ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

鼻に出来ちゃったニキビを綺麗に治せる方法

鼻に出来ちゃったニキビを綺麗に治せる方法

鼻に大きなニキビが出来て悩んだ経験はありませんか?鼻にニキビができると両想いになれるってジンクスがある割には、とっても厄介ですよね。大きくて、赤くて、とても痛い鼻のニキビ。

しかも、目立つ場所なのになかなか治ってくれない…。そんな鼻ニキビ、気になり過ぎて自分でつぶそうものなら大変なことになってしまいます。汚い手で触ると、炎症をおこし、シミなどの跡が残ってしまうことも。

時には、いや~ないちご鼻の原因にもなってしまうのです。今回はそんな鼻のニキビの予防と、できてからでも間に合う悪化しない対策、さらにヒドくなってからでもまだ間に合う鼻ニキビを綺麗に治す方法をご紹介します。これで、鼻ニキビにさよならしましょう。



 

鼻に出来ちゃったニキビを
綺麗に治せる方法

 

そもそも鼻ニキビの原因って何?


それでは、どうして鼻にニキビが出来るのでしょうか。 あぶらとり紙で顔を押さえるとわかるように鼻は顔の中でも特に皮脂量が多い場所です。さらに、鼻の毛穴は奥深いので皮脂が毛穴にたまりやすくなっています。

そこに、ファンデーションを塗ったり、紫外線を浴びたりすることによって、肌がダメージを受け新陳代謝が上手くいかずニキビが出来やすくなります。なので、皮脂量をコントロールすれば鼻ニキビは出来にくくなります。

でも、できてしまった鼻ニキビを一刻も早く治すためにはどうすればいいのでしょう。

 

とにかく清潔第一


できてしまった鼻ニキビを不潔な手で触ったり潰したりするのだけは、絶対にやめましょう。 顔は清潔を保つよう心がけます。ゴシゴシと洗えば清潔になりそうですが、これもダメです。肌を余計傷つけてしまいます。

洗顔石鹸をよく泡立て、泡を転がすようにぬるま湯で丁寧に洗いましょう。よくすすいだ後は、化粧水をたっぷりつけて保湿を心がけます。

 

メークはなるべく控えめに


お化粧をして、鼻ニキビを隠したい気持ちは良くわかりますが、あえてこの時期はじっと我慢しましょう。鼻ニキビの上にファンデーションを塗ると当然毛穴をふさいでしまうので、さらにニキビが悪化し、治りにくくなる可能性があります。

極力ニキビをさけてお化粧はしましょう。できれば、鼻ニキビが出来ている間はポイントメイクのみ行うのがおすすめです。

 

バランスの良い食事を心がけましょう


油脂分の多い食事を取ると当然、顔などから分泌される皮脂の量も増えることになります。油脂分の多い肉類、チョコレートやお菓子などの食べ物は鼻ニキビが出来ている間はなるべく控えるようにしましょう。

 

規則正しい生活


ホルモンバランスが乱れることにより、皮脂量が過剰に分泌されていることも考えられます。ホルモンバランスの乱れは、ストレスや睡眠不足が関係しているので、できる限りたっぷりの睡眠を取ることを心がけましょう。

しかし、それでもなかなか治らなかったり、急いで治したい場合は皮膚科での治療をお勧めします。 次は皮膚科でどのような治療が行われるかご紹介します。

 

皮膚科で受ける鼻ニキビの保険適用治療 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ) 


ニキビに小さな穴をあけ、医療器具を使い古い皮脂や角質を押し出します。通常、5〜6個までのニキビなら保険が適用されるので、一度にたくさんできることのない鼻ニキビは保険が適用されそうです。

 

皮膚科でもらえる保険適用の鼻ニキビの薬 


皮膚科で処方してもらえるニキビ薬にも保険が適用されるものがあります。 鼻ニキビに悩んでいる方に朗報として、2015年の4月から世界基準の新薬「ベピオゲル」が使用できることになりました。

この薬に含まれた強力な酸化作用を持つ「過酸化ベンゾイル」は鼻ニキビを治し、さらに鼻ニキビのできにくい状態に導いてくれます。 ただ、妊娠中の女性に対する投与に関しては、まだ安全性が確立されていないので控える必要があります。

また、他にもディフェリンゲル(アパダレン)という薬は2008年から日本で認可され使われるようになりました。 効果の高いニキビ薬として使われ、鼻ニキビの原因となる皮脂のつまりを改善してくれます。

他にも鼻ニキビが炎症を起こしている場合にはアクアチムクリーム/ローション(キノロン系抗生物質)やダラシンTゲル/ローション(リンコマイシン系抗生物質)などの抗生物質の外用薬が処方されます。

さらに鼻ニキビの炎症がひどい場合には、抗生物質が内服薬として処方されることもあります。また、それ以外にも皮脂量を調節するためとして場合によってはビタミン剤などが処方されます。

これらの薬は全て、保険が適用されるので安心して治療を受けることができます。

 

皮膚科で受ける保険適用外治療


ここからは、皮膚科で受けられる保険適用外の鼻ニキビの治療をいくつかご紹介します。 中にはどうしても塗り薬や飲み薬だけでは治らない鼻ニキビに悩んでいるかたも多くいらっしゃいます。そういう方におおすすめな治療法です。

鼻ばかりでなくニキビで悩んでいる方に皮膚科で行われている代表的な治療法としてケミカルピーリングがあります。これは、フルーツ酸などのピーリング材を使って肌の古い角質を溶かし、詰まった皮脂を外に出すので皮脂の分泌がスムーズになります。

このピーリング材に使われている酸にはニキビの原因アクネ菌を殺菌する作用があるので鼻ニキビの炎症も抑えてくれます。また、体に害のない酸なので安心です。だいたい、2週間に一回の治療で6回を目安に行われます。顔全体に行う場合の費用は1回約1万円前後なので、トータルして5〜6万円くらいと考えておきましょう。

他にも鼻ニキビの治療法として皮脂腺凝固という治療法もあります。これは、皮脂腺を特殊な電気針で凝固させ、皮脂を永久に出さない方法です。凝固した皮脂腺は小さなコラーゲンとなるので皮脂をつくることはありません。

だいたい3〜6回くらいの治療が必要となるようで、鼻ニキビの場合、約3万円くらいかかります。

 

いかがでしたか?

鼻のニキビとさよならするためにはまず、生活習慣を整えることが一番のようですね。 たとえ鼻ニキビができてしまっても、早めに皮膚科で診察してもらえば、今はグンとよく効くお薬も保険適用内で処方してもらえます。

治療と同時に正しいスキンケアもおこなうと、治った後の肌が断然違って美しくなることが期待できますよ。

 

まとめ

鼻に出来ちゃったニキビを綺麗に治せる方法

・ そもそも鼻ニキビの原因って何?
・ とにかく清潔第一
・ メークはなるべく控えめに
・ バランスの良い食事を心がけましょう
・ 規則正しい生活
・ 皮膚科で受ける鼻ニキビの保険適用治療 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)
・ 皮膚科でもらえる保険適用の鼻ニキビの薬
・ どうしても治らない鼻ニキビに 皮膚科で受ける保険適用外治療