ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

貧血で頭痛やめまいが起こりやすい人が注意すべき7つの事

貧血で頭痛やめまいが起こりやすい人が注意すべき7つの事

貧血による頭痛やめまいで 毎日辛い思いをしている人もいるのではないでしょうか。もともと貧血傾向の体質にある方や、特に生理不順や生理時の出血が多いことで貧血の症状が中々改善出来ずに頭痛やめまいで仕事や勉強にも集中出来ず、とても辛いですよね。

特にこの様なめまいや頭痛の症状で悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。貧血で良く起きる頭痛やめまいの症状は貧血で脳への酸素の運搬がうまく出来ないことによる症状です。

頭痛やめまいが酷くなると意識を消失してしまうくらいに酷くなります。では、貧血によるめまいや頭痛はどの様にして注意をしていくと良いのでしょうか。

今回は貧血で頭痛やめまいが起こりやすい人が注意すべき7つのことについて説明します。



 

貧血で頭痛やめまいが起こりやすい人が
注意すべき7つの事

 

急に立ち上がらない様に注意する


貧血で頭痛やめまいが酷い時には脳の酸素が不足している状態です。その頭痛やめまいがある時に無理に座った姿勢や寝ている状態から起き上がり、立ち上がろうとすると目の前が真っ暗になり、めまいが増強し、酷い人ではそのまま意識を消失してしまいます。

そのように貧血で頭痛やめまいが起きないように急に起き上がらない様にして、ゆっくりと立ち上がる様にしてください。寝た状態であれば、起きて座った状態で少し落ち着いてから立ち上がるようにすると良いでしょう。

 

仕事や家事は無理の無い程度に続ける


貧血の人はそうで無い人に比べて、運動をしても、運動中に必要な酸素が全身に送り込まれない状態になり、息切れや動悸が起こりやすくなります。

特に貧血で頭痛やめまいが起きている時には酸素が不足しているので、無理な運動や家事でめまいや頭痛が悪化し、呼吸困難になりやすい状態にあるので注意が必要です。

仕事や家事はめまいや頭痛が悪化しない程度にし、体に負担がかからない様に行う必要があります。

 

不眠や偏食に注意する


睡眠不足が続くと体内時計が崩れて、普通の食事を取っていても貧血になりやすい体質になってしまいます。もともと貧血傾向にある人は少しの生活の乱れや不眠が続いてもめまいや頭痛が起こりやすい状態になってしまいます。

また、偏った食事は栄養バランスの崩れにより、貧血が悪化しやすく、頭痛やめまいが慢性化してしまうほどに貧血が悪化してしまいます。生活リズムをきちんとつけて睡眠時間を確保し、偏った栄養の食事にならないように注意してください。

 

体を締め付けるような衣服を着用しないようにする


貧血になっている人は貧血で無い人に比べて、血の巡りが悪く、体を締め付ける衣服を身につけることで貧血によるめまいや頭痛が起きやすくなります。

また、衣服の締め付けは血の巡りが悪くなることで動悸やめまいが酷くなり、体を動かしづらくなることもあります。貧血の人は体を締め付けないような衣服を着用してください。

特に下半身の締め付けは良く無いので、締め付けるようなスキニーのパンツは履かないように女性は注意した方が良いでしょう。

 

カフェインの入っている飲み物は飲まないようにする


貧血でめまいや頭痛が起きている時にスッキリしたくてコーヒーを飲んだことがある人もいるでしょうが、それは注意したい行動の一つです。コーヒーや紅茶に含まれている物に鉄分の体内への吸収を阻害する働きがある物が含まれています。

貧血が起きている時にカフェインが入っている飲み物を飲むことで貧血によるめまいや頭痛が長時間起きて、安静が必要になる人もいます。めまいや頭痛が起きないように貧血の時にはカフェインの多い飲み物は控えるようにしてください。

 

タバコを吸い過ぎないようにする


喫煙をすると四肢末端と言われる足や手の指先の毛細血管への血流を一時的に阻害します。そうなると貧血の人は特に血の巡りが悪くなり、喫煙をするたびにめまいや頭痛が起こりやすくなります。

また、喫煙は鉄分の体への吸収を阻害するので貧血を悪化させることもあるのです。食事量は同じでも喫煙をしているというだけで貧血を悪化させてしまい、めまいや頭痛を起こしやすい体質を自分で作ってしまっているのです。

貧血の人はめまいや頭痛を起こさないようにするためにも、貧血を悪化させないためにも喫煙は控えるようにしてください。

 

貧血の症状が酷い時には長めの入浴は控えるようにする


貧血で血の巡りが悪い時には長めの入浴をした方が良いように思っている人もいるのではないでしょうか。ですが、貧血の症状が酷い時には長めの入浴には注意した方が良いのです。

特に自覚症状としてめまいや頭痛が頻回に起きるような貧血の状態では貧血が原因で血圧も低めになっていることが考えられます。

そのような時に長めの入浴をすることで血圧が急激に上がり、急激な脱水のような状態になることからめまいや頭痛だけで無く、意識消失や酷い時には痙攣を起こす人もいます。

貧血による頭痛やめまいを起こさないためにも入浴は短めにするように注意してください。

 

いかがでしたでしょうか?

貧血が慢性的になっている人は、一日に何度もめまいや頭痛が起きているけどたいしたことはないものと思い、普通の生活を送っていた人もいるのではないでしょうか。

貧血でめまいや頭痛が起きやすい人が注意すべきことがこんなにあることを知り、驚いた人もいるのではないでしょうか。貧血も生活上の注意点を怠ると大変な目に合うこともあるのでとても注意が必要なのです。

また、貧血も長年放置しているといろんな病気を引き起こすので、早めに治療をしておくことも大切なことです。今回説明した内容の生活上の注意点に気をつけて生活をしても貧血の症状が起きる人は一度医師の診察を受けることも必要です。

貧血でのめまいや頭痛で悩んでいる人は是非今回を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

貧血で頭痛やめまいが起こりやすい人が注意すべき7つの事

・ 急に立ち上がらない様に注意する
・ 仕事や家事は無理の無い程度に続ける
・ 不眠や偏食に注意する
・ 体を締め付けるような衣服を着用しないようにする
・ カフェインの入っている飲み物は飲まないようにする
・ タバコを吸い過ぎないようにする
・ 貧血の症状が酷い時には長めの入浴は控えるようにする