

同時に摂取すると


結論から言うと抗生物質とアルコールは同時に摂取することは危険なので絶対に辞めておきましょう。抗生物質は肝臓で分解され体内を循環しますが、アルコールと一緒に飲んだ場合は抗生物質の方ではなくアルコールの方を分解してしまうため、抗生物質が分解されないまま体の中を循環することになります。

分解されない抗生物質は高い濃度で循環するため、頻脈や低血圧などを起こし、命に関わるようなこともあるのです。また、抗生物質の種類にもよりますが、感染症のものになるとアルコールは血管を広げる働きがあるので逆効果になることもあります。

抗生物質はアルコールと同時に併用してしまうとアルコールの分解が遅れてしまうために、アセトアルデヒドという物質を多く発生させます。これにより、二日酔いなどに症状を引き起こしたりする場合もあるのです。

酷い時には、吐き気や、呼吸困難、痙攣といった症状を起こすこともあります。絶対に同時に摂取はしないようにしましょう。

 

アルコールを摂取したい場合


どうしても抗生物質を摂取する前や摂取した後に、お酒が飲みたいという場合があると思います。ですが薬を飲んでいたり、飲まないといけない時というのがある場合、どのくらいの時間を空ければ良いのでしょうか?

この場合は、アルコールが分解される時間でお酒を飲む時間なども決まってきます。アルコールが肝臓に入り分解する時間はだいたい4時間から6時間と言われています。なので、早くても4時間ですが、少なくとも6時間は空けてアルコールを摂取するようにしましょう。

 

アルコール以外の組み合わせでダメな物


抗生物質にはアルコールの他にも組み合わせると、副作用が起こるような食べ物、飲み物があります。代表的な物に牛乳があげられます。牛乳はアルコールとは逆で、吸収が妨げられるので、抗生物質の効果が無くなる場合があります。

この原因は牛乳によるカルシウムが主な原因となっており、カルシウムが統合してしまうため、効果を無くしてしまう原因にもなるのです。抗生物質の効果が妨げられる原因は、他にも脂っこい食べ物や甘い物なども当てはまります。

 

 

以上、抗生物質を摂取している時のアルコールが危険な理由をお伝えしましたが、いかがでしたか。

お酒を飲むことは楽しむ1つのことであり、止められないといったこともあるかもしれません。ですがアルコールと抗生物質を同時に摂取することはとても危険なことなのです。少なくとも4時間から6時間は空ける、ということを心がけるようにしましょう。

抗生物質は決められた時間に飲むということが決まっているので、それをずらしてまでアルコールを摂取するということは止めるようにもしていきましょう。辛いとは思いますが、何よりも体が大事なので、早めに治してお酒を楽しむというようにしましょう。

 

まとめ

抗生物質を摂取している時のアルコールが危険な理由

・ 抗生物質とはどの様な物か
・ 抗生物質の副作用とは?
・ アルコールとは?
・ 同時に摂取すると
・ アルコールを摂取したい場合
・ アルコール以外の組み合わせでダメな物